「フローラS&マイラーズC」

2018年04月21日

「フローラS&マイラーズC」

天気が良くて、開催替わりになった東京、京都の芝のコンデションも良好。こうなると元気が出てきます。皐月賞は散々でした。22日の日曜日、東京競馬場ではオークストライアルのサンケイスポーツ賞フローラステークス(GⅡ、3歳牝馬、2000m)が行われます。2着までオークスに出走できます。2勝馬が6頭、他の10頭は1勝馬というメンバーですが、能力の高そうな馬が揃いました。激戦必至です。

レッドベルローズを狙いました(人気になりそうですが)。昨年の11月、東京1600m戦でデビュー。スタートで後手になりながら直線で長く脚を使ってゴール寸前、差し切ってハナ差の勝負をものにしました。2走目は1月中山のフェアリーS(GⅢ、1600m)。それでなくても不利な外枠スタートで後方になり、道中掛かるレース。それでも3コーナーから追い上げて3着まで伸びて来ました。3走目のクイーンC(GⅢ、東京1600m)の10着は、これからという直線で斜行した内側の馬とぶつかる不利があってレースをしていません。そして4走目の前走(500万下、ミモザ賞、中山2000m)好位から抜け出して勝ちました。これからの真価発揮を期待します。

サトノワルキューレの能力も高いです。こちらも同じ日の11月18日、京都1800m戦でデビュー勝ちしていますが、これも2着とは接戦のクビ差。そして2走目は2400mの500万下・梅花賞。3着でしたが、この馬もゴール前で相手騎手が騎乗停止になるほどの斜行に遭っています。そのあと同じ2400mのゆきやなぎ賞で勝ち直したのですが、差し切った相手が前走で斜行された馬でした。それはともかく、明らかにオークスを目標にして牡馬相手に勝って来るのですから底力があります。強敵です。

単穴はサラキアにしました。今年1月のデビュー(中京1600m)で、勝ったあと桜花賞トライアルのチューリップ賞(GⅡ、阪神1600m)に出走。4着と一歩足りなかったものの相手は桜花賞の主力組でした。1着ラッキーライラック、2着マウレア、3着リリーノーブル・・・1戦しただけで後方から追い上げて来たのですから大健闘でしょう。ネックはスタートで2戦とも後れていることと1600mしか経験していないこと。ですが・・・改善される可能性があります。追い切りの動きも良いので怖い1頭です。

他にも見どころのあるレースをしている馬が複数います。オハナは410キロそこそこの馬体ですが、レースでは追い出されると根性むき出しの感じで伸びます。調子も前走時以上でしょう。あと、1勝馬でも2000m戦(小倉)を2分00秒7で勝っているオスカールビー、2歳時に2勝して復帰戦のフラワーCで3着したノームコア、新馬勝ちしたばかりでもレースぶりが良かったカーサデルシエロにも△

【フローラS】(22日、東京11R)発走=15期45分

◎12 レッドベルローズ

〇 4 サトノワルキューレ

▲ 1 サラキア

△10 オハナ

△ 2 オスカールビー

△16 ノームコア

△11 カーサデルシエロ

馬連 12→4、1、10、2,16、11

 

京都の読売マイラーズカップ(GⅡ、4歳以上、1600m)は1着馬に春季のマイルのGI,安田記念の優先出走権があるレース。1600m戦に実績がある馬(エアスピネルほか)、1400m戦に実績を残してきた馬(モズアスコット、サングレーザーなど)が混在しているメンバーです。たかが1ハロン(200m)の違いでも、これが得手不得手があって予断が難しい。

中心はモズアスコットにしました。昨年の6月にデビューした新鋭(4歳)。8戦4勝で、内訳は1600mで2勝、1400mで2勝ですが・・・クラスが上がってからの前4戦は1400m戦です。デビュー戦(未勝利戦)の2000m(4着)、2走目の1800m戦(4着)から1600m戦にして連勝して、そのあとが1400m。それから考えると1600mに少し不安を感じます。ただ、日本には1400m戦にGIレースはありません。父フランケルが初めは短距離で実績を挙げ、後に距離をこなすようになったそうで、この馬も・・・と期待したくなります。それなら狙いはここからでしょう。

エアスピネルはその点、問題はありません。2歳王者決定戦の朝日杯FS(GI、阪神1600m)でリオンディーズの2着。そのあと2000mの弥生賞でマカヒキの3着、皐月賞で4着。さらにダービーで“3強”に次ぐ4着。菊花賞でも3着と好走しました。ただ、勝った4勝はすべて1600m戦なんです。とくに前走のマイルチャンピオンシップ(GI。京都1600m)は惜しかった。ペルシアンナイトにハナ差負け(2着)ですからね。休み明けなので2番手にしましたが逆転候補です。

単穴はロジクライ。1度だけ1800m戦に出走していますが(福島、2着)、あとはすべて1600m戦と徹底しています。3歳時に故障で1年近く戦列を離れたのですが、ようやくしっかりしてきたようです。2月東京で準オープンを勝ち上がると前走のオープン特別も連勝。バンとすれば重賞戦線でもやれる器です。

【マイラーズC】(22日、京都11R)発走=15時35分

◎ 9 モズアスコット

〇 4 エアスピネル

▲ 8 ロジクライ

△ 7 ダッシングブレイズ

△ 5 サングレーザー

△14 グァンチャーレ

△ 1 ヤングマンパワー

馬連 9→4、8、7、5、14、1

» コメントを書く