「フェブラリーS&小倉大賞典」

2018年02月17日

「フェブラリーS&小倉大賞典」

今年最初のGIレース、フェブラリーステークスが18日、東京競馬場で行われます。ダート1600mでの争いで負担重量はもちろん定量。有力馬の陣営はここを目標にローテーションを組んできています。逃げ・先行、中位からの差し、そして追い込み馬と脚質が違う有力メンバーなのでゴール前まで激戦が続くでしょう。

中心はゴールドドリームです。昨年の勝ち馬で、勝ったあとUAE(アラブ首長国連邦)へ遠征。日本のファンは期待したのですが、ドバイワールドカップは大敗に終わりました。帰国後も大井の帝王賞で7着、秋初戦の盛岡の南部杯も5着・・・。心配されましたが秋季のGI、12月3日のチャンピオンズCでは底力を発揮して追い込み勝ち。2つしかない中央のGI・タイトルを独占しました。ここはその時以来の出走ですが、直前の追い切り映像を見るとタイム、動きともに圧巻。間隔が2カ月半ですが、この馬の場合はかえってよいかもしれません。

明け4歳のサンライズノヴァの成長ぶりが目立ちます。3歳重賞のユニコーンS(GⅢ、東京1600m)を勝ったように元々東京コースの適性が良いです。ステップレースの前走の根岸S(GⅢ、東京1400m)でノンコノユメにゴール寸前で差し込まれましたが、写真判定(ハナ差)の勝負でタイムはレコード。仕方ないでしょう。千六が長いということもないので逆転候補です。

単穴はノンコノユメ。今年6歳で一時、持ち前の差し脚が影を潜めていました。ただ、昨秋の武蔵野S(GⅢ、東京1600m)の4着は見どころがあったし、チャンピオンズCの9着はコーナー回りがきつい中京コースと見れば前走の爆走はナットクがいきます。狙い通りの仕上がりになりそうなので大勢逆転まであるかもしれませんん。

人気の一角と思われるテイエムジンソクはマイペースに持ち込めない時にどうか?1600mで早めに追撃があると苦しいかもしれません。他ではコースさえ開けば鋭い伸びを見せるサウンドトゥルー、先行集団から抜け出しそうなレースをする(と思う)インカンテーション。”もう1頭”にはダートでも変わるかもしれないレッツゴードンキ。

【フェブラリーS】(18日、東京11R)発走=15時40分)

◎14 ゴールドドリーム

〇16 サンライズノヴァ

▲12 ノンコノユメ

△10 テイエムジンソク

△ 5 サウンドトゥルー

△ 6 インカンテーション

△13 レッツゴードンキ

馬連 14→16、12、10、5、6、13

 

先週から始まった小倉では小倉大賞典(GⅢ、4歳以上、1800m)が行われます。ハンデキャップ重賞ですが、今年は馬齢重量より重い斤量を背負う馬が1頭もいません。実績が見劣っても勢いがある馬なら勝機がありそうです。そんな中からトリオンフをピックアップしました。

明け4歳馬で、昨年秋口までは勝ち星が2歳時に函館でデビュー勝ちした一つだけ。500万下で足踏みしていました。ところが昨年9月に小倉で2勝目を挙げると1000万下も②①着で通過。そして前走の準オープン、寿S(京都2000m)も連勝。しかもこの2戦、3馬身差以上の楽勝です。手術に踏み切ってセン馬にした経歴があるので余程の気性難があった? それはともかく、ようやくポテンシャルを発揮し出したとみてよい。いきなり重賞ですから過信は禁物ですが、ハンデが54キロなので注目です。

ストレンジクォークは前走の中山金杯(GⅢ,2000m)で3着。人気薄でも今回変わり身があるかも・・・と思って小欄で注意馬(△印)に挙げていました。勝ったセダブリランテス、2着ウインブライト。それとクビ、クビの接戦ですから、こちらがびっくりです。今回は美浦トレセンからの輸送で初コースというマイナス材料がありますが力量では十分通用します。

単穴はダッシングブレイズ。長休明けで8カ月半ぶりの出走ですが、かなり乗り込まれてきています。休養入り前のエプソムC(GⅢ,東京1,800m)でアストラエンブレム以下を鮮やかに差し切っています。遡ればシンザン記念で接戦の4着だった馬。能力は高いので特注です。

他では重賞でも好走歴があるスズカデヴィアス、ちょっと詰めが甘いものの大崩れのないダノンメジャー。先行タイプのヤマカツライデン、ウインガナドルはどちらが主導権を取るかで大きく結果が変わりますが、マークは必要です。

【小倉大賞典】(18日、小倉11R)発走=15時20分)

◎13 トリオンフ

○ 4 ストレンジクォーク

▲ 6 ダッシングブレイズ

△ 1 スズカデヴィアス

△ 2 ダノンメジャー

△11 ヤマカツライデン

△14 ウインガナドル

馬連 13  →4、6、1、2、11、14

 

» コメントを書く