「京都牝馬S&ダイヤモンドS」

2017年02月17日

「京都牝馬S&ダイヤモンドS」

暖かくなったり寒くなったり・・・体調には十分ご注意ください。18日は土曜日ですが京都、東京とも重賞が組まれています。こちらもお気をつけください(?)。発走順に京都の京都牝馬ステークス(GⅢ、4歳以上オープン、牝馬、1400m)から。昨年から距離が1400m(外回り、それまでは1600m)に変わり、負担重量も収得賞金による「別定」になったレースです。実績のある馬には不利で、今年もウリウリが57キロ。牝馬にとってこの斤量はきついです。

アルビアーノの底力に期待しました。3歳時にフラワーC(GⅢ)を勝ち、GI・NHKマイルCでクラリティスカイの2着。秋には古馬を相手にGⅡ・スワンS(京都1400m)を勝っています。それでも負担重量は基礎負担の53キロに2キロ増の55キロ。大きな外車(外国産馬)なので能力発揮に影響はないでしょう。問題は仕上がり状態。昨春、G・高松宮記念(中京1200m)で3着に好走したあと、休ませて立て直しを図っています。7カ月ぶりに連覇を期してスワンSに出走しましたが6着に終わって再度休養。追い切りの動きをみると迫力が戻っていますが、馬体が少し立派過ぎるような気がします。それでも追い切ったあとの変わり身と輸送があるので絞れるのではないか?素質を買っている馬なので◎です。

アットザシーサイドは直前のケイコは控えたものの中間、再三追われて速いタイムを計時しています。昨年、桜花賞でジュエラー、シンハライトの首位争いに次いで3着まで伸びた馬です。レース展開の綾がありますがメジャーエンブレム(4着)に先着したように能力は高いです。京都コースは2戦2勝なので狙うなら初戦からでしょう。

単穴はナックビーナス。これも素質に注目していた1頭で、昨秋から年明けにかけて1400m~1200mのオープン特別で①②①着と軌道に乗ってきました。今のデキなら重賞でも十分やれるでしょう。追い切りの動きも非常に良いです。課題は関東の美浦トレセンから京都への輸送。無事にクリアすれば首位争いに加わってもおかしくないと思います。

桜花賞馬レッツゴードンキも好気配なので争覇圏内。最近は掛かるのを避けて後方らの追い込みに賭けています。嵌れば一気に浮上します。あと、上がり馬のスナッチマインド、ワンスインナムーンと、57キロでは・・・と思いますが動きは悪くないウリウリをマークしました。

【京都牝馬S】(18日、京都11R)発走=15時35分

◎ 4 アルビアーノ

○ 2 アットザシーサイド

▲13 ナックビーナス

△10 レッツゴードンキ

△ 6 スナッチマインド

△15 ワンスインナムーン

△14 ウリウリ

馬連 4→2、13、10、6、15、14

 

東京は4歳以上古馬の3400mのGⅢ、ダイヤモンドステークス。中山のステイヤーズS(GⅡ、3600m)と並ぶ古馬の平地長距離レースで、負担重量が「別定」からハンデキャップになります。背負い頭はステイヤーズSを勝ったアルバートと、このレースを連覇した実績があるフェイムゲームで58キロ。長距離戦は終わってみれば実績のある馬というケースが多いですが今年はハンデ差を利して上位を脅かしそうな新鋭が出る?

中心はアルバート。58キロはこれまで1度しか経験がないものの、それが昨春の天皇賞(GI、京都3200m)。勝ち馬キタサンブラックから0秒5差の6着だったのですからこのメンバー相手に泣いてはいられません。ちょっと気になるのはステイヤーズSでファタモルガーナ(2着、クビ差)を交わすのに意外に苦戦したこと。それでも有馬記念に挑戦してサトノダイヤモンド、キタサンブラックから0秒7差の7着でしたから休み明けでも現状では格上です。

相手には前走の万葉S(OP特別、京都3000m)で2着まで追い上げたラブラドライトを抜擢。当時は51キロでの好走でしたがしぶといレースでした。8歳で重賞勝ちはありませんが、3年前の5歳時にも万葉Sで2着し、続いてこのレースもフェイムゲームの5着と健闘しています。距離適性は間違いなく、ハンデも51キロです。

単穴はカフジプリンス。初勝利に10戦を要した明け4歳馬で、当然実績は見劣ります。ただ、昨年後半からの上昇ぶりには要注意。重賞初挑戦の神戸新聞杯(3歳GⅡ,京都2400m)でサトノダイヤモンドから0秒5差の4着に食い込み、菊花賞にも挑戦しました(8着)。12月に2500mの1600万下特別を勝ち上がり、前走の日経新春杯(GⅡ、2400m)でミッキーロケットの5着。状態の良さも目に付くのでここは狙えます。

本来のデキなら実績上位のフェイムゲームなのですが・・・。2015年、16年とこのレースを連覇。昨年もトゥインクルに4馬身置かれたとはいえ58.5キロを背負って道悪の中、2着まで追い上げています。天皇賞(春)の2着もあるのですが本調子には一息と見て少し評価を下げました。あと抑え候補にファタモルガーナ、ジャングルクルーズ、プレストウィック。

【ダイヤモンドS】(18日、東京11R)発走=15時45分

◎12 アルバート

○ 4 ラブラドライト

▲ 8 カフジプリンス

△ 7 フェイムゲーム

△ 1 ファタモルガーナ

△ 6 ジャングルクルーズ

△11 プレストウィック

馬連 12→4、8、7、1、6、11

» コメントを書く