「エリザベス女王杯&福島記念」

2017年11月11日

「エリザベス女王杯&福島記念」

12日の日曜日、京都競馬場で行われるエリザベス女王杯(GI、3歳以上・牝馬、2200m)は“最強牝馬”決定戦。厳密に言うと定量が4歳以上56キロ。対して3歳は54キロですから異論があります。斤量的には馬齢重量を1キロ上回る古牝馬に不利です。今年は3歳馬が3頭挑戦します。しかも3歳牝馬の3冠目、秋華賞で追い込みを決めたディアドラ、2着に追い上げたリスグラシュー、これと接戦だった3着のモズカッチャンの上位3頭。古牝馬にとっては秋の目標GIがここですから好仕上がりが目立ちますが、眼の上のたん瘤といったところでしょう。

その1頭、モズカッチャンを狙ってみます。ここまで8戦。2歳暮れのデビュー戦(阪神1800m)で6着、3歳1月の2走目(未勝利戦、京都1800m)3着のあと2月小倉(1800m)で捲り勝ちを決めると中山で500万下(1800m)を連勝する。さらにオークストライアルのフローラS(GⅡ、2000m)でもインからしぶとく伸びて先行抜け出したヤマカツグレースをクビ、差し切りました。本番はソウルスターリングに1馬身3/4差及ばなかったものの2着。この秋はローズS(GⅡ,1800m)=6着=を叩いて臨んだ秋華賞で3着でしたが、3コーナーの坂の下りから捲りに出て直線先頭。重馬場を考えての積極策だったと思いますが、ゴール前で2頭に差されました。ただ、レース後に落鉄(蹄鉄が外れること)があったのが明かされています。ハービンジャー産駒らしく長く脚を使うタイプなので2200mは好材料で斤量は54キロ。勝負になるでしょう。

古馬では心配ダネがあるものの、この距離ならミッキークイーンが一番だと思います。単純に前走の宝塚記念(GI、阪神2200m)だけを言っても、56キロを背負って稍重馬場を12-12-を切る2分11秒7で走り切っています。サトノクラウンが抜け出し、2着ゴールドアクターに1馬身半差の3着でしたが9番手から追い上げた脚勢は良かったです。問題はこのレースで古傷と同じ左手靭帯を傷めたこと。でも・・・1週前、今週の追い切りともに不安を感じない動きになっています。逆転候補。

単穴にも3歳馬、秋華賞を勝ったディアドラを抜擢。オークス4着のあと、8月中旬の札幌から始動し、古馬混合の1000万下特別を捲り追い込み勝ち。9月中山の指定オープン、紫苑S(GⅢ、2000m)を勝ち、本番の秋華賞でも同様のレースパターンで快勝しました。1週前に強めの追い切りをすませて直前は控えていますが動きは良いです。目覚ましい充実ぶりがまだ続いているようです。

もちろん、古馬勢も本番に備えて調子を上げている。秋初戦に選んだ府中牝馬S(GⅡ、東京1800m)でクロコスミアに逃げ切りを許しましたが、クビ差2着に追い上げたヴィブロスが良くなっています。9月中山のオールカマーで牡馬一線級のステファノスを抑えて勝ったルージュバックも2週続けて快調な追い切り。長距離輸送をクリアして当日落ち着いているようなら怖いです。他では一時不振だった昨年の勝ち馬クイーンズリングがかなり復調してきたように見えます。このところ待機策で速い脚を活かして好走しているスマートレイアーも加えました。

【エリザベス女王杯】(12日、京都11R)発走=15時40分

◎ 5 モズカッチャン

○10 ミッキークイーン

▲11 ディアドラ

△16 ヴィブロス

△17 ルージュバック

△ 7 クイーンズリング

△12 スマートレイアー

馬連 5→10、11、16、17、7、12

 

福島では3歳以上オープン、芝2000mのハンデキャップ重賞、福島記念が行われます。ハンデ差に加えて小回りコースにチャンスを求めた馬の対戦なので道中の展開がどうなるか分かりません。早め早めに動く馬が多くなると差し・追い込み勢にも浮上のチャンスがあります。

中心はサンマルティンにしました。2歳時に新潟で新馬勝ちしたものの3歳時は気性難のため能力が出せないレースが続いて勝ち星なし。変わったのは去勢された後の昨春からです。4戦3勝で準オープンに上がり、今年5月にはダービー当日の「むらさき賞」を勝ってオープン入り。そして8月。重賞初挑戦の小倉記念(GⅢ、2000m)でも2着。ゴール前でタツノゴウゲキに急襲されてハナ負け。後方から捲り上げて直線先頭の惜しいレースでした。まだ実績が薄くハンデは55キロ。ここはチャンスでしょう。

スズカデヴィアスが強敵。6歳の今年だけ振り返っても1月の小倉賞典(GⅢ、1800m)でマルターズアポロの2着、3月中京のGⅡ・金鯱賞(2000m)ではヤマカツエースの3着。GIに格上げになった大阪杯(2000m)はさすがに一線級相手でキタサンブラックの11着でしたが、そのあとは鳴尾記念4着、七夕賞4着。56キロでこの相手なら争覇圏内です。

単穴はウインブライト。3歳馬で54キロのハンデになりましたが、皐月賞トライアルのスプリングSの勝ち馬で皐月賞(8着)、ダービー(15着)にも駒を進めています。御の字でしょう。秋初戦は毎日王冠(GⅡ、東京1800m)で10着。でも、相手がリアルスティール以下、そうそうたる古馬一線級でした。大勢逆転も十分あります。

【福島記念】(12日、福島11R)発走=15時20分

◎16 サンマルティン

○13 スズカデヴィアス

▲ 3 ウインブライト

△10 マイネルミラノ

△ 6 ヒストリカル

△ 7 フェルメッツァ

△ 4 ショウナンバッハ

馬連 16→13、3、10、6、7、4

» コメントを書く