「激動の時代へ突入?」

2017年09月05日

「激動の時代へ突入?」

夏休みの順番が来て先週は札幌で時間を気にせず過ごしていて快適だったんですがね~

夏の北海道は日の出が早いので早起きになるんですが、火曜日の29日、突然、緊急警報!携帯電話がかなりの音で鳴り響きました。何事?と思ってテレビをつけると、北朝鮮が日本側に向かって弾道ミサイルを発射したと。しかも日本の上空、それも北朝鮮が示唆していたグアム方向の島根、広島、高知上空ではなくてなんと北海道! 次々とニュースが入ってきて、ミサイルは襟裳岬(えりもみさき)の東方1180キロ付近の太平洋上に落下したとのことでした。

なぜかは分かりませんが、私が夏休みに入っている間にこれまで大きな事故や事件が起きているんです。それで休みに入る前に気になって、北朝鮮は大丈夫かなあ~なんてスタッフとも話していたんです。そうしたら・・・これです。

そして、札幌からは仕事再開の準備もありますから9月2日の土曜日に東京へ戻って来たんですが、翌3日のお昼過ぎでした。ゴルフの「フジサンケイクラシック」は誰が優勝するのかなあ・・・眞子さま、小室圭さんのご婚約が内定して、その記者会見を見なくちゃ・・・と思っていたら、また大変なことが起こってしまいました。北朝鮮が6度目の核実験を強行したんです。北朝鮮をめぐって緊張がさらに高まってきました。

心配なのは、これでアメリカが北朝鮮に対してどう出るかです。これまでトランプ大統領が過激なことを言っても、軍の上層部は外交、話し合いによる方がいいと言ってきましたよね。それなのに、今度ばかりはトランプ大統領がジェエームス・マティス国防長官ら安全保障関連の高官と緊急会議開いたあと、軍人のマティス長官がテレビカメラの前で北朝鮮に対して強いメッセージを発しています。段階が一つ進んでいるとアメリカのメディアも衝撃を持って伝えているようです。

北朝鮮はといえば、まだ米国の反感を煽るようなことをやりそうな可能性が感じられますし、事が起きれば韓国、そして日本も当事国になります。国境を接する中国、ロシアもからみます。激動の時代に入ったのかもしれません。緊張に包まれた日が続きそうです。

» コメントを書く