「ダルビッシュ有、ドジャースへ」

2017年08月03日

「ダルビッシュ有、ドジャースへ」

久しぶりにプロ野球の話。MLB(メジャー・リーグ・ベースボール)ですが、日本時間の1日早朝、テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手のロサンゼルス・ドジャース移籍が決まったというニュースが入ってきました。米国東部時間7月31日午後4時(日本時間8月1日午前5時)がウエーバー(保有権放棄選手の公示)を経ないトレードの期限切れだったんですが、その15分前の電撃的決定だったそうです。

移籍するドジャースはナショナルリーグの西地区でトップを突っ走っていて、今季はワールドシリーズの制覇を狙う最強チームと言われています。一方、ダルビッシュが所属していたレンジャーズ(アメリカンリーグ西地区)は今年も優勝はできないんで、それだったら若い選手を3人取ろうということで放出したようですが、その交換選手で最後まで難航したようです。日本と違って大リーグではこういうトレード、珍しくないんです。ただ、今シーズン終わるとダルビッシュはFA権(フリーエージェント)を取得するんです。6年契約の最終年ですから。ポストシーズン終了までドジャースでやったら、またどこかへ移るかもしれませんね。

ドジャースは今、ものすごい勢いでトップを走り続けているんですが、投手陣に故障者が出てきた。エース左腕のカーショーが戦線離脱。続いてマッカーシーという先発右腕もケガ。それで前田健太投手が先発へ戻った経緯があるんです。ワールドシリーズ制覇を狙うドジャースは、10月初旬から始まるポストシーズンを考えるとピッチャーをなんとかしないといけない。ともかく、テキサスからダルビッシュを獲得してドジャースは大儲け?だったんじゃないでしょうか。続報ではそのダルビッシュ有投手、日本時間の5日午前、メッツ戦で先発するようです。

それと、同時にメディアで伝えられたのはアストロズの青木宣親選手がブルージェイズへ移籍が決まったと。アメリカン・リーグ西地区で首位独走中のチームから同リーグ・東地区の最下位チームへ。厳しいな~と思ったのは私だけではないでしょう。

ついでになりますが、日本のプロ野球。わが西武(パ・リーグ)が昨日(2日)も勝って、なんと11連勝! 首位争いをしている楽天とソフトバンクのから大きく離されていたんですが、その後ろ姿が見えてきました。楽天の則本昂大投手を打っての7-4ですからね。それでもまだ首位のソフトバンクから6.5ゲーム差、2位楽天から5ゲーム差・・・競馬なら競り合う2頭を追って後方一気があるんですが、野球のレギュラーシーズン優勝はそうはいきません。首位争いの両チームが対戦してもどちらかが勝つわけですから、首位とはなかなか差が縮まらないんです。でも、若手が育ってきて、いいチームになってきました。と、私は思います。

» コメントを書く