「チャンピオンズC」

2017年12月02日

「チャンピオンズC」

あす3日の日曜日、秋季のダート王を決めるGI、チャンピオンズカップ(3歳以上、1800m、定量)が行われます。舞台は中京競馬場。オールドファンにはジャパンカップの前日土曜日、東京競馬場で行われていたGⅠジャパンカップダートを思い出して感慨にふける方がいるかもしれません。私もその一人です。

それはさておき、今年のメンバー。3歳馬も1頭出走していますが中央・地方交流重賞で活躍してきた歴戦の古馬が一堂に会したといった感じです。昨年の1、2着馬、サウンドトゥルーとアウォーディーが出走しています。4着のカフジテイク、5着アポロケンタッキーも。さらに一昨年の2着馬ノンコノユメ(3着サウンドトゥルー)も・・・。でも、私が注目するのは今年に入って急激に伸びてきた馬、不振から巻き返そうとしている4~5歳勢。世代交替を宣する結末になるかもしれないと思っています。

ロンドンタウンを狙ってみます。2歳時は4戦して勝ったのは未勝利戦だけ。4歳時も500万下は勝ち上がったものの、その後は掲示板(5着まで)に載れないレースが続いていました。とろろが秋季になると1000万下、1600万下を連勝してオープン入り。そして4歳の今年、春季に佐賀記念を勝ち、中央場所の重賞でもマーチS(GⅢ、中山1800m)4着、アンタレス(GⅢ、阪神1800m)で2着するまでになりました。そして8月の札幌。1700mのエルムS(GⅢ)で一本人気のテイエムジンソクを好位で付けまわしてゴール前で差し切ってしまったんです。予想が追いつかない?くらいの上昇ぶりです。ソウルへ飛んで勝ってきた前走のコリアCだって、勝って当然とはいえ4馬身ちぎれた2着は日本馬クリソライトです。中間ビシビシ追われていて、ここでホームラン?

〇(対抗)はおとなしくサウンドトゥルー。前記したように昨年の優勝馬です。前半は後方待機。4コーナーから直線、馬群をさばいてゴール前鮮やかな伸び脚でタイトルを手にしました。そのあとも凡退は少なく、前走の交流GⅠ・JBCクラシック(大井2000m)も持ち味の差し脚を発揮して勝っています。7歳でも衰えはそれほど感じられません。

単穴はテイエムジンソク(5歳)。この馬もロンドンタウン同様、近況が素晴らしい。6~7月の函館。オープン特別の大沼SとマリーンSを2着にそれぞれ4馬身、5馬身差という独壇場のレースで連勝しました。脚抜けの良い重馬場だった札幌のエルムS(GⅢ、1700m)はロンドンタウンにゴール寸前で差し込まれましたが、前走のGⅢ・みやこS(京都1800m)4角先頭で問題なく押し切っています。馬群の中に入るとどうか分かりませんが、逃げなくなくても外の好位からならどこからでも行けると思います。チャンスは十分あるでしょう。

このコースは直線は410mくらいあるので問題ないですが直線とバックストレッチの距離が近い(幅が狭い)のでコーナー回りに特徴があります。その相性のほかに展開にも左右されるので、他の馬の台頭もあります。立ち直ればGⅠでもチャンスがあると思う4歳のグレンツェントとゴールドドリーム(追い切りの動き◎)に特注。あと好位から先頭を窺う7歳のウォーディー、追い込み有利になれば・・・5歳ノンコノユメをマークしました。

 

◎ 7 ロンドンタウン

〇14 サウンドトゥルー

▲13 テイエムジンソク

△ 8 グレンツェント

△ 9 ゴールドドリーム

△11 アウォーディー

△ 4 ノンコノユメ

 

馬連 7→14、13、8、9、11、4

» コメントを書く