「平安S」

2018年05月18日

「平安S」

オークス(正式名=優駿牝馬)の馬・枠番は木曜日の午後に決まって前売りも行われていますが、桜花賞を直線だけでゴボー抜きしたアーモンドアイの断然人気は間違いないようですね。予定の予想(順位)はすでに列挙しているのですが・・・私は別の馬を◎にしています。それは明日の小欄でということにして、19日の重賞は地味な?ダートのGⅢ、平安ステークス(4歳以上、京都ダ1900m、別定重量)。中央のダートの重賞は距離やコースなど出走馬にとっては適鞍が少なく、地方競馬との交流重賞に出走してここへ向かっているが多いです。比較しにくいところがあって、人気薄の馬が連下あるいは3着に食い込んで高配当になるので要注意です。

首位候補の筆頭はグレイトパール。昨年もこの重賞で◎にしましたたが、この馬のダートの適性は想像以上。一昨年、芝でデビュー勝ちしてそのあとの2戦が凡退に終わるとすかさずダートに切り替えた馬ですが、その関係者の慧眼に驚きます。500万下から4連勝。一気にオープン入りして臨んだ昨年、2着のクリソライトに4馬身差の圧勝でした。さらに、その後。骨折で長休して11カ月ぶりの出走だった前走のアンタレスS(GⅢ,阪神ダ1800m)も休養前と同じく3コーナー手前からの捲りを決めたのです。そのあと不安は感じられず、順調に追い切りをこなしてきて直前の動きもパワフル。連覇濃厚です。

テイエムジンソクは2月の前期のGI、フェブラリーS(東京、ダ1600m)で2番人気で12着に終わりました。当時、「人気の一角と思われるテイエムジンソクはマイペースに持ち込めない時にどうか?1600mで早めに追撃があると苦しいかもしれない」と△に評価に下げたのですが、指摘どおりの苦戦でした。ただ、ペースが落ち着くレースでは別。休み明けでも直前の追い切りの動きがぐんと良くなっています。別定重量の58キロで嫌われるようなら逆に狙ってみる手か。

単穴は4歳牝馬のクイーンマンボ。これも昨春、芝のデビュー戦で14着(4番人気)に終わるとすぐ、ダートに切り替えた馬です。ダートで連勝して重賞戦線へ。兵庫C3着の後、川崎の関東オークスを勝つなど健闘を続けています。好位に付けるスピードがあるし、追い切りの動きも絶好。55キロなので中央場所でも面白いと思います。

ほかの伏兵陣では大敗後(アンタレスS14着)でも嵌れば後方一気があるナムラアラシ、同じく前走(ブリリアントS)で1番人気で出遅れて14着だったサンライズソア。あとマーチS(GⅢ、中山1800m)でセンチュリオンとハナ差の勝負(2着)、前走のアンタレスSでも3着まで追い上げたクインズサターン、復調してきたミツバをマークしました。

【平安S】(19日、京都11R)発走=15時35分

◎ 6 グレイトパール

〇 5 テイエムジンソク

▲14 クイーンマンボ

△13 ナムラアラシ

△ 9 サンライズソア

△10 クインズサターン

△ 1 ミツバ

連複 6→5、14、13、9、10、1

» コメントを書く