「朝日杯FS」

2017年12月16日

「朝日杯FS」

ミスパンテール、そして・・・のりちゃん(横山典騎手)、ありがとう!

16日、原稿を打っていたらパソコンに突如アップグレードが入って、これが終わらない。原稿が気になりながら待っていても延々、延々・・・。ついにしびれを切らして家を飛び出しました。場外です。だって、ここで(ターコイズS)狙いすまして◎をつけたミスパンテールを買えないなんて、あり得ないですよね。

17日(日)、阪神競馬場で行われる朝日杯フューチュリティステークス(GI、1600m、馬齢重量)は今年デビューした2歳馬の、牝馬もどうぞのGIです。中山の最終日にGIにグレードアップされた2000mのホープフルSがありますが、メンバーを見ると“頂上決戦”と言ってよい有望馬がそろったと思います。楽しみですが激戦必至。キャリアの浅い現時点で自力で勝つにはスタート、折れ合い、勝負どころからの決め脚が必要です。好レースだった牝馬の阪神JFに続いて今度はどの牡馬が激戦を制して飛び出すか?

その3つの要素を備えているように思われる中からダノンプレミアムを候補の1番手に挙げます。初戦のレースで“これは走る!”と感心して2走目のサウジアラビアロイヤルC(GⅢ、東京1600m)で◎にしました。デビュー戦から3カ月半、間を取っての挑戦でしたが、中間の調教と直前の追い切りの動きから上積みも見込んでのこと。結果は好発から2~3番手につけて、直線追われてからの伸びも期待通り。稍重馬場で1分33秒0のレコード勝ちでした。中間の動きを見るとさらに一段、グレードアップが感じられます。キャリア2戦なので過信はできませんが不測の事態がないかぎり凡退はないでしょう。

強敵はタワーオブロンドン。タイプは違うものの、この馬の素質にも惚れ込んでいます。4戦3勝。札幌で新馬勝ちした後、同距離(1500m)のクローバー賞でホッカイドウ競馬から参戦したダブルシャープ(現・中央)に負けましたが、不利な大外枠でスタートも今イチ。後方から3頭目の位置から3角捲りに出て、かなり外を回らせられるレースでした。これも一戦ごとに良化して9月阪神のききょうS(OP、1400m)→京王杯2歳S(GⅡ、東京1400m)で爆発的な差し脚を見せて連勝しました。距離が200m延びても問題ないと思います。

単穴(▲)はダノンスマッシュにしました。新潟で先行してランスマンにアタマ差し込まれて2着のあと、阪神の未勝利戦と京都のもみじS(OP)では好スタートからいったん下げて直線で差すレースで連勝。3戦とも1400m戦だったので距離が1ハロン延びてどうかが課題ですが、それより評価したいのはレースを積むごとに走りぶりがしっかりしてきていること。今回の追い切りの動きは文句なしの◎なので抜擢しました。

他にも有望馬が並びます。ファストアプローチは札幌2歳S(GⅢ、1800m)で2着、前走の芙蓉S(OP、中山2000m)も2着・・・ただ、この馬が一番強さを感じたのは2走目の未勝利戦(札幌1500m)です。2着に5馬身差、1分29秒3(速い!)。この距離なら東の穴馬です。あとサウジアラビアロイヤルCで後方から延びてダノンプレミアムの2着だったステルヴィオ、休み明けを叩いて急上昇しているケイアイノーテックにも魅力を感じます。もう1頭、距離不安からか人気うすのカシアスにも要注意。

【朝日杯フューチェリティS】(17日、阪神11R)発走=15時40分)

◎ 1 ダノンプレミアム

〇 3 タワーオブロンドン

▲12 ダノンスマッシュ

△ 8 ファストアプローチ

△10 ステルヴィオ

△ 5 ケイアイノーテック

△11 カシアス

馬連 1→3、12、8、10、5、11

» コメントを書く