「フィリーズレビュー&中山牝馬S」

2017年03月11日

「フィリーズレビュー&中山牝馬S」

3歳馬のクラシックレースは勝つのは至難ですが、出走するのも大変です。12日の日曜日、阪神競馬場では3着まで桜花賞の出走権があるトライアル重賞、フィリーズレビュー(GⅡ、1400m)が行われます。先週行われたチューリップ賞は距離も本番と同じ阪神の1600m戦でしたが、ここは距離が1400m。阪神のこの距離は内回りコースですからちょっと違和感があるのですが・・・。出走メンバー中、レーヌミノルとジューヌエコールは重賞勝ちがあるので収得賞金順位による枠でも上位なので心配ありません。ほかの馬には狭き門。なんとしても「3着以内」が欲しいところです。

ジューヌエコールを狙ってみます。4戦3勝ですが暮れの2歳牝馬の頂上決戦、阪神ジュベナイルフィリーズ(GI、1600m)で11着に終わっているので3番人気のようです。5~6番手あたりから直線で伸びかかったのですが・・・意外に早い失速でした。でも、デビュー戦(中京1400m)は重馬場の中、好位からしっかり最後まで伸びていましたし、2走目のオープン特別・ききょうS(阪神1400m)は後方に控えて直線でゴボー抜き。距離が1ハロン伸びたデイリー杯2歳S(GⅡ、京都1600m)も3~4番手に折れ合って差し切って3連勝。阪神JFは道中、かなり掛かっていました。原因がはっきりしませんが能力を発揮していないのは確かです。再調整されて良い動きを見せているので巻き返しを期待します。

レーヌミノルは小倉の2歳女王。新馬→2歳S(1200m)とも圧勝でした。東京へ遠征して臨んだ京王杯2歳S(GⅡ,1400m)で小差(1/2馬身)でしたがモンドキャンノに差し込まれて2着。阪神JFはソウルスターリングの3着。今年初戦のクイーンC(GⅢ,東京1600m)は逃げてアドマイヤミヤビの4着に終わっています。追い切りの動きは◎ですし、阪神の1400m(内回り)なら人気になって当然。ただ、課題は距離なので、本番を見据えて抑えて差すレースを試みるかもしれません。その時にどうか?です。

単穴はカラクレナイ。10月京都のデビュー戦(1400m)は4着でしたが、びっくりしました。スタートが悪く離れた後方から。それでも直線でひときわ目立つ脚色で追い上げたからです。2走目(京都1400m)も同じような内容でしたが大外から差し切り勝ち。次いで500万下の万両賞(阪神1400m)を連勝しました。エンジンが掛かると牝馬とは思えない破壊力があるので注目してください。

伏兵陣では追い切りの動きの良さを重視してベルカプリ、クインズサリナ、差し脚に見どころあるフラウティスタ、タガノカトレアをピックアップ。

【フィリーズレビュー】(12日、阪神11R)発走=15時35分

◎ 6 ジューヌエコール

○15 レーヌミノル

▲16 カラクレナイ

△ 9 ベルカプリ

△ 5 クインズサリナ

△ 4 フラウティスタ

△ 7 タガノカトレア

馬連 6→15、16、9、5、4、7

 

中山競馬場で行われる4歳以上(オープン)の牝馬の中山牝馬ステークス(GⅢ、1800m)はハンデキャップ重賞で波乱に終わるケースが多いレース。近10年を振り返っても1番人気の馬が勝ったのは1回だけで、その時も2着には人気薄の馬が入線しています。要注意・・・と言うのは無責任ですよね。

明け4歳のパールコードに期待しました。4カ月ぶりの休み明けですが中間かなり乗り込まれています。栗東坂路での調教のほかにコース(CW)で長めからのの追い切りも3回。一追いごとに動きも良くなってきて直前の動きは“これなら”と思わせます。デビューが3歳になってからだったので春のクラシックに出走していませんが、秋には紫苑S(GⅢ,中山2000m)でビッシュの5着したあと秋華賞(GI,京都2000m)で好走。ヴィブロスに1/2馬身差の2着でした。そのあと古馬との混合GI、エルザベス女王杯(京都2200m)でも4着。先着されたのがクイーンズリング、シングウィズジョイ、ミッキークイーンなのでこれも健闘でした。今年の活躍が期待できるので初戦から注目です。

マジックタイムは5歳の昨年、花が開きました。1月に準オープンを勝ち上がると重賞戦線へ。京都牝馬S(GⅢ,1400m)でクイーンズリングとクビ差の勝負(2着)。そのあと東京1600mのダービー卿チャレンジT(GⅢ)でロゴタイプ、サトノアラジンらの牡馬陣を抑えて重賞初制覇。GIでは苦戦になりますが秋には府中牝馬S(GⅡ、東京1800m)でクイーンズリングの2着したレースが光ります。前走のターコイズS(OP特別、中山1800m)では後方から馬群をさばいて突き抜け、レッツゴードンキ以下を抑えました。ハンデは背負い頭の56キロですが、前走も56キロでの好走でした。逆転候補。

単穴はビッシュ。昨秋は強い内容でトライアルの紫苑Sを勝ったので秋華賞で1番人気に支持されたのですが、後方からエンジンが掛からない感じの10着でした。長距離輸送がこたえたかもしれません。オークスで見せ場十分のレースでシンハライトの3着だったように能力はあります。休み明けでも走るタイプです。

伏兵が多いレース。トーセンビクトリーがだいぶ良くなってきたようです。自在性があって前2戦(2000m)は逃げ準オープンで1着、OP特別は8着。一昨年、秋華賞トライアルのローズS(阪神1800m)でタッチングスピーチ、ミッキークイーンに次ぐ3着まで追い上げていた馬なので要注意。あと1月の愛知杯でマキシマムドパリの3着と好走したクインズミラーグロ、体調に不安を感じますが実績上位のデニムアンドルビー、追い切りの動きが良い上がり馬フロンティアクイーンを警戒。

【中山牝馬S】(12日、中山11R)発走=15時45分

◎16 パールコード

○13 マジックタイム

▲ 3 ビッシュ

△ 4 トーセンビクトリー

△ 1 クインズミラーグロ

△10 デニムアンドルビー

△14 フロンティアクイーン

馬連 16→13、3、4、1、10、14

» コメントを書く