「根岸S&シルクロードS」

2018年01月27日

「根岸S&シルクロードS」

今週は西は引き続き京都開催ですが、関東は中山から東京競馬場へ開催が替わります。開幕週の重賞は春季のダートのGI、フェブラリーS(2月18日、東京1600m)の前哨戦、根岸ステークス(GⅢ、ダ1400m)で、1着馬に本番の優先出走権があります。本番目指して一叩き?の実力馬、勝てないまでも収得賞金の上積み対象になる2着は欲しい馬・・・頭数13頭(ベストウォーリア=取消)のわりには難しいレースです。

中心はカフジテイク。昨秋は盛岡のマイルCS南部杯(交流GI、1600m)で4着、武蔵野S(GⅢ、東京1600m)で5着して向かった中京のチャンピオンズカップ(GI、1800m)はゴールドドリームの7着に終わりました。ただ、7勝中6勝を1400m戦で挙げている馬です。昨年このレースを追い込み勝ちしたように東京コースも脚質に合っています。GIホースになるチャンスは春なので、ここで勢いをつけたいところ。追い切りの動きも問題ないので期待しました。

〇には充実ぶりが目につくアキトクレッセント。4歳の一昨年、故障でほぼ1年間戦列を離れていました。12月末の復帰戦(1000万下、阪神1400m)でいきなり楽勝。昨年4月には準オープンを勝ち上がり、次いでオープン特別の欅S(東京1400m)でも2着と好走。秋にはGⅢの武蔵野S(東京1600m)でインカンテーションの3着でした。前走のオープンを楽勝しての挑戦で、賞金の加算が欲しい1頭。追い切りの後れは鞍上が追わなかっただけで心配ありません。カフジテイクが追い込み一手なので逆転まであるかもしれません。

単穴は明け4歳のサンライズノヴァ。前走の師走S(OP特別、中山1800m)はディアデルレイに4馬身ちぎられた2着だったですが、昨年のグリーンチャンネルC(OP、東京1400m)はタイムも1分22秒2と速く、強かった。鋭さは感じさせないものの530キロ前後の馬体で追われてからパワフルに伸びます。東京コースも合っています。

次いでキングズガード。走りぶりにクセがありますがコース取りがスムーズなら鋭く伸びるレースをします。あと昨春JRAから南関東へ転出して好成績を上げ、今回地方からの参戦になっているブルドッグボス、復調気配のノボバカラ、中1週で挑戦してきたマッチレスヒーローにも要注意です。

【根岸S】(28日、東京11R)発走=15時45分

◎ 6 カフジテイク

〇 2 アキトクレッセント

▲ 8 サンライズノヴァ

△ 7 キングズガード

△12 ブルドッグボス

△ 5 ノボバカラ

△ 4 マッチレスヒーロー

馬連 6→2、8、7、12、5、4

 

京都では4歳以上(オープン)、1200mのハンデキャップ重賞、シルクロードステークス(GⅢ)が行われます。この組の春季の目標はスプリントGI・高松宮記念。3月25日ですからまだ先のように感じるかもしれませんが、競走馬のローレーションとしてはあっという間です。除外馬も出るフルゲートの18頭になって、ハンデ差もあるし脚質も多彩というメンバー。波乱になる要素十分です。

カラクレナイを狙いました。4歳牝馬で54キロですからハンデの恩恵はありません。2歳の2走目から昨春のフィリーズレビュー(GⅡ、阪神1400m)と3連勝して桜花賞でも4着でしたから仕方ありません。そのあと大敗を続けたのは、デビュー当時から懸案だったスタートと折れ合いの難しさが距離延びて対応できなくなったからだと思います。今年の初戦、前走の京都金杯(GⅢ、1600m)で6着でしたが、勝ったブラックムーンから2馬身差でした。休み明けにしては上々の内容。追い切りの動きが良く、初めての1200m戦ですが吉と出る可能性十分とみました。

ファインニードルは昨秋、GⅡのセントウルS(阪神1200m)を勝って臨んだスプリンターズS(GI、中山1200m)はレッドファルクスの12着。前半流れに乗れず3コーナーから追い上げて失速したレースです。それ以来の出走ですが中間、速いタイムの追い切りをこなして最終追いの動きも良いです。スタート五分で好位なら巻き返せるでしょう。

単穴はセイウンコウセイ。昨年の高松宮記念の覇者に▲印はないと思いますが、負け続けていているので人気は落ちています。追い切りはかなり強めにやられて動きは良いです。京都の1200mコースは相性抜群で、道悪もこなせます。土曜日の京都は雪が舞っていました。58キロのトップハンデでもここで復活!に賭けてみる手はあります。

ナックビーナスが今回、どういう作戦に出る?前走は有無を言わせず先頭に立って逃げ切りましたがゴール前で後続馬に迫られました。引き続き好気配です。△にしたものの差しに回っても勝負できるので引き続き重視したい1頭です。あと、休み明けでも十分追い切りを積んでいるダイアナヘイロー、前回初めて千二戦に出走してナックビーナスの3着まで追い上げたロードクエスト、上がり馬アレスバローズを警戒。

【シルクロードS】(28日、京都11R)発走=15時35分

◎13 カラクレナイ

〇 1 ファインニードル

▲ 7 セイウンコウセイ

△15 ナックビーナス

△ 8 ダイアナヘイロー

△17 ロードクエスト

△ 2 アレスバローズ

馬連 13→1、7、15、8、17、2

» コメントを書く