「秋華賞」

2017年10月14日

「秋華賞」

15日の日曜日、京都競馬場で牝馬3冠の最終戦、秋華賞(G1,2000m)が行われます。桜花賞馬レーヌミノルは出走しているもののオークス馬ソウルスターリングは別路線を歩みました。春季のクラシック路線にはいなかった新鋭、夏を越して充実が感じられる馬もいるので春の勢力図が大きく変わるかもしれません。1600m(桜花賞)と2400m(オークス)の中間距離での争いなので距離適性の見極めがカギになります。

中心はファンディーナにしました。新馬→500万下特別→フラワーカップ(GⅢ)と1800m戦で3連勝して、選んだ挑戦が牡馬相手の皐月賞(中山2000m)でした。その圧勝ぶりから断然の一番人気に支持され、結果は7着。快挙は成らなかったものの5番手あたりで先行して直線いったん先頭に立つかというレース。最後に失速したといっても2000mを1分58秒3で走ったのですから私は立派だと思います。落ち着きを保ってレースに臨んでいたら勝ち負けになったかもしれません。この秋。トライアルのローズS(GⅡ、阪神1800m)に出走して新鋭ラビットランの6着に終わったので人気が落ちそうですが、当時は馬体に余裕があったし(+18キロ)、ここへ向けての一叩きのレース。直前の負い切りでゴール前ビシッとやられているので本番では変わるでしょう。距離適性、京都コースで2戦2勝のほか関東勢に比べれば輸送のリスクも少ない。総合力で優位とみました。

強敵がいます。まず、アエロリット。桜花賞は後方からのレースになって5着に追い上げるのがやっとでしたが、そのあと調教を重ねて良化。この馬の素質には惚れ込んでいました。この状態で得意の左回りなら・・・とみて牡馬相手の1600mのGI・NHKマイルカップで◎に抜擢。さらに良化を感じた札幌のクイーンS(GⅢ,1800m)もGI勝ちした年長馬アドマイヤリードを差し置いて◎にしました。2戦とも勝ってくれて感謝です。ただ、2000mとなるとどうか?鞍上(横山典)が工夫して乗ると思いますが、ほかに長距離輸送のリスクもあるので2番手にしておきます。

単穴はディアドラにしました。追い上げる脚が長く持続するタイプ。タイム、着差は目立ちませんが、古馬との対戦だった札幌の1000万下特別・HTB賞(2000m)の追い込み勝ちは内容十分。オークスで4着まで追い上げていますが、トライアルの前走の紫苑S(GⅡ、中山2000m)=もちろん◎=の勝ちぶりもナットク。2000mぐらいが適しているように感じますので抜擢しました。

次いで新鋭そのもののラビットラン。まだキャリア5戦と言う前に、デビューから3戦(1勝)がダートだったことに驚きます。初芝だった7月中京の500万下、次いでGⅡのローズSでの一気の追い上げは見事。スタート後のポジション次第では怖いです。次いでオークス2着のモズカッチャン、前走で先行から差しに回っても好走したポールヴァンドル、最後の一伸びが不満でもどのレースでも追い上げているリスグラシューに要注意です。

【秋華賞】(15日、京都11R)発走=15時45分

◎16 ファンディーナ

○ 1 アエロリット

▲14 ディアドラ

△ 2 ラビットラン

△ 4 モズカッチャン

△17 ポールヴァンドル

△ 7 リスグラシュー

馬連 16→1、14、2、4、17、7

» コメントを書く

2017年10月14日

「米・日、プロ野球が佳境」

プロ野球が今年のシーズン終盤の佳境に入っています。アメリカのMLB、メジャー・リーグ・ベースボールではポストシーズンに入っていますが、今日(現地13日、日本時間14日)からアメリカン・リーグの優勝決定シリーズに入ります。

マー君(田中将大投手)が所属するニューヨーク・ヤンキース(東地区2位、ワイルドカードで出場)がツインズ(中地区2位、同)に勝って地区シリーズに進出。中地区1位のインディアンスとの対戦(5試合制)では敵地で連敗して“これまでかな”と思われたんです。ところがホームのヤンキースタジアムに戻った第3戦、田中投手がすごい投球をして7回無失点、クローザーのキャッシュマンが8回1死から力投して勝ちました。そして奇跡の3連勝。今季、レギュラーシーズンで102勝して最強と見られていたインディアンスに、ヤンキースが勝ってしまった(?)。アストロズも強いですが、ワールドシリーズへ進出するチャンスはあります。

そして一方のナショナル・リーグ。前田健太投手が所属していてレギュラーシーズン終盤にはダルビッシュ・有が移籍したロサンゼルス・ドジャース(西地区1位)が勝ち上がっています。ワイルドカードゲームでロッキーズ(西地区3位)に勝ったダイヤモンドバックス(西地区2位)に3連勝。こちらの優勝決定シリーズは日本時間の15日からで、相手は3勝2敗で東地区1位のナショナルズを破ったシカゴ・カブス。昨年のワールドシリーズの覇者で今年も中地区1位ですから強いんですが・・・今年はドジャースかな。ダルビッシュが調子を上げてきていますし、中継ぎに回っている前田投手も好投しています。それにしてもMLBのポストシーズンは面白い。超一流の選手たちが目の色を変えて戦いますからね。テレビ中継で見ていても迫力が伝わってきます。ダルビッシュの登板(先発)は第3戦というニュースも入ってきています。

そして日本。今日から米国風に言うとポストシーズン。クライマックスシリーズのファーストステージが始まります。パ・リーグは2位西武と3位楽天が西武メットライフ球場、セ・リーグは2位阪神と3位横浜DENAが甲子園で、3試合制で2勝先勝で勝ち上がり決定。私はもちろん西武応援ですが、違った意味で気になるのはセ・リーグです。阪神は屋根がありませんから天候に開催が左右されます。予備日は1日ありますが今週も来週も雨予報。えっ!ホント?と思ったのですが、試合が中止になって1勝1敗になって3戦できない場合は上位チーム(2位阪神)の勝ち上がりになるんだそうです。もしそうなったら横浜DeNAがかわいそうじゃないですかね。せっかく巨人との競り合いに勝ってCSに進出したのに。そうならないでほしいものです。

 

 

» コメントを書く