「横浜DeNA、快挙」

2017年10月26日

「横浜DeNA、快挙」

横浜DeNAベイスターズが24日、勝ちましたね~、広島東洋カープに9対3。これが7試合制のCSファイナルステージ4勝目で、見事、セ・リーグのトップまで勝ち上がりました。もちろん試合は開催権のあるペナントレース優勝のカープの本拠地、広島のマツダスタジアム(正式名=MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)だったんですが、パブリックビューイングの横浜球場は超満員。入場制限になってもあきらめきれないファンが球場の周りを埋めて大変だったようです。

元々横浜市(神奈川県)は野球の盛んなところですし、ベイスターズのファンは長く下位で低迷していましたから分かるような気がします。経営母体がDeNA(株式会社ディー・エヌ・エー)に替わって6シーズン目。この間、地域密着型を強く打ち出して、いろんなファンサービスなどもするようになって盛り上がってきたんです。球場にファンが足を運ぶようになって、それが選手たちを鼓舞するようになっていい試合を見せるようになってきた。そして昨年、頑張って選手を育ててきた中畑監督が勇退して、ラミレス監督になって花が開いてレギュラーシーズンの公式戦で3位。Aクラス(1~3位)入りしたのは11年ぶりのことでした。セ・パ合わせて12球団ありますが、CS(クライマックスシリーズ)が行われるようになってから1度も出場していなかった球団はベイスターズだけだったんです。それがCSのフィーストステージで2位の巨人に2勝1敗で勝ってファイナルステージへ。力尽きた感じで広島カープには完敗でしたけどね。

そして今年、CSフィーストステージで阪神の2勝1敗で勝ち、ファイナルステージでアドヴァンテージの1勝がある広島カープに初戦で敗れたあと、なんと怒涛の4連勝!日本シリーズへ駒を進めたんです。セ・リーグのCSで3位チームがファイナルステージを勝ち上がったのは史上初めて。横浜ベイスターズの日本シリーズ進出は1998年以来、19年ぶりという快挙ですから、それは盛り上がりますよ。

24日の4勝目は当たりが止まっていた感じの筒香が2本、ホームランを打ちましたし、ラミレス監督の小刻みな継投策もズバリ成功しました。広島カープにペナントレースで14.5ゲーム差をつけられた3位チームの日本シリーズ進出には違和感もあります。でも、ベイスターズはセ・リ-グの公式戦でただ1チーム、広島に勝ち越していたんです(13勝12敗)。相性もあるんですかね~。今の勢いなら・・・という気もしますが、相手のソフトバンクは強いですよ。勝負事はやってみないと分からない怖さがありますが、どうなりますか。日本シリーズ(7試合制)は28日、福岡ソフトバンクホークスの本拠地「福岡ヤフオク!ドーム」で開戦になります。(横浜球場の試合は第3戦~第5戦、一方が4勝した時点で終了)。

» コメントを書く