「大阪杯」

2018年03月31日

「大阪杯」

31日(土)の夜から4月1日の未明にかけてUAE(ドバイ首長国連邦)では恒例のドバイワールドカップデー。次々とレースが行われますが、日本からも総勢14頭が参戦しています。最高賞金が懸かったドバイWC(ダート2000m、優勝賞金約6億3600万円)は米国馬が強そうですが、芝のドバイ・シーマクラシック(2410m)は体調に問題なければレイデオロでなんとかなりそうとか、日本馬が5頭出走している芝1800mのドバイ・ターフだってリアルスティールがいるしヴィブロスだって・・・とか、気が散ってしまいますよね。

でも、日本で4月1日に阪神競馬場で行われる大阪杯(GI、2000m)はドバイに遠征している面々に劣らない実力馬が揃ったレベルの高いレースです。昨年、GIに格上げになったばかりですが、古馬の2000mのタイトル戦。この距離のGIは秋季に天皇賞がありますが、春季にはありませんでした。春季の古馬オープンのGIは3200mの天皇賞と1600mの安田記念。距離の長短が極端です。新GIになった昨年の覇者、キタサンブラックはここを勝って、そのあと天皇賞(春)も制しましたから改めてすごいと思います。私は◎にしなかったこと、そして阪神のこの距離は内回りというのが如何に大きなポイントかと反省しました。

それで今回、アルアインを狙いました。4戦3勝で皐月賞へ向かって9番人気でクラシックホースの栄誉を手にしましたが、京都で新馬勝ちしたあと2勝目(500万下、1600m)の千両賞、重馬場の京都のシンザン記念(GⅢ、1600m)で6着に終わったあと阪神の毎日杯(GⅢ,1800m)で人気のサトノアーサーを破っていました。阪神コースは2戦2勝。さらに、この距離で先行差しの脚質がフルに活きるとみました。菊花賞(7着)以来だった前走の京都記念(GⅡ、2200m)はクリンチャーの2着。重馬場の中、最後にレイデオロをクビ差交わした伸び脚は悪くなかったし、一度使われて動きも良くなっています。

サトノダイヤモンドは一昨年、皐月賞で3着、ダービーでマカヒキとの叩き合いでハナ差の悔しさを、秋に菊花賞、有馬記念を連覇して晴らしました。実績では最右翼です。ただ、昨年の凱旋門賞遠征で何があったのか?どうも良かったころの馬体、動きと違和感があったので前走時に指摘させてもらいました。その金鯱賞(GⅡ,中京2000m)でスワーヴリチャード、サトノノブレスに後れを取って3着。最後に追い上げた脚に見どころはありましたが、一度使われてガラッと変わるかとなると・・・不安が残るので2番手。

スワーヴリチャードは今のデキなら右回りでも◎にしようと思っていました。ただ、決まった枠順が大外の⑮番。これでは直線が短い阪神2000mのコースに対応するにはレース運びに細工が必要になります。それでも勝つかもしれませんが、上手く対応できない恐れもあります。単穴にしました。

伏兵の食い込みに注意が必要です。追い切りの動きに好感が持てるペルシアンナイト、昨年3着に追い上げたヤマカツエースに特注。次いで8歳でも阪神2000mのレコードタイムホルダーのサトノノブレス、この距離は脚質的に短いと思いますが中間びっしり追われてきた昨年のジャパンCの勝ち馬シュヴァルグランを抑え候補。印からあぶれてしまった4歳のミッキースワローも気になる方はおさえておいてください。

 

◎ 8 アルアイン

〇 2 サトノダイヤモンド

▲15 スワーヴリチャード

△ 5 ペルシアンナイト

△ 3 ヤマカツエース

△10 サトノノブレス

△ 4 シュヴァルグラン

 

馬連 8→2、15、5、3、10、4

» コメントを書く

2018年03月31日

「MLB大谷、初球初安打」

日本もプロ野球が30日開幕しましたが、メジャーリーグ(MLB)が29日(日本時間30日)、時間的には一足早く開幕。注目の“二刀流”で挑戦しているロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平選手が8番・DH(指名打者)として敵地のオークランド・アスレチックス戦でデビューしました。

出番が回ってきたのは1点を先制した二回2死一塁。アスレチックスの先発右腕、グレブマンが投げた初球を叩くと一、二塁間をゴロで抜いてライト前へ。いわゆる“動く球”で、真っ芯とはいきませんでしたが、打てる球(ストライクゾーン付近)が来たら打つと決めていたんでしょう。試合後のインタビューで本人は「インコースのカットボール」と言っております。

それにしても初球を打ってヒットですからよかったね~。これで打線がつながって2得点目になっていますし、ほっとしたんじゃないでしょうか。オープン戦では投手の投げるタイミングに合わず絶不調でした。マイナーから出直した方がいいという現地報道も少なくなかったようです。

バッティングフォームが日本の時と変わっていましたね。日本では足を上げるフォームでしたが、上げない打法に変えていました。まだ日が浅いようで本当に身に付くまで時間がかかりそうですが・・・。この日は同点で延長戦(5-6Xでアスレチックス勝利)になりましたので5打席まで回ってきて、2~4打席が内野ゴロ、最後の5打席目は高めに速球を投げられて初三振を喫しています。

ただ、ファウルで粘る打席もありました。案外早く慣れてくるかもしれません。そして投げる方、すぐやってきます。現地4月1日(日本時間、同2日)の同シリーズ第4戦で初登板する予定です。私はむしろ、こちらの方が心配です。ボールの違い、マウンドの傾斜の問題、日本では速さで打たれなかったフォーシームが簡単にフェンス越え・・・どんなことがあっても、あせらずやってほしい気がします。

 

» コメントを書く

2018年03月30日

「ダービー卿CT」

急に暖かくなったせいではないでしょうが、これまで少頭数の重賞が多かったのがウソのように今週は東西の重賞が出馬ラッシュです。31日の土曜日、中山で行われるダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ、1600m)はフルゲートの16頭。コメントは31日に掲載しますが、阪神で行われるGI・大阪杯(2000m)もダービー卿へ回ったマルターズアポジー以外、出馬登録をしていた馬が全馬出走してきてフルゲート(16頭)の好メンバーになりました。

ダービー卿CTは4歳以上オープンのハンデキャップ重賞。トップハンデは重賞を3勝しているマルターズアポジーで58キロ。次いで昨年のこのレースの勝ち馬ロジチャリス、新潟記念の勝ち馬アデイインザライフが57キロで続きます。牝馬のソルヴェイグは2年前に桜花賞トライアルのGⅡ・フィリーズレビュー、函館スプリントSを勝っています。いつのこと?という感じですが馬齢重量より0.5キロ重い55.5キロ。近況がパッとしなくても実績は見逃してくれませんね。

明け4歳のレッドアンシェルを狙いました。まだキャリア8戦。重賞勝ちはありませんが昨年、3歳初戦のアーリントンC(GⅢ、阪神1600m)で勝ち馬ペルシアンナイトには3馬身置かれましたが2着、GI・NHKマイルC(東京1600m)でもアエロリットの4着まで追い上げています。心強いのはそのあとの成長ぶり。秋、不良馬場の富士S(GⅢ、東京1600m)で先行してエアスピネルの4着に残り、次いでオープン特別のリゲルS(阪神1600m)で人気のサトノアーサーを抑えて1着。さらに年明けの京都金杯(GⅢ,1600m)ではブラックムーン、クルーガーに3/4、クビ差で続く3着。スタートが良くなり、自在性が増してきました。今回は初コースがカギですが、東京へ輸送してきた2戦は大丈夫だったし脚質的に中山コースは有利でしょう。

問題はマルターズアポジーです。2000mの福島記念、1800mの小倉大賞典、1600mの関屋記念を逃げ切っています。前走のGⅡ・中山記念(1800m)でもウインブライト、アエロリットにクビ、アタマ差の3着という接戦。このメンバーなら格上で、1600m戦も問題ありません。ただ、58キロがどうでしょう? 前走は56キロでした。関屋記念の時は57キロ。ところが58キロだった次の京成杯オータムH(GⅢ、中山1600m)ではあっさり差し込まれてグランシルクの4着に終わっています。追い切りの動きは休み明けだった前走時以上に良いですが・・・

単穴はグレーターロンドン。3歳の秋シーズン、故障から復帰すると500万下の下級条件から一気にオープン特別まで5連勝。58キロを背負う厳しいGI・安田記念でもサトノアラジン、ロゴタイプ、レッドファルクスにクビ、クビ、クビ差で続く4着に追い上げた逸材です。毎日王冠でリアルスティールの3着したあと少し勢いが止まった感じですが、前走の東京新聞杯の9着はフルゲートの大外⑯番枠からのスタートで掛かって先行したためです。まともならここで巻き返してもおかしくありません。

他にも展開次第で上位に食い込める馬が多い。好位から脚を伸ばすレースが板についてきたヒーズインラブ、復調気配のキャンベルジュニア、1年4カ月ぶりの長休明けを一度叩かれた大器アデイインザライフ、調教の動きが良いソルヴェイグが候補です。

【ダービー卿CT】(31日、中山11R)発走=15時45分

◎ 2 レッドアンシェル

〇13 マルターズアポジー

▲ 4 グレーターロンドン

△ 9 ヒーズインラブ

△ 3 キャンベルジュニア

△ 1 アデイインザライフ

△14 ソルヴェイグ

 

馬連 2→13、4、9、3、1、14

 

» コメントを書く

2018年03月24日

「高松宮記念&マーチS」

芝コースのGの開幕戦。25日の中京競馬場、1200mの高松宮記念(4歳以上、定量)は印が同じような馬に付くので一見、順当に収まりそうに思われます。ところが実態は、馬混に入ると怯む、足元に不安があって無事に走ってくれれば・・・とか展開、コース、馬場が・・・とか条件が付く馬が多いメンバーです。過信は避けたいです。

中心は実績を評価してレッドファルクスにしました。いろんな意味からスプリント戦にめっぽう強い馬であるのは確か。2勝目、3勝目がダートだったので当時はダート馬のような気がしていて、芝のGIでここまで活躍するとは思えませんでした。2年前の秋、スプリンターズS(GI、中山1200m)を勝った時は“フロック”ではないかと思ったほど。ところが昨秋、スプリンターズSを連覇。この高松宮記念は昨年、セイウンコウセイ、レッツゴードンキに続く3着でした。香港スプリントで大敗したあとのぶっつけ本番。レース内容は悪くなかったのですが・・・。今年は休み明けの阪急杯(GⅢ,阪神1400m)で小差の3着しての挑戦です。春秋のスプリントGI制覇が期待できます。

ファインニードルが急成長しているように感じられます。好走するときと脆さを見せるときのギャップが大きかったのですが・・・ここへのステップレース、シルクロードS(GⅢ、京都1200m)で逃げたセイウンコウセイを好位から差し切った内容が非常に良かった。余裕のある馬体であのレースができたのですから逆転候補。

単穴にはもう一度レーヌミノルを狙いました。前走のオーシャンS(GⅢ、中山1200m)は好位追走から6着に沈んでいますが、久しぶりの1200m戦で馬が戸惑ったかもしれません。それは前走のコメントにも書いたように織り込み済み。着差は1馬身と無かったので2度目で変わる可能性があります。本質的には短距離巧者のはずです。

他にもチャンスがありそうな馬が多い。脚部不安につきまとわれて思ったほど出世できないで8歳になりましたが、ダンスディレクターには嵌れば突き抜ける脚があります。レッツゴードンキも展開次第では終い伸びます。函館スプリントのレコード勝ちが忘れられないジューヌエコールに貴重な?最後の△。

【高松宮記念】(25日、中京11R)発走=15時40分

◎ 6 レッドファルクス

〇 9 ファインニードル

▲13 レーヌミノル

△ 1 セイウンコウセイ

△11 ダンスディレクター

△ 8 レッツゴードンキ

△15 ジューヌエコール

馬連 6→9、13、1、11、8、15

 

中山のマーチS(GⅢ、4歳以上オープン、ダート1800m)は明け4歳の新鋭、ハイランドピークを中心にしました。まだキャリア10戦(4勝2着3、3着1)で、昨年6月に函館で500万下を勝ち上がった馬です。そのあと1000万下で4着、2着でしたが、年が明けて一変。1月中山で2着に10馬身差をつけて逃げ切ると、前走の2月中山の1600下特別も5馬身差の楽勝でした(いずれも1800m戦)。いきなり重賞では・・・という気がしないでもありませんが、タイムも速かったので期待。

逆転があればエピカリス。こちらは3歳時、4連勝でヒヤシンス賞を制し、UAE(アラブ首長国連邦)ダービーで惜しい2着。さらに米国へ渡って三冠最後のベルモントSを狙うまで華々しい活躍でした。ところが同レースを脚部不安で取り消して帰国してから立ち直れないでいます。新潟のレパードS(3歳GⅢ,1800m)でよもやの3着、次いで11月京都のみやこS(GⅢ,1800m)、これは古馬との対戦でしたが8着に終わっています。追い切りの動きは悪く見えないのですが・・・ポテンシャルは高いです。

単穴は歴戦の6歳馬センチュリオン。鋭さはなくても離されないポジションレースができて、追われてからしぶとさがあります。ハイランドピークを離されないで追いかける馬が出ると展開の綾で浮上しそうです。

伏兵陣では前走の勝ちぶりが良かったアルタイル、折れ合い次第では差し脚が活きるロワジャルダン、先行勢では離れた2番手の時のディアデルレイ。

【マーチS】(25日、中山11R)発走=15時30分

◎13 ハイランドピーク

〇 9 エピカリス

▲ 8 センチュリオン

△12 アルタイル

△15 ロンドンタウン

△ 4 ロワジャルダン

△ 7 ディアデルレイ

馬連 13→9、8、12、15、4、7

» コメントを書く

2018年03月23日

「日経賞&毎日杯」

引き続いて中山競馬場ですが、今週から開催が替わって3回中山。最終日はクラシック三冠レースの第1戦、皐月賞が行われます。一時は雪でどうかと?思われたのですが・・・24日は2500mの日経賞(GⅡ、4歳以上、別定重量)が行われます。1着馬に天皇賞(春)の優先出走権がありますが、ここに12月に香港遠征してきたキセキとトーセンバジルが出走してきました。遠征の影響がどうか?気になるところです。比較的近いのと時差の影響も少ないのか両馬とも、ここに向けてかなり強めの追い切りをこなしています。

トーセンバジルを中心にしました。香港ヴァーズ(GI、2400m)ではハイランドリールの3着(0秒4差)と好走してきました。中間、かなり乗りこまれていて直前の追い切りの動きにも見た目、不安は感じられません。今年6歳も迎えましたが晩生のようで、昨春の阪神大賞典(GⅡ、3000m)でサトノダイヤモンド、シュヴァルグランに次いで3着。秋には京都大賞典(GⅡ、2400m)でスマートレイアーの1/2馬身差2着。3着シュヴァルグランにクビ差先着する健闘でした。本物になってきたように思われます。

キセキはどうだろう?香港ヴァーズでは2番人気に支持されたものの9着でした。昨年、最下級条件から一気にオープン入りし、三冠最後の菊花賞を勝つという偉業を成し遂げました。これも中間、速い追い切りを再三積んでいて動きの良さも光ります。ただ、先週のクリンチャー(菊花賞2着)が大方の期待外れ(3着)に終わったように、古馬との対戦は厳しいです。G1を勝ったので斤量も57キロになるので2番手にしました。

単穴にはゼーヴィントを狙ってみました。昨年の福島、7月の七夕賞(GⅢ、2000m)を勝って以来の出走。骨折で療養しての復帰戦なので心配は心配です。ただ、かなり慎重に調教を積んできたようで、思った以上に動きが良く見えます。素質を買っている馬で、いきなり走れるかもしれません。

ほかにも怖いタイプがいます。流れに乗って直線へ向けば鋭い脚を使うサクラアンプルール、先手を取ってマイペースなら粘りに粘るロードヴァンドール。あと、連下の抑えにショウナンバッハ、ソールインパクト。

【日経賞】(24日、中山11R)発走=15時45分

◎ 7 トーセンバジル

〇14 キセキ

▲ 9 ゼーヴィント

△11 サクラアンプルール

△ 4 ロードヴァンドール

△ 2 ショウナンバッハ

△15 ソールインパクト

馬連 7→14、9、11、4、2、15

 

阪神で行われる毎日杯(GⅢ、1800m)は3歳馬の重賞。すでに優先出走権が懸ったトライアルレースが終わって皐月賞のメンバーはかなり固まってきのですが、残るは収得賞金順による出走。ここで勝てばもちろん、2着でも賞金を上積みしておけば出走できる可能性が出てきます。能力がありそうな馬が揃ったので出走10頭でも首位争いは激戦です。

ブラストワンピースを狙いました。昨年の11月半ばに東京1800mの新馬戦勝ったあと体調が整うのを待ったのでしょう。2走目は今年2月4日、東京2400mのゆりかもめ賞(500万下)でした。中団の後ろからのケイバでしたが、直線では他の馬を押しのけるような内容で2着に4馬身差の圧勝。そしてここへ、関東から単騎、輸送のリスクを冒して参戦です。長距離輸送と初めての右回りがどう出るか分からないですが、ポテンシャルの高さは間違いないはずなので期待します。

ギベオンが強敵で、レース内容に安定感があります。デビューが遅くなって12月阪神第3週の1800m戦。2番手から抜け出しました。これも間を空けて2走目は2月東京のフリージア賞(500万下2000m)。初戦と違って後方グループからになったものの、直線で外にコースを取って追い出されるとしっかりと伸びて連勝しました。2戦とも2着との差は3/4馬身で派手さはありません。ただ、先々が楽しみになるレース内容でした。

単穴はシャルドネゴールド。前記両馬が2戦2勝なのに対して4戦2勝。しかも新潟の新馬戦(8月、1800m))で3着のあと、初勝利が9月小倉(未勝利、2000m)。3走目は12月中山の2000m戦、葉牡丹賞(500万下)。忙しい遠征です。その3走目は逃げたジェネラーレウーノにハナ差届かなかった2着。ただし、ポジションの綾で脚を余す内容でした。鬱憤はそのあとすぐに勝って返しています。レースキャリアが活きるかもしれません。

次いでと言うか、五分の評価に新馬→500万下を連勝したインディチャンプ。2戦が1400m、1600m戦でタイムも速くないです。ただ、勝ち方は鮮やかでした。あと、ちょっと右にもたれますが能力は感じるユーキャンスマイル、新馬2着のあと勝ち上がったアルムフォルツァが人気以上に好走するかもしれません。要注意です。

【毎日杯】(24日、阪神11R)発走=15時35分

◎ 1 ブラストワンピース

〇 5 ギベオン

▲ 4 シャルドネゴールド

△ 3 インディチャンプ

△ 7 ユーキャンスマイル

△10 アルムフォルツァ

馬連 1→5、4、3、7、10

» コメントを書く

2018年03月20日

「日本選手、快挙連発」

日本選手の快挙の報が続々と入ってきています。まずスピードスケートの高木美帆(23、日体大助手)がワールドカップ最終戦(18日=現地、ベラルーシ・ミンスク)の最終日、1500mで1位になって、この距離の今季種目別総合優勝と、全種目での今シーズン獲得得点で決める総合優勝を決めました。日本選手の総合優勝は男女通じて初めての快挙です。平昌の金、銀、銅の奮闘も見事でしたが、オランダの選手はじめ世界の強豪を抑えての個人総合ですから、すごい!

そして男子のノルディックスキー複合の渡部暁斗(29、北野建設)。18日、ドイツのクリンゲンタールで行われたW杯個人第20戦のノーマルヒル複合で優勝は逃したんですが3位。2試合を残して個人総合初優勝を決めています。これは1992年~93年シーズンから3連覇した「ミスタースキー」荻原健司選手以来、23季ぶり2人目の快挙なんですね。平昌五輪でも肋骨の骨折をおして出場してノーマルヒルでソチ五輪に続く銀メダルを獲得したんですが、個人総合優勝というのは念願のタイトルなんです。平昌からすぐW杯に転戦しましたから骨折はまだ治りきっていないんじゃないですかね、たぶん。前半の飛躍(ジャンプ)はともかく、後半の距離(10km)はこたえるはずです。そんな状態での達成です。

そして、テニスの大坂なおみ選手(20、日清食品)が、どえらいことをやりました。18日(日本時間19日)、米カリフォルニア・インディアンウェルズで行われたBNPパリバ・オープンのシングルス決勝で世界ランク19位のダリア・カサキナ(20、ロシア)を2-0(6-3、6-2)で破ってツアー大会を初制覇したんです。4大大会に次ぐ大会で優勝賞金は134万860USドルだそうですから1億4200万円ぐらい。大坂選手は世界ランク44位で、ノーシードだったんです。映像でこれまでも何試合か彼女の試合を見たことがありますが、体力があって(180cm)強いサーブを打ちますし、ショットにもパワーがある。間違いなく強くなると思っていました。1回戦でシャラポワ選手(ロシア)に勝ったので“ひょっとしたら・・・”と思ったんですが、ベスト8で現世界ランク5位のプリスコバ(チェコ)を破り、準決勝でランク1位のハレプ(ルーマニア)にも勝った。それがみんなストレート勝ちなんですよ。これって・・・マグレじゃないような気がします。

» コメントを書く

2018年03月17日

「阪神大賞典&スプリングS」

18日の日曜日は東西でGII・重賞が行われます。陽気も良くなって各地で桜の開花宣言が伝えられていますが、競馬カレンダーも次週から芝のGIレースが開始。今週はそのステップレースです。阪神大賞典(GⅡ、3000m)は1着馬に天皇賞(春)=GI、4月28日、京都3200m=の優先出走権が付いている古馬の前哨戦。人気を集めそうなのは明け4歳のクリンチャー。昨年の菊花賞2着馬で、今季初戦の京都記念も勝って鞍上には武豊騎手。万全のように見えますが・・・

レインボーラインを狙ってみます。差し脚の鋭さではこのメンバーで一番でしょう。昨年秋はGIの3戦に絞って出走。天皇賞(秋)はキタサンブラックの3着、ジャパンCはシュヴァルグランの6着、有馬記念はキタサンブラックの8着でした。首位争いには加われませんでしたので印象は薄いですが、天皇賞の3着は内心びっくりする好走でした。2年前の3歳時、札幌記念でネオリアリズム、モーリスに次ぐ3着まで追い上げて菊花賞(GI、京都3000m)ではサトノダイヤモンドの2着に追い上げました。ここは有馬記念以来の出走ですが、天皇賞(秋)がそうだったように休み明けは走るタイプです。今年5歳。まだ下降する年齢ではなく、ここであっ!と言わせてもおかしくありません。

もちろん、クリンチャーにケチをつけるつもりは毛頭ありません。皐月賞で好位から直線先頭に立った時、一瞬“ギャっ!”でした。◎にした牝馬のファンディーナにパドックで不安を感じて▲のアルアインを軸に馬券を買っていたのですが、この馬は当時⑬番人気(単勝76.7倍)で私もノーマーク。結果は4着でしたがそれ以来、この馬には注意しています。前記したように菊花賞でキセキの2着に好走し、前走は好位から抜け出してアルアイン以下を抑えました。追い切りの動きも良いです。

単穴はサトノクロニクル。長距離への適性が心配ですが、前半はスローになるはず。2週目の3コーナーあたりからペースが上がるレースなら対抗できるはずです。有馬記念以来でも乗り込まれていて速いタイムの追い切りも再三こなしています。次いで長距離実績あるアルバート。あと先行勢のカレンミロティック、ヤマカツライデンにも注意。

【阪神大賞典】(18日、阪神11R)発走=15時35分

◎ 7 レインボーライン

〇 8 クリンチャー

▲ 6 サトノクロニクル

△10 アルバート

△ 4 カレンミロティック

△11 ヤマカツライデン

馬連 7→8、6、10、4、11

 

中山のフジテレビ賞スプリングステークス(GⅡ、1800m)は弥生賞に次ぐ皐月賞トライアル。3着馬までに優先出走権があります。弥生賞より1ハロン短い距離がカギでしょう。ここでコースを経験させ、体調アップと距離にめどを立てて本番に進みたいメンバーの対戦です。

ルーカスに再注目します。世界を股にかけて活躍したモーリスの全弟。8月札幌でデビュー勝ちして話題になりました。ところが・・・帰厩初戦の東スポ杯2歳S(GⅢ,東京1800m)でワグネリアンにあっさり突き放されて2着、さらに暮れのホープフルS(2歳GI、中山2000m)でタイムフライヤーの6着に終わって影が薄くなりました。でも、2歳から3歳時は成長期。追い切りの動き、馬体を見ると緩さが解消してきているように思われます。素質が無ければデビュー戦のような勝ち方はできません。改めて期待しました。

ステルヴィオは4戦2勝、2着2回。6月早々、東京1600m戦でデビュー勝ちし、2走目は札幌開催に合わせて1800mのコスモス賞で連勝しました。秋はサウジアラビアRC(GⅢ、東京1600m)でダノンプレミアムの2着。朝日杯FS(GI、阪神1600m)も同馬の2着。ロードカナロア産駒でまだ距離への対応が過信できないのでここが試金石です。

単穴はゴーフォザサミット。2歳時に3戦。札幌1800m新馬戦で5着に終わったあと、中山1800m戦で勝ち上がり、東京2000mの500万下特別を2分00秒9の好タイムで連勝しました。前走の共同通信杯(GⅢ、東京1800m)はオウケンムーンの4着でしたが差し馬に不利な展開で、しかも休み明け。今回、変わる可能性は十分あります。

伏兵陣ではオルフェーブル産駒で中間好気配見せているエポカドーロ(3戦2勝)に特注。次いでダートで5戦(2勝)したあと初めての芝だった前走のすみれSで3着したビッグスモーキー。抑え候補にカフジバンガード、レノヴァール。

【スプリングS】(18日、11R)発走=15時45分

◎ 2 ルーカス

〇 8 ステルヴィオ

▲11 ゴーフォザサミット

△ 5 エポカドーロ

△ 7 ビッグスモーキー

△10 カフジバンガード

△ 4 レノヴァール

馬連 2→8、11、5、7、10、4

» コメントを書く

2018年03月16日

「フラワーC&ファルコンS」

今週は重賞レースが4つと盛りだくさん。17日の土曜日は中山で3歳牝馬のフラワーカップ(GⅢ、1800m)、中京競馬場では3歳オープンのファルコンステークス(GⅢ、1400m)が行われます。フラワーCは2勝馬が3頭、他の10頭が1勝馬というメンバー。勝てば中2周で少し強行軍ですが桜花賞への出走が有望になりますし、自重してオーク路線に絞る陣営も。いずれにしても見どころ十分のレースをしている馬がそろっているので首位争いは激戦になりそうです。

中心はトーセンブレスにしました。勝ち星は昨年9月中山の新馬戦の一つだけ。そのあと東京のアルテミスS(GⅢ、1600m)でラッキーライラックの6着に終わっています。ところが、そのあとGI・阪神ジュベナイルフィリーズに挑戦して4着に追い上げました。先着されたラッキーライラック、リリーノーブル、マウレアは今年の桜花賞の主力メンバーですから注目されます。今回は休み明けですが追い切りを積んでいますし、直前の動きが良いので仕上がりは大丈夫でしょう。ここは決めておきたいレースです。

強敵はロックディスタウン。8月に新潟で新馬勝ちしたあと札幌へ向かって2歳S(GⅢ、1800m)を制しました。3コーナーから6番手から追い上げて先行勢を捉える、なかなかの“強さ”でした。ところが、期待された阪神JFは9着。もっとも、枠順がフルゲートの最外枠18番・・・1番人気でこれはキツイです。調教師の引退で今回は転厩しての初戦なので2番手にしましたが、能力発揮なら逆転も十分です。

単穴はカンタービレ。12月の阪神デビュー(1600m)でハナ差2着のあと2走目(未勝利、京都1600m)もクビ2着。1月京都(1800m)でようやく初勝利を挙げた馬です。未勝利勝ちしたばかりで普通なら苦しいところですが、前走の内容が好位から抜けて2着に3馬身差の楽勝。重賞でも通用しそうなので特注です。

伏兵陣では新馬→500万下特別を連勝したノームコア、デビュー戦3着のあと1800mの未勝利戦と500万下一般戦を連勝したメサルティム。あと、3戦1勝、2着1、3着1回のノーブルカリナン、ダートで勝ったので軽視されそうな6戦1勝(2着2回)のインヴィジブルワンにも注意です。

【フラワーC】(17日、中山11R)発走=15時45分

◎ 9 トーセンブレス

〇 4 ロックディスタウン

▲10 カンタービレ

△ 3 ノームコア

△ 1 メサルティム

△ 5 ノーブルカリナン

△ 6 インヴィジブルワン

馬連 9→4、10、3、1、5、6

 

中京のファルコンSは一見、距離やクラシック路線から外れたメンバーの対戦なので格下の重賞のように思われますが、今年のメンバーはかなりレベルが高いと思います。ここも上位争いは接戦になりそうです。

ダノンスマッシュを中心にしました。ここまで4戦して2勝。注目のロードカナロア産駒で、昨年の新潟開催最終週(9月第1週)にデビューし、先行してアタマ差の惜敗でした。そのあと阪神で未勝利戦を順当に勝ち上がると10月京都のもみじS(オープン特別)も好位から抜け出して楽勝。この3戦がいずれも1400m戦でした。次いで朝日杯フューチュルティS(GI、阪神1600m)に挑戦。⑫番枠で出後れもあって後方グループからのケイバでしたが直線インを突いて5着まで伸びました。勝ったダノンプレミアムはそのあと弥生賞を勝ち、今や皐月賞の最有力候補。差があったのは仕方ありません。レース内容と追い切りの動きの良さを高く評価しています。

フロンティアは中京の1600mデビュー戦を逃げ切り勝ち。そのあと新潟2歳S(GⅢ、1600m)でも好位2~3番手から抜け出して後続を抑えました。一息入れて秋。11月京都のデイリー杯2歳S(GⅡ、1600m)で1番人気でジャンダルムの4着。巻き返しがあるかと思われた朝日杯FSは8着。ただ、スピードはあるのでこの距離なら巻き返すか。

単穴はテンクウ。これもヨハネスブルグ産駒らしい軽快なスピードがあります。昨年6月東京で早々と勝ち上がり、新潟3歳Sでも小差の3着。10月東京のサウジアラビアRCでは中団から差すレースをしてダノンプレミアムの4着に入線しました。3カ月後、1月中山第1週のジュニアC(OP特別、1600m)に出走して3番手から抜け出しました。今回の追い切りの動きはそれ以上で、目を引きます。

伏兵陣。アサクサゲンキは元気が良すぎて?折れ合いが心配ですが、鞍上(武豊)が上手くなだめて連対に食い込むかもしれません。もっと走ってよいはずと思うムスコローソ、4戦2勝2着2回のアンプロジオ、4戦3勝のタイセイプライドも侮れません。

【ファルコンS】(17日、中京11R)発走=15時25分

◎ 9 ダノンスマッシュ

〇 8 フロンティア

▲ 4 テンクウ

△ 7 アサクサゲンキ

△ 1 ムスコローソ

△11 アンプロジオ

△15 タイセイプライド

馬連 9→8、4、7、1、11、15

» コメントを書く

2018年03月13日

「五輪後もすごい!」

平昌オリンピックのメダリストたちがその後、大活躍をしています。まず、スピードスケートの世界選手権。これ、1936年から続いている歴史のある大会なんですが高木美帆選手(23)が見事、総合優勝を成し遂げました。2日間で500、1500、3000、5000mの4つの距離を走って総合チャンピオンを決めるもの。アムステルダム(蘭)で行われ、9日(現地時間)の初日、高木美帆選手は500mで1位、3000mで2位とリードして10日の2日目、1500mでオランダのエース、イレイン・ブスト(平昌の金メダリスト)を僅差で抑えて1位。最後の5000mではブスト選手に若干離されたものの4位に入り優勝総合。これまでオールラウンダーだった橋本聖子さんが2位になったことがあるんですが、日本人としては男女を通じて初めての総合チャンピオンの快挙でした。それも平昌の金メダリストを揃えていたスピードスケートの王国、オランダ勢を抑えてですからすごい。平昌でも金、銀、銅の獅子奮迅の活躍ですらが、そのあとも・・・強かったですね~

それからノルディック複合で銀メダル(ノーマルヒル)になった渡部暁斗選手(29)。W杯16戦目で見事6勝目を挙げています。ジャンプで129mを飛んで2位だったんですが、28秒ぐらい遅れでスタートした後半のクロスカントリーで5キロあたり先頭に立って押し切りました。残り少なくなってきましたので総合優勝に手が届くところまで来ています。

それからスノーボード・ハーフパイプで惜しい銀メダルだった平野歩夢(19)くんが、スノーボードで最も大きな大会のUSオープン(米・コロラド州ベイル)で初優勝しています。昨年、この大会で大ケガをして再起も危ぶまれたほどだった。それを克服しての初優勝ですから、技術もそうですが精神力もすごいですね。2位も片山くん(来夢、22)で、日本人選手のワンツーでした。

スポーツで日本の選手が世界を相手に活躍してくれると、元気が出てきますよね。

» コメントを書く

2018年03月10日

「金鯱賞&フィリーズレビュー」

11日(日)は関東の重賞がありませんが中、中京競馬場で4歳以上の金鯱賞(GⅡ、2000m)、阪神では3歳牝馬の桜花賞ロライアル・フィリーズレビュー(GⅡ、1400m)が行われます。金鯱賞には1着馬に大阪杯の優先出走権がありますが、今年は古馬一線級の対戦になりました。サトノダイヤモンドと4歳の雄スワーヴリチャード、どちらが春季GIの主役候補になるか?見逃せません。

スワーヴリチャードが良さそうです。右回りの中山内回りコースに不安があるのを承知で有馬記念で◎に抜擢したほど素質を買っています。結果は4着。キタサンブラックが人気に応え、2着に好位追走から伸びたクイーンズリング。少し前の位置から追い上げたシュヴァルグランにもクビ差及びませんでした。でも悲観する内容ではなかったと思います。今季初戦のここに向けて、かなりハードな追い切りを積んでいます。中京はクセのあるコースですが、左回りで直線が長いので大丈夫でしょう。

サトノダイヤモンドはクラシック3冠、そのあと古馬との対戦でも◎にし続けた馬。ただ、今回は分かりません。当時と馬の造り、動きに違和感を覚えます。昨年後半、凱旋門賞めざしてフランスへ遠征。長く滞在していたのですが何があったのでしょう?本番が簡単でないのは分かりますが、前哨戦に選んだフォワ賞が重馬場とはいえパッとしなかった(6頭立て4着)。立ち直ってもらいたい気持ちで対抗馬にしましたが・・・

単穴にはブレスジャーニーを狙いました。2歳時は強いレースをしていて、新馬戦3着のあと未勝利、サウジアラビアRC(GⅢ)、そして東スポ杯2歳S(GⅢ)は前記したスワーヴリチャードを抑えて3連勝。故障で1年、棒に振ったのが惜しまれます。復帰戦がいきなり菊花賞で、12着はやむなし。2走目のチャレンジCでサトノクロニクルの3着と復活の兆しは見せています。有馬記念(12着)のあと順調そうなので注目します。,

ヤマカツエースも圏内。3月に行われていた一昨年と番組編成替えになった昨年のこのレースを連勝しているように中京コースは得意。ここへ向けてびっしり追われてきています。抑え候補にサトノノブレス、デニムアンドルビー。

【金鯱賞】(11日、中京11R)発走=15時25分

◎ 9 スワーヴリチャード

〇 5 サトノダイヤモンド

▲ 3 ブレスジャーニー

△ 1 ヤマカツエース

△ 4 サトノノブレス

△ 7 デニムアンドルビー

馬連 9→5、3、1、4、7

 

阪神のフィリーズレビューは3着までに桜花賞の優先出走権があります。先週のチューリップ賞がグループⅠとすればここはⅡ群というところでしょう。チャンスを求めて除外馬が出る18頭(フルゲート)になりました。

もっとも魅力を感じるのはモルトアレグロです。着順やタイムなど数字に表れていない能力を感じて阪神ジュベナイルフィリーズ(GI、1600m)で△の1頭にピックアップしていました。上位3頭(ラッキーライラック、リリーノーブル、マウレア)からは置かれたものの5着まで追い上げた内容は見どころ十分。そのあと1月京都の紅梅S(牝馬オープン特別、1400m)を3番手から抜け出して3勝目を挙げました。追い切りの動きも光るので、西への長距離輸送さえこなせば勝負になるはずです。

アマルフィコーストは昨年、6月阪神で早々と新馬(1400m)勝ち。逃げ切りだったが、続く中京2歳S(OP特別、1600m)は5番手から直線伸びて差し切っています。続いて京都1400mのGⅢ、ファンタジーSに挑戦。直線伸び負けて3着だったものの勝ったのが大外から直線一気のベルーガ。逃げて2着だったコーディエライトとは写真判定(ハナ差)でした。休み明けになりますが逆に成長が楽しみです。

単穴はアンコールプリュ。デビューが12月の阪神(1600m)で、好位から差し切り勝ち。続いて1月中京のつわぶき賞(500万下、1400m)では出遅れて後方になりながら追い込みを決めました。420キロ台と小柄でも決め手の鋭さが魅力です。

コーディエライトは③①で勝ち上がったあと新潟2歳S(GⅢ、1600m)で2着、ファンタジーS(GⅢ、1400m)でも2着。阪神JFは13着に終わっていますが、先頭に立てば粘り腰があるので要注意。あと、3戦2勝のオルフェーヴルの妹デルニエオール、4戦3勝のアンヴァル、1400mで3戦2勝のアルモニカ。

【フィリーズレビュー】(11日、阪神11R)発走=15時35分

◎ 7 モルトアレグロ

〇 6 アマルフィコースト

▲ 9 アンコールプリュ

△15 コーディエライト

△ 2 デルニエオール

△ 1 アンヴァル

△14 アルモニカ

馬連 7→6、9、15、2、1、14

» コメントを書く