「NHKマイルC&新潟大賞典」

2018年05月05日

「NHKマイルC&新潟大賞典」

 

3歳馬のマイル王者決定戦、NHKマイルカップ(GI、東京1600m)が大型連休の最終日、6日に東京競馬場で行われます。このレースの格が不動のものになったように感じます。ダービーへ出ようと思えば出られるのに、ここへ向かう馬が何頭もいます。当然、レベルが高くなって激戦必至。予想で気になるのは牡馬に挟まれて4頭出走している牝馬です。「牝馬じゃ・・・」という時代が長かったのに、昨年はついに1、2着が牝馬という結果になりました。私的には牡馬の57キロに対して2キロ軽い55キロがスピード発揮につながっていると思いますが、今年も要注意です。

◎はタワーオブロンドン。520キロ前後の大型馬なので軽快なスピード感はないですが、パワー兼備で豪快に伸びるレースをします。ここまで①②①①③①着。2走目のクローバー賞で土が付いた時は負けたことに驚きました。2度目の敗戦(朝日杯FS、3着)は弥生賞まで4戦4勝の快進撃だったダノンプレミアムが相手。私もプレミアムの方に◎だったので仕方ありません。前走のアーリントンC(GⅢ,阪神1600m)は休み明けだったものの、じっくり乗り込まれてきていて初めて馬体重が510キロまで絞れていました。今回の追い切りの動きにも余裕があって、さらに前進という感じです。

強敵はカツジ。5着に終わった2走前のきさらぎ賞GⅢ、京都1800m)の時は休み明けで馬体重が大幅に増えていました。前走のニュージーランドT(GⅢ,中山1600m)では輸送もあって馬体が絞れ、本来の鋭い脚で追い上げてケイアイノーテック以下を抑えています。マイラーとしての素質十分。軌道に乗ったところなので逆転も望めます。

単穴は牝馬のプリモシーン。桜花賞でもその鋭い差し脚に魅力を感じて▲に抜擢していました。ところが・・・西への輸送をなんとかクリアしたかと思ってスタートを注視していたら、なんと痛恨の出遅れ。1頭、最後方に置かれてしまいました。これではアーモンドアイ(1着)のようなわけにはいかず10着。ただ、直線で馬群の後ろになって行き場所がなかった。今回、スタートを決めて好位グループなら抜け出す脚はあると思います。牡馬勢が初めての57キロなので特注です。

ケイアイノーテックもこのくらいの距離ならスピード的に上位争い可能。前半無理しなくても差し脚勝負ができる自在性があります。あと、マイル戦が初めてですが潜在能力を感じるギベオン、ダートで4戦(2勝、2着2回)して初芝だった前走のファルコンS(GⅢ,中京1400m)を勝ったミスターメロディ、1勝馬でもアーリントンCでタワーオブロンドンの3着まで伸びた脚色が良かったレッドヴェイロンをマーク。

【NHKマイルC】(6日、東京11R)発走=15時40分

◎ 7 タワーオブロンドン

〇 1 カツジ

▲ 5 プリモシーン

△11 ケイアイノーテック

△ 9 ギベオン

△16 ミスターメロディ

△17 レッドヴェイロン

連複 7→1、5、11、9、16、17

 

先週から始まった春の新潟開催。6日に4歳以上、2000mのハンデキャップ重賞(GⅢ)、新潟大賞典が行われます。ここはハンデ頭、58キロのステファノスの評価がカギになるでしょう。昨年12月に香港へ遠征して香港カップ(国際GI、2000m)で4着。それ以来の出走で、昨年の遠視帰り初戦の金鯱賞は6着に終わっています。加えて今年7歳・・・不安材料が重なります。

それでもステファノスに◎。このメンバーでは能力が違う。2勝馬で出走した(できた)皐月賞でイスラボニータの5着(⑮番人気)。今さら言うまでないでしょうが、重賞勝ちはひとつでも(3歳秋、富士S)秋の天皇賞で3年前にラブリーデイの2着、一昨年はモーリスの3着。昨年はキタサンブラックの10着でしたが、これは不良馬場が原因です。春季の大阪杯(GI、2000m)ではキタサンブラックの2着に追い上げています。状態を見ながら臨戦態勢に入り、最終追い切りの動きがかなり良くなっています。贔屓にしていた1頭なので初戦から期待します。

強敵はトリオンフ。3歳後半の昨秋からめきめき良くなってきました。11月に1000万下を勝ち上がると1600万下(いずれも2000m)を連勝。そればかりか1800mの小倉大賞典(GⅢ)も制覇しました。前走はGI・大阪杯に挑戦。スワーヴリチャードの8着でしたが、積極的なレースでした。仕方ないでしょう。ここなら逆転候補。

単穴はステイインシアトル。故障がちでの馬で、3歳時は2戦(1勝)しかしていません。年半余のブランクの後、4歳の12月に復帰して1戦(2着)。そして5歳春季に2勝。この年も春季後半からまた半年近く戦列を離れて4戦しかしていません。でも、復帰すると必ず走り、昨年は鳴尾記念でスマートレイアーを抑えて勝ちました。今回も夏負けに捻挫もからんで昨年7月の函館記念(15着)以来ですが、いきなり走るので要注意です。

次いでGⅢなら大崩れ少ないスズカデヴィアス、休み明けの福島民報杯で2着したマイスタイル。抑え候補に55キロのハクサンルドルフ、54キロのトーセンマタコイヤ。

【新潟大賞典】(6日。新潟11R)発走=15時20分

◎13 ステファノス

〇10 トリオンフ

▲14 ステイインシアトル

△ 1 スズカデヴィアス

△12 マイスタイル

△ 8 ハクサンルドルフ

△ 5 トーセンマタコイヤ

馬連 13→10、14、1、12、8、5

» コメントを書く