「オークス」

2017年05月20日

「オークス」

21日(日)はオークス。3歳牝馬にとっては一生に一度の晴れ舞台ですから実力を発揮できる良馬場を願っていましたが“やれやれ”です。絶好の馬場コンデションになりそう。というのも、先週のGI、ヴィクトリアマイルで臍を噛んだからです。馬場コンデションを見誤りました。当日の昼間の☀マーク(天気予報)を見て、もう少し乾くとみたのですが・・・「稍重」発表ですが前週のGI、牝馬(3歳)アエロリットが勝ったNHKマイルカップより2秒ぐらい遅い勝ちタイムの馬場でした。

予想で「連穴狙いに面白いのは上がり馬のアドマイヤリードとジュールポレール。とくにアドマイヤは差し脚に鋭さがあり、道悪もこなす。」と記してはおきましたが、もっと重い印を付ける予定だったアドマイヤリードを△に下げ、おまけに予定稿で△だったデンコウアンジュを無印に。この馬は前走の福島牝馬Sでも▲、さかのぼれば昨年のオークスでも▲に狙っていた馬です。私にとっては雨が「天敵」です。

愚痴を書いて少し気が晴れたので?今年のオークス。東京コースの2400mでの争いで苛酷な勝負になるのは必定でしょう。1冠目の桜花賞は断然人気(単勝オーッズ1.4倍)のソウルスターリングが3着に終わり、伏兵レーヌミノル(8番人気)が勝って大波乱になりました。近3年は人気馬が上位を占めましたが、今年は桜花賞組以外にも新鋭が出走しています。波乱を呼ぶかもしれません。

でも、中心はソウルスターリングです。距離不安が囁かれながら、ここも人気を被ることになりそうです。この馬の5戦(4勝、3着1)を改めて振り返ると・・・デビュー戦は札幌の1800m。こんなにゆったり走って間に合うのかというレースで直線差し切りました。2走目(オープン特別、アイビーS、東京1800m)では好位3~4番手に折れ合って直線鋭く抜け出して完勝。この2戦は牡馬との混合戦で、とくにアイビーSで1馬身3/4差抑えたペルシャンナイトは皐月賞でも2着に好走しています。このあと、桜花賞モードへ切り替えました。3戦とも1600m戦で、しかも茨城の美浦トレセンから兵庫の阪神競馬場へ3度の長距離遠征。ちょっとキツかった?かも。桜花賞で負けたと言っても1/2、首差の接戦ですし、コースに合わせなければならない距離で外枠だったこと、加えて道悪の影響もあったと思います。今回。前走から立て直すのに十分な時間的余裕がありましたし、動きにも不安は感じられません。父は名馬フランケル、個体の半分以上を受け継ぐと言われる母は仏オークス(2100m)のほか2400mの重賞も勝っています。心配は当日テンションが上がることですがホームコースなのでたぶん、大丈夫でしょう。

強敵はリスグラシュー。スタートで後手に回るものの、どのレースでも直線で脚を伸ばして来ます。新馬戦2着のあと勝ち上がった2走目(未勝利戦1800m)で1分46秒2のレコード勝ちしていますし、そのあと4戦はすべて重賞。東京でアルテミスS(GⅢ)を勝ち、GI・阪神JFで2着。3歳になってチューリップS(GⅢ)3着、桜花賞(GI)2着ですから嫌う材料は少ないです。ただ一つ、焦れ込みが目に付く馬なので当日の気配に注意が必要です。

単穴にはミスパンテールを抜擢。昨年7月の札幌のデビュー戦が好内容で、7カ月ぶりだったチューリップ賞(ソウルスターリングの2着)でも当欄で▲に狙いました。桜花賞では16着(4番人気)でしたが、前記したリスグラシュー(3着)を後ろから差して出走権を取ったあとの反動?馬体が良いし、フットワークも大きいのでオークス向きかと思っていました。前走の大敗だけではあきらめられません。

もう1頭、フローレスマジックにも魅力があります。5戦して②①②③③着と大崩れがありません。追い上げて届かないので印象は地味ですが。前3走は重賞。2歳時のアルテミスSではリスグラシューに半馬身差の2着でしたし、前走のフローラSの3着(1着モズカッチャン)もクビ、アタマ差の接戦。追い切りも熱々(アツアツ)です。

他にも伏兵は多いですが、中から桜花賞12着から巻き返しを期すアドマイヤミヤビ、折れ合いが難しいですが鋭い脚を持つホウオウパフューム、先行抜け出すヤマカツグレース(フローラS2着)もケイコの動きからさらに上積みが見込めるのでピックアップしました。

【オークス】(21日、東京11R)発走=15時40分

◎ 2 ソウルスターリング

○14 リスグラシュー

▲ 4 ミスパンテール

△ 3 フローレスマジック

△16 アドマイヤミヤビ

△ 8 ホウオウパフューム

△15 ヤマカツグレース

馬連 2→14、4、3、16、8、15

» コメントを書く

2017年05月19日

「平安S」

オークスのメンバー、枠番が発表されているので気がそぞろですが、とりあえず20日の土曜日、京都競馬場で行われるダートの重賞、平安ステークス(GⅢ、1900m)。4歳以上(オープン)の別定重量戦で、基礎負担は56キロ(牝馬=2キロ減=の出走はなし)。GⅡの重賞を勝っているクリソライト、グレンツェント、ケイティブレイブが2キロ増の58キロを背負います。ダートは芝ほど斤量が影響しないとはいえ、基礎負担重量組にも有望馬がいるので苦戦する可能性が十分あります。

4歳の新鋭、グレイトパールに期待しました。まだレースキャリアが7戦で、重賞は初挑戦です。それでもかなり人気しそうなので、歴戦の重賞の常連メンバーとやってどうか?ちょっと同情したくなります。でも、なかなかの器に見えます。デビューから3戦は芝でした。昨年1月、京都の芝2000m戦でデビュー勝ちした大型馬。続く2400mの梅花賞(500万下)で7着のあと休養入りし、9月の復帰戦で13着に終わるとダートに切り替えました。よほど関係者が適性に自信があってのことでしょう。500万下、1000下をワンサイド勝ちすると1600万下もノンストップ。さらに前走、阪神2000mのオープン特別、仁川Sも勝って4連勝です。気性が素直そうで、どこからでも行けそうな(スパート)レースをしています。斤量はまだ56キロですし、上がり3ハロンが35秒台と速いのも強さの証明でしょう。ここを勝つようなら・・・楽しみが膨らみます。

グレンツェントは1月中京の東海S(1800m)の勝ち馬。中団グループから追い上げ、ゴール前できっちり差し切った印象でした。前走のGⅢ・アンタレスSは1番人気で9着に終わりましたが、明け4歳で初めて背負った58キロはきつかったでしょう。今回も58キロですが・・・前走は休み明けもあったのではないかと思います。昨年夏、新潟のレパードS(3歳GⅢ,1800m)でケイティブレイブを差し切って勝ち、秋には古馬との混合GⅢ・みやこS(京都1800m)でアポロケンタッキーのクビ差2着。能力が高いのは間違いなく、今度は軽視できません。

単穴にはピオネロを狙いました。ここはGⅢとは思えないぐらいメンバーが揃いましたし、顔ぶれから速い流れになりそうです。しぶとく追い上げる脚が魅力で、大崩れがありません。賞金別定で58キロを背負った前々走の総武S(OP特別、中山1800m)でさえモンドクラッセに半馬身差の2着でした。今回は56キロです。

前走、船橋のダイオライト記念(GⅡ,2400m)をぶっちぎり勝ちしたクリソライトも怖いですが、コースとの相性やレースの流れに左右されるタイプ。斤量も58キロなので少し評価を下げました。他では立ち直り気配が窺えるアスカノロマン、折れ合いがつけば鋭い差し脚を発揮するロワジャルダンに要注意。大穴なら長休明けで人気薄でも追い切りを積まれていて動きも悪くないクリノスターオーか。

【平安S】(20日、京都11R)発走=15時35分

◎ 9 グレイトパール

○15 グレンツェント

▲ 5 ピオネロ

△ 4 クリソライト

△ 7 アスカノロマン

△10 ロワジャルダン

△ 6 クリノスターオー

馬連 9→15、5、4、7、10、6

» コメントを書く

2017年05月13日

「ヴィクトリアマイル」

4歳以上牝馬のGI、ヴィクトリアマイルが14日(日)、東京競馬場で行われます。春季の目標レースなので激戦になるのは当然ですが、文字通り?水を差すのが前日の「雨」です。鹿児島や長崎などの豪雨が伝えられ、その雨雲がレース前日の土曜日に関東に。時間帯によっては「強雨」です。当日(曇り時々晴れ)に回復するかどうか。というのも、馬場状態次第では波乱の原因になるかもしれないからです。

中心は立ち直ったミッキークイーンにしました。前走の阪神牝馬S(GⅡ、1600m)は有馬記念以来3カ月半ぶりの出走でしたが中団から直線抜け出す強いレースでした。この時の調教でも良い動きを見せていましたが、今回はそれを上回る動きです。一昨年、桜花賞当日の2000m戦「忘れな草賞」を足掛かりにオークスを制し、秋には秋華賞も手にして牝馬2冠を制覇。ただ、4歳の昨年は勝ち星が無かった。とくに秋、エリザベス女王杯に向かう前には捻挫のアクシデントがあって心配されています。それでもぶっつけで臨んで3着。今季は巻き返すでしょう。オークス狙いだったように1600mは適性距離より少し短い気がしますが、昨年のこのレースでは直線で苦しいポジションから素晴らしい伸びを見せて先抜けしたストレイトガールの2着と健闘。残る心配は鋭い脚が減殺されるかもしれない馬場状態だけ?でしょう。

同じ世代のクイーンズリングは3連勝で臨んだ桜花賞でレッツゴードンキの4着、オークスは9着。ただ、守備範囲だった2000mの秋華賞ではミッキークイーンにクビ差の2着と健闘しました。一気に花を咲かせたのが昨年(4歳)の秋です。府中牝馬S(GⅡ,東京1800m)を勝って臨んだエリザベス女王杯でシングウィズジョイ、ミッキークイーンらを抑えて待望のGI制覇。今回気になるのはステップレースの阪神牝馬Sでの大敗(ミッキークイーンの15着)です。香港カップ(昨年12月)の遠征か、中間のゲート(スタート)練習の影響? 差し脚を武器にするのに先頭に出てアレッと思うレースだったので、後者かもしれません。過信はできませんが、追い切りの動きは悪くなさそうなので巻き返しが望めそうです。

単穴は7歳のスマートレイアーにしました。もう“世代交代”という感もしますが、この馬に関しては1600mの距離を苦にしないし、東京コースも走ります。前走、サトノクラウンが勝った2月の京都記念(GⅡ,2200m)では、直線で断然人気(単勝1.7倍)のマカヒキを差して2着の大好走でした。昨年のこのレースは4着でしたが2~3番手から抜け出して見せ場十分でしたし、例年の勝ちタイムとそん色ない1分32秒1で走っています。逃げあり、差しあり、追い込みありと変幻自在なので面白いと思います。

伏兵陣では下記の△の4頭。人気の一角と思われるレッツゴードンキは桜花賞を逃げて楽勝だったように距離は問題ないはずですが・・・そのあとの1600m戦では成績があまり良くありません(勝ち星0)。最近は短い距離でも前半抑えるレースをしているので少し評価を下げました。逆にルージュバックは1600m戦に出走したのは1回だけ。それが昨年のこのレースで、5着でした。勝ち星5勝は1800~2000m戦です。抑えに回した。ただし、休み明け(金鯱賞8着)を一度叩いての挑戦なので注意は必要です。連穴狙いに面白いのは上がり馬のアドマイヤリードとジュールポレール。とくにアドマイヤは差し脚に鋭さがあり、道悪もこなします。

【ヴィクトリアマイル】(14日、東京11R)発走=15時40分

◎11 ミッキークイーン

○ 8 クイーンズリング

▲ 2 スマートレイアー

△14 レッツゴードンキ

△ 7 ルージュバック

△ 5 アドマイヤリード

△ 3 ジュールポレール

馬連 11→8、2、14、7、5、3

» コメントを書く

2017年05月12日

「京王杯スプリングC」

GI,ヴィクトリアマイル(14日、東京1600m)の枠順が発表されていますが、13日の土曜日に東京競馬場で行われるGⅡ、京王杯スプリングカップ(4歳以上オープン、1400m)も一触即発の面白さを感じさせるレースです。1着馬にGⅠ・安田記念の優先出走権が付いていますが、距離が微妙です。別定重量で、基礎負担の56キロに増量されるのはGI勝ちがあるレッドファルクス(2キロ増)とGⅡ勝ちがあるサトノアラジン(1キロ増)だけ。それでも“手薄なメンバー”という気はしません。重賞で好走している馬が多いからで、基礎負担の馬にもチャンスがありそうです。

◎はサトノアラジンにしました。期待の割に実績を挙げるのに手間取って今年6歳。気難しいタイプなので安定感には欠けますが、気分良く走った時には爆発的な瞬発力を発揮します。一昨年、4歳春にオープン入りすると重賞戦線でも好走を見せるようになりました。GⅢで連続2着のあと秋にはGI・マイルチャンピオンシップでもモーリスの4着。昨年は春にこのレースを差し切り、次いで安田記念でもロゴタイプの4着まで押し上げています。そして秋初戦のスワンS(GⅡ、京都1400m)では後方から直線ゴボー抜きして重賞2勝目。今年はGI制覇の期待もできます。東京コースのこの距離なら・・・末脚爆発を期待しました。

ダッシングブレイズが良くなってきたように見えます。これも差し脚勝負タイプ。今年2月に長休明けでオープン特別(洛陽S、京都1600m)をいきなり勝ったように潜在能力は高いす。ただ、昨年2月の東京新聞杯(GⅢ,東京1600m)でインを突いて内ラチに激突し、そのあと不振でした。前走のマイラーズC(GⅡ、京都1600m)はイスラボニータの8着に終わっていますが今回の追い切りの動きをみると良化気配。立ち直ってきているようです。

単穴はロサギガンティア。近走の着順だけをみると鳴かず飛ばずの印象ですが、一昨年の阪神C(GⅡ,1400m)では57キロを背負って好位から伸び、ダンスディレクター、ビッグアーサーらを抑えて勝っています。今回は間隔をとって再調整。かなり入念に乗りこまれてきているので大駆けがあるかもしれません。

伏兵陣。グランシルクはまだ重賞勝ちがないので実績では見劣りがしますが、近走のレースぶりが良いです。前走のダービー卿CT(GⅢ,中山1600m)でも中団の後ろから追い上げて小差3着でした。東京1400mで2勝(2戦)しているので要注意です。あと、58キなので少し評価を下げましたがパワーあるレッドファルクス、折れ合いがうまく付けばスピードあるトウショウドラフタとキャンベルジュニアの食い込みも。

【京王杯スプリングC】(13日、東京11R)発走=15時45分

◎ 4 サトノアラジン

○13 ダッシングブレイズ

▲ 2 ロサギガンティア

△ 9 グランシルク

△10 レッドファルクス

△ 8 トウショウドラフタ

△ 3 キャンベルジュニア

馬連 4→13、2、9、10、8、3

» コメントを書く

2017年05月06日

「NHKマイルC&新潟大賞典」

連休最後の7日(日)、東京競馬場では3歳馬の1600mのGI、NHKマイルカップが行われます。ダービーは距離が長いとみてここに向かっている馬が大半ですが、今年は牝馬(オークスは距離が不向き?)が4頭も挑戦してきました。しかも、それぞれが有望馬。成長してきた牡馬とやってどうか?という気はしますが、今年はそれだけ牡馬陣が手薄で“チャンスあり”と見てのことでしょう。牡馬より2キロ軽い55キロなので健闘する余地はありそうです。

その中の1頭、アエロリットを狙ってみます。強調材料は馬自体がかなり良化してきているように見えるのと、右回りに比べて左回りの東京コースがスムーズに走ること。デビュー戦(昨年6月、東京1400m)が2番手から難なく抜ける楽勝、今年2月の4走目、クイーンC(GⅢ,1600m)も好位グループで流れに乗って直線で抜け出すレースでした。これは最後、急襲してきたアドマイヤミヤビと叩き合いになって1/2馬身差し込まれて2着でしたが、その時期にしては1分33秒3の好タイムです。前走の桜花賞は出遅れながら勝ち馬レーヌミノルに0秒2差の5着でしたし、今の状態ならもっと走れるはずです。

もちろん牡馬が強敵で、まずアウトライアーズ。5戦3勝で臨んだ皐月賞は後方からのレースになって追い上げたものの12着。それでも2000mを1分58秒4で走っています。1800mのスプリングS(GⅡ、中山1800m)で小差2着に追い上げており、1600mでの勝ち星(ひいらぎ賞)もあります。直線でコースさえ取れれば末脚は切れます。

次いで単穴にプラチナヴォイス。これも皐月賞(10着)からの転戦で、トライアルのスプリングSは勝ったウインブライトから1馬身差の3着でした。1600m戦は初めてですが昨年、3走目(京都1800m)で勝ち上がった時が1分45秒9のレコードタイム。そのあとオープン特別の萩S(1800m)も2番手から抜け出して楽勝しています。距離には対応できそうです。追い切りの動きも不安は感じられません。

混戦模様のメンバーなのでピックアップに悩まされますが、牝馬の中にもまだ伏兵がいます。桜花賞で後方から4着まで追い上げたカラクレナイは牝馬離れした馬体、パワフルな走りぶりをします。ただし、スタートでいつも後手に回ります。すごく良くなっているように感じるのはレッドアンシェルで、これは素直に鞍上の指示に従って走れるタイプ。あと、馬体の細化が心配でもスピードあるフランケル産駒のミスエルテ。これで印が尽きてきて(7頭まで)最後の1頭はタイセイスターリーにしました。かなり気性に難がありますが、2走前、東京へ遠征した共同通信杯(GⅢ、1800m)では強敵ぞろいの中、掛かって3コーナーで先頭に立ちながら直線しぶとく粘って2着争いをしていました。穴中の穴?

【NHKマイルC】(7日、東京11R)発走=15時40分

◎16 アエロリット

○ 3 アウトライアーズ

▲ 5 プラチナヴォイス

△ 4 カラクレナイ

△15 レッドアンシェル

△12 ミスエルテ

△ 9 タイセイスターリー

馬連 16→3、5、4、15、12、9

 

新潟大賞典(GⅢ、4歳以上オープン、2000m)はハンデキャップ重賞で、これも波乱含みです。4歳のメートルダールを狙いました。2月東京で準オープンを勝ち上がったばかりですが、2歳時に3戦2勝(未勝利、500万下)。3歳の昨年は7戦して秋に挙げた1勝(1000万下)のみ。ただし、クラシック出走を目指して重賞に挑戦していただけで、夢は叶わなかったものの京成杯3着、共同通信杯3着、青葉賞5着。秋初戦も菊花賞トライアルのセントライト記念を選んで出走していました(ディーマジェスティの6着)。条件特別とはいえ前走は56キロで東京2000mを1分58秒3の好タイムで勝ちましたし、4勝中3戦が2000m戦。今回は55キロのハンデ、長い直線、状態の良さ・・・と好走の要素が揃っています。

〇のジュンヴァルカンも明け4歳。スタートに難があるので2番手にしましたが、潜在能力の高さでは前記馬を上回るかもしれません。ここまで10戦して4勝。春は間に合わなかったものの秋には菊花賞に挑戦しました(10着)。出遅れて後方からでしたが、この馬、前走の日経賞(GⅡ、3月中山、2500m)もスタートで出遅れての9着(5番人気)でした。ただ、ポンとスタートを切った1月の松籟S(1600万下、2400m)は2番手から直線先頭に立って楽勝しています。これもハンデは55キキロなのでスタートさえ無難なら重賞にも手が届きます。

穴はフルーキー。歴戦の7歳馬でGⅢ,GⅡの常連です。重賞勝ちは一昨年暮れのチャレンジC(GⅢ、阪神1800m)だけですが、昨年のこのレース、次のエプソムC(GⅢ,東京1800m)で2着。3,4,5着もそれぞれ複数回ある実績上位馬です。トップハンデの57.5キロですが、これは昨年と同じ。休み明けの前2走(小倉大賞典、金鯱賞)は6着、15着ですが、メンバーが手薄なので軽視は禁物です。

【新潟大賞典】(7日、新潟11R)発走=15時20分

◎11 メートルダール

○ 7 ジュンヴァルカン

▲ 8 フルーキー

△ 9 ロンギングダンサー

△ 4 シャイニープリンス

△ 2 サンデーウィザード

△ 1 トルークマクト

馬連 11→7、8、9、4、2、1

» コメントを書く

2017年05月05日

「京都新聞杯」

競馬はゴールデンウイークにもあります(当たり前?)。GI・NHKマイルカップは日曜日の7日ですが、6日の土曜日、京都のメーンレースは3歳馬の2200mのGⅡ・重賞、京都新聞杯。今年のダービー(5月28日)が3週後に迫ってきました。このレースに優先出走権はついていませんが、ここで収得賞金を加算できれば賞金順位で出走のチャンスが出てきます。勝てばもちろんですが2着(収得賞が加算される)でも滑り込めそうな出走馬が出走しています。間に合うのはどの馬か?関係者にとっては熱の入る一戦です。

◎はインヴィクタです。これまでの4戦(2勝)を見ると距離が延びて地力を発揮するタイプ。課題があったスタートもかなり矯正されてきています。昨年夏、札幌シリーズで2戦。デビュー戦(1800m)はアオって後方からのレース。道中がスローに流れたのと早めに残り3F(600m)から捲って出たので間に合いましたがクビ差の勝利でした。札幌2歳S(1800m、3番人気)の7着もスタートで遅れて後方での追走。トラストが先頭に立って逃げ切ったレースで、直線差を詰めただけに終わっています。

ところが再調整されて戦線に戻った今季、1月京都の梅花賞(500万下)では2400mの距離もありますが5番手で追走。直線で圧巻の伸び脚を発揮して楽勝しました。次いで3月阪神のオープン特別・若葉S(2000m・内回り)。ここは先行勢を捉えきれず3着でしたが、直線の伸びは目立ちました。今回は距離が200m延びて、コースは外回りです。仕上がりも良さそうなのでチャンスを掴めるのではないかと思います。

サトノクロニクルは3戦して1勝、2着2回。いずれも1番人気でした。12月阪神のデビュー戦(1800m)は7番手追走から追い上げたものの、ここに出走しているプラチナムバレットに3/4馬身差届かず2着。そのあと1月京都の1800m戦で順当勝ち。大外16番枠から前へ出して4番手をキープし、危なげなく差し切りました。前走は中山へ遠征して2200mの水仙賞(500万下)。離れた7番手あたりから直線大外から伸びたのですが・・・先頭のイブキに1/2馬身残されたレースでした。この馬も内容的にみるとポテンシャルはかなり高いです。異父兄は一昨年このレースを勝ってダービーでもドゥラメンテの2着したサトノラーゼン。逆転候補です。

単穴はプラチナムバレット。ここまで5戦して2勝、2着1回、3着1回。残る1回が毎日杯で、アルアインに0秒5差の4着でした。アルアインはそのあと皐月賞馬になりましたよね。レース運びに自在性があるのが強みです。先行力があって、好位に控えて差すレースもしています。人気馬が差し・追い込みタイプなので展開的に面白いと思います。

サトノリュウガは昨年の札幌で④⑤着のあと11月京都で勝ち上がり、1月京都で2000mの福寿草特別(500万下)を好タイム(2分00秒3)で勝ちました。そのあと一頓挫あったようですが、乗り込み十分で動きも良いです。

他では新馬戦5着のあと2連勝して長い距離が良さそうなミッキースワロー、前走が大敗でも5戦2勝のダノンディスタンス、410キロそこそこで3戦(1勝)とも1600m戦でしたが差し脚に鋭さがあるゴールドハットがどんなレースをする?ちょっと気になります。

【京都新聞杯】(6日、京都11R)発走=15時35分

◎ 4 インヴィクタ

○ 3 サトノクロニクル

▲11 プラチナムバレット

△ 5 サトノリュウガ

△ 8 ミッキースワロー

△ 2 ダノンディスタンス

△ 6 ゴールドハット

馬連 4→3、11、5、8、2、6

» コメントを書く