「CBC賞&ラジオNIKKEI賞」

2018年06月30日

「CBC賞&ラジオNIKKEI賞」

今週から先行開催の函館に続いて福島、中京でも「夏競馬」に突入。中京開幕週の重賞は恒例の1200mのCBC賞(GⅢ)で、JRAの夏季企画「サマースプリントシリーズ」の第2戦です。フルゲート18頭の激戦で、負担重量はハンデ。背負い頭はスノードラゴンの58キロ。10歳になりましたが春・秋のスプリントGIを勝った実績から仕方がない?中京コースは3~4コーナーのカーブがきつい反面、直線は長い。ハンデと展開次第で差し・追い込み勢にもチャンスがあるでしょう。

アサクサゲンキを狙いました。前走の3歳の新設重賞、葵ステークス(京都1200m)で1番人気でゴールドクイーンの5着に終わりました。予測していなかったのがスタートで後方からのケイバになったこと。それでも直線、後方から馬群の縫うように追い上げて勝ち馬から1馬身半差まで迫りました。今回は古馬が相手ですが、ハンデは53キロ。前走時は57キロでした。古馬の有力どころより3キロほど軽いので勝負になるとみました。

怖いのはダイメイフジ。4歳馬でここまで17戦して5勝ですが、強いというイメージがありません。2歳11月のデビューで新馬2着のあと2走目に勝ち上がっていますが、そのあと3歳になってなかなか勝てず、ようやく2勝目(500万下)を挙げたのが12月です。ただ、2着は多かった。こういう馬が軌道に乗ると一変するケースがあります。1000万下を連勝して迎えた今年の春季。準オープン(1600万下)を11着のあと②①で勝ち上がると、3月中山のオーシャンS(GⅢ、1200m)でキングハート、ナックビーナスに小差の3着まで追い上げて来ました。ここで“びっくり”でした。そして前走の安土城S(京都1400m)。追い比べでモズアスコット(そのあと安田記念を制覇)を抑えて勝ったんです。千四から今度は1200mなので2番手にしましたが今の勢いなら逆転も十分でしょう。

単穴はアクティブミノル。デビュー当時から目をつけていた馬で、新馬勝ちのあと連闘で出走した函館2歳S(1着)で◎、3歳初戦の中京1200mのファルコンS(2着)、その秋は古馬との混合のGⅡ・セントウルS(10番人気、1着)の高配当など思い出が詰まっています。気性難によるスタートの出遅れがひどくなって大成しませんでしたが時々大駆けがあります。昨年のこのレースは3着。不振続きですが追い切りの動きから今回はあるかもしれません。

次いでアレスバローズ。これも気性難のせいかまっすぐ走らないところがありますが、能力は秘めています。あと、千二向きのスピードがあるペイシャフェリシタと、追い切り好走(ダイメイフジを突き放す)のダイメイプリンセス、函館スプリントSが不本意なレースだったワンスインナムーンに注意。

【CBC賞】(7月1日、中京11R)発走=15時35分

◎18 アサクサゲンキ

〇12 ダイメイフジ

▲ 6 アクティブミノル

△ 8 アレスバローズ

△16 ペイシャフェリシタ

△ 7 ダイメイプリンセス

△15 ワンスインナムーン

連複 18→12、6、8、16、7、15

 

福島では3歳馬のハンデキャップ重賞、ラジオNIKKEI賞(GⅢ、1800m)が行われます。これは見逃せません。出走は13頭ですが、この秋、現トップクラスを脅かす成長を見せるかもしれないと思うほどポテンシャルを感じる馬が複数出走しています(西からも5頭が参戦)。ハンデは一番重い馬((ケイティクレバー)で56キロですから大きくは堪えませんが、馬齢重量より軽い馬との2キロ3キロのハンデ差が問題です。

◎はフィエールマンにしました。2戦2勝ですが、まだ欠点があります。ゲート内でチャカついて駐立不良。1月末の東京のデビュー戦(1800m)を1分51秒3、2走目の4月中山の山藤賞(500万下、1800m)を1分48秒1)で勝ちましたが2戦ともスタートで出遅れています。レベルの高いレースになると致命傷になります。走り出してからのフォームに問題はなく、初戦から2走目にはパフォーマンスがグンと良くなっています。54キロのハンデとスタートの矯正にも期待しました。

〇のイェッツトはここまで4戦。昨年12月の中山1800m戦でデビュー勝ちして、1月の京成杯(GⅢ、中山1800m)でジェネラーレウーノ(皐月賞3着馬)の3着。次いで500万下のゆりかもめ賞は2400mが長かったか7着でしたが、一息入れたあと5月東京のプリンシパルS(OP、2000m)はコズミックフォース(ダービー3着)と接戦の3着。長く脚を使ってしぶとく差して来るというイメージです。福島コースがどうか?ですが2番手。

穴馬にはグレンガリーを狙いました。今年1月の中山1800mで3着のあと福島で勝ち上がり、東京2000mのホンコンジョッキークラブT(500万下)を連勝。3戦をみるとハービンジャー産駒らしく自在性があって失速せず伸びる脚に魅力を感じます。

他にも五分、あるいはそれ以上かも・・・という馬がいます。キューグレーダーは12月中山の1600m新馬戦で2着のあと3月中山の1800m戦で勝ち上がり、4月東京の500万下(1600m)はクビ負けでしたが次戦の500万下(東京1400m)は追い込み勝ち。今回、追い切りの動きも良いです。

栗東トレセンからの長距離輸送があるので関西勢が後回しになりました。トップハンデになったように実績一番のケイティクレバー、2勝目の前走が好タイムの逃げ切りだったメイショウテッコンが要注意。あと休み明けでも共同通信杯(GⅢ、東京1800m)3着のエイムアンドエンドを追加。

【ラジオNIKKEI賞】(7月1日、福島11R)発走=15時45分

◎ 6 フィエールマン

〇10 イェッツト

▲13 グレンガリー

△ 5 ケイティクレバー

△ 3 キューグレーダー

△ 2 メイショウテッコン

△ 8 エイムアンドエンド

連複 6→10、13、5、2、8

» コメントを書く

2018年06月27日

「行くぞ、日本!決勝T]

今はいろんなスポーツでワールドカップの呼称の大会が行われていますが、世界のスポーツ界で単に「ワールドカップ」(W杯)と言えば、いま佳境にあるサッカーのことなんです。その裾野は広いです。なんと言っても貧しくてお金が無くてもできるのが大きい。ボール一つあれば子供たちがちょっとした空地、広場、路上でもできますからね。そこから這い上がってプロとして世界で活躍している選手も珍しくない。そんな中から国の代表に選ばれて出場している彼らは母国の戦士。Wカップは武器を持たない「戦争」なんですね。

そんな中、日本、頑張っていますね~。W杯ロシア大会のグループリーグH組(ABC・・・Hの8ブロック)で、第2節(2戦)を終わって今のところ日本(FIFAランク61位)、セネガル(同27位)、コロンビア(同16位、ポーランド(同8位)の順位なんですけど、これって・・・戦前の大方の予想とは真逆じゃないですか。世界的にみても日本がこんなにやれるなんて思ってもいなかったみたいで、驚きと賞賛の報道も各国から入ってきています。

24日の第2戦。時差で日本時間は25日未明の試合だったんですが、相手のセネガルはFIFAランクは27位でもH組では最強ではないかと言うサッカー関係者が多かった。とにかく速い、大きい、強い。その身体能力の差は脅威でした。第1戦のコロンビア戦の時は「みんな負けると思っているんだろうけど、勝ちますよ」と言っていた私も、これは難敵と思いました。ただ、“なんとか堪えて後半まで頑張って!そしたら後半の後半になるにつれて相手のスピードが鈍るから、そこで反撃”と希望をつないでいたんです。陸上の100mの選手なみのスピードで走るそうですが、前半も後半も最後まで筋肉がもつなんてあり得ないと思ったからです。

試合開始早々、GK川島のパンチングが目の前の相手エースのマネの足元に入って失点(11分)。スピードに勝るセネガルの攻撃にやはり苦しめられました。それでもMF芝崎のロングパスを受けたにDF長友が左サイドを駆け上がって相手を交わし、ペナルティエリア左にいた乾へ。それを乾が右隅へ素晴らしいシュートを決めました(34分)。

同点で迎えた後半、またリードを許します(26分、ムサ・ワゲ)。日本の惜しいシュートもあったんですがね~。ここで西野監督が動きます。香川に替えて本田(27分)、そして右サイドの原口に替えて岡崎も投入(30分)。第1戦のように(本田の勝ち越しゴール)いかないかな~と期待していたら乾から左クロスが巧く本田に届いてこれを蹴り込みました(後半33分、2-2)。思わず絶叫しましたね。ディフェンス陣の頑張りでなんとか失点を防ぎましたが、それにしてもサディス・マネは聞きしに勝るスピードでした。勝てそうな時間帯もあったんですが、結局2対2の同点で終了のホイッスル。

この勝ち点「1」(引き分け)は大きいですよ。日本は最後の第3戦で勝つか引き分けで決勝トーナメント(各組の1,2位)進出が決まります。その対ポーランド戦はあす28日、日本時間で23時、キックオフ。フジテレビ(系列局)でライブ中継されます。

» コメントを書く

2018年06月23日

「宝塚記念」

24日の東京、阪神の最終日で今年のJRAの春季開催が終わって東西ともローカル競馬場での夏競馬になります。前半を締めくくるラストGIが宝塚記念。舞台は阪神の2200m(内回り)で、3歳馬の出走はなく、定量は牡馬58キロ、牝馬56キロ(ヴィブロス、スマートレイアー)。これだけでもあれこれ考えるところですが、加えて馬場状態。土曜日の阪神は良馬場スタートでしたが、正午ごろの「強雨」で午後は芝コースが稍重、そして後半は重馬場になってしまいました。波乱を呼ぶかもしれません。

それでも◎はサトノダイヤモンド。このメンバーで58キロの定量戦なら能力、実績が抜けています。問題は昨年の凱旋門賞(15着)への遠征で崩した体調がどこまで戻るか?ですが、強めの追い切りだった1週前の動きは“ようやく復調してきたか”という感じでした。直前の追い切り(20日)ではそれほど良さを見せていませんが、これでちょうど良くなるのでは・・・。あと、道悪が心配ですが当日は「曇のち晴」の予報。稍重ぐらいに回復するのではないかと思います。これは神頼みに近い(?)ですが、不安を感じた遠征帰りの2戦(金鯱賞3着、大阪杯7着)のようなことはないでしょう。

ヴィブロスは直前のケイコは軽い馬なりに徹したので追い切りらしいタイムになっていません。ただし、この馬も1週前に追い切られています。タイム、動きともにすごく良く見えました。3月のドバイワールドカップデーに参戦してドバイターフ(GI、1800m)で2着して来ましたが、遠征疲れは全く無いようです。牡馬が58キロでそれほど切れる脚を使えない不安があります。牝馬の56キロも楽ではないですが、今のデキなら直線で持ち前の速い脚に火が付くかもしれません。逆転候補。

単穴にはパフォーマプロミスを抜擢。6歳馬で実績ではかなり見劣りがします。ただ、これまで未完だっただけで、高い潜在能力を感じます。今が急成長の時でしょう。54キロのハンデだったとはいえオープン入り初戦の1月の日経新春杯(GⅡ、京都2400m)を勝ちましたし、前走の目黒記念(GⅡ,東京2500m)も3着。ゴール前で一息伸び切れなかったのは休み明けだったからです。今回の追い切りの動き、タイムが目を引きます。阪神2200mは3~4コーナーが内回り。好位で流れに乗れるタイプなのも魅力です。

次いで4歳のキセキ。昨秋、不良馬場の菊花賞を勝ちましたが力馬タイプではなく、本来は鋭い差し脚で勝負する馬。カギは人馬の折れ合いで、前走の日経賞(GⅡ、中山2500m、9着)は掛かって先行してしまいました。折れ合えれば大きく変わります。

他では調子一息に見えますが道悪は巧者のサトノクラウン、クセ馬でも底力あるミッキーロケット、休養明けの新潟大賞典で11着に終わったあとでも58キロと距離は心配ないステファノスに要注意。

【宝塚記念】(6月24日、阪神11R)発走=15時40分

◎ 3 サトノダイヤモンド

〇10 ヴィブロス

▲ 7 パフォーマプロミス

△16 キセキ

△ 9 サトノクラウン

△ 4 ミッキーロケット

△ 1 ステファノス

連複 3→10、7、16、9、4、1

» コメントを書く

2018年06月20日

「日本、W杯歴史的勝利」

日本がコロンビアに勝ちました!

実はですね。昨日(19日)、番組(とくダネ!)が終わって、番組ではいつも反省会と次の日の予定を話し合うんですが、私は普段は何も言わないことが多いんです。ところが昨日に限って言ったんです。「みんな、日本が負けると思っているけど、日本、勝つよ」と。だから「渋谷とかに行って撮影しておいたほうがいいよ。そこから一気にワールドカップ(W杯)は盛り上がるから」と。そう言った時にスタッフの私を見るあの蔑(さげす)んだ眼、冷たい眼。(スタジオ、爆笑)

でも今回、コロンビアに勝って「奇跡」だって言っていますけど、僕は「奇跡」だとは言えないと思いますよ。フォワード(FW)に起用された大迫のシュートのこぼれ球を、よく見ていて香川がすかさずシュートを打った。大迫のシュートを防いだ相手ゴールキーパーは間に合わないし、香川の打ったシュートは枠内だったからコロンビアのMFサンチェスは止められなくて右手を出したんですよ。あの右手が無かったら決まっていましたよ、ゴール。あの時点で1対0だったんですからね。

これが試合開始早々の3分の出来事で、主審は見逃しませんでした。ペナルティーエリア内のことですから、PK(ペナルティキック)を逃れようとコロンビア側は抗議したんですが・・・悪いことに腕を隠そうとするようなシーンもリプレーの映像に見られました。そして日本にPKが与えられて、さらに悪質ということでサンチェスにレッドカード。一発退場で、コロンビアは10人になって日本は開始早々、大きなアドバンテージを得たんです。

それが大きいのは言うまでありません。香川はひと騒動が収まった6分にコロンビアのGKの動きをみて冷静にPKを決めたんですが(先制点で1-0)・・・ただですよ、サンチェスのハンドの反則がなくて香川のゴールだったら、同じ1-0でも香川のモチベーションはPKなんかよりもっと上がっていたでしょ。そうなったら、分かんないですよ。

試合は前半39分、キンテロにさすがというFK(フリーキック)を決められて1-1で前半終了。後半、出だしはお互い相手の様子を探るような感じでしたが、そのあと日本が猛攻に転じて得点か?というシーンも再三あったんですが、なかなかゴールが決まりません。ここはチームに心機一転、本田(投入)かな~と思っていたら西野監督が踏み切りました。香川に替えて本田。その3分後(後半28分)、本田の左コーナーキックを敵味方入り混じる中からジャンプした大迫のヘッドが決まりました。私もそうでしたが、日本列島、歓喜の絶叫が沸き上がったのではないでしょうか。

ワールドカップで日本が南米のチームに勝ったんです。初めてなんです。アジア勢でも勝ったのも初めて。歴史的な勝利でした。

» コメントを書く

2018年06月16日

「函館SS&ユニコーンS」

まだ夏のGI、宝塚記念(6月24日、阪神)がありますが、今週から北海道シリーズが始まって半ば夏競馬モードですね。その初っ端は函館スプリントステークス(GⅢ、1200m)です。3歳以上で、3歳馬が出走すれば極端な“ハンデ差”になるのですが、今年は登録馬がいません。千二の3歳重賞、葵ステークス(5月末、京都)が新設された影響が大きいのかな?出走すれば台風の目だったのですが・・・。それはともかく、賞金別定で基礎負担(56キロ、牝馬2キロ減)に加増になる対象馬が6頭います。それと滞在競馬なこと。当日輸送で焦れるタイプが別馬のように好走するケースがあるので要注意です。

ワンスインナムーンを狙ってみました。斤量は54キロ。増量される57キロの牡馬5頭と3キロ差は大きいと思いますし、ここは思い切った先行策に出そうです。昨年の夏、福島で1600万下特別(1200m)、新潟でオープン特別の朱鷺S(1400m)を連勝して、そのあと挑戦したGI、スプリンターズS(中山1200m)でもレッドファルクスのクビ+1/2差の3着に逃げ粘りました。本馬場で追い切られて動きも上々です。

ナックビーナスが逆転候補。調教の走り振りが実戦に直結するような感じになってきました。今季は尻上がりで、GⅢのシルクロードS(京都1200m)でファインニードルの5着のあとオーシャンS(GⅢ、中山1200m)でキングハートのアタマ差2着。そしてGI、高松宮記念(中京1200m)でファインニードル、レッツゴードンキとハナ、1/2差の接戦(3着)を演じました。先行力があって好位差しに回る適応力もあります。直前のケイコは足慣らし程度ですが、美浦トレセンで速い追い切りをしての入厩で、斤量も54キロです。

単穴はセイウンコウセイ。昨春の高松宮記念の勝ち馬に▲はどうかと思いますが近況があまり良くないのと57キロもあって人気は落ちたままでしょう。GI勝ちのあと昨年このレースに出走して1本人気で4着。調子を落としたのはここからでした。雪辱がある?

ダイアナヘイローも首位争いの1頭。1600m(新馬戦)でも勝っていますが適距離は1200~1400m。昨年夏場に500万下クラスから4連勝で北九州記念(GⅢ、1200m)を制し、今年2月には1400の阪急杯(GⅢ)ではモズアスコットを抑えて重賞2勝目を挙げました。牝馬でただ1頭の増量対象(55キロ)で洋芝未経験なので4番手に。

人気うすで気になるのはジューヌエコール。昨年、このレースで3半捲りを決めました。当時3歳で50キロの軽量だったとはいえ、1分6秒8の驚異のレコード勝ちでした。滞在競馬もいいし、追い切りの動きも良いです。ほかではキングハート、ヒルノデイバロー。

【函館スプリントS】(6月17日)発走=15時45分

◎ 8 ワンスインナムーン

〇 7 ナックビーナス

▲ 1 セイウンコウセイ

△ 2 ダイアナヘイロー

△ 4 ジューヌエコール

△ 9 ヒルノデイバロー

△13 キングハート

連複 8→7、1、2、4、9、13

 

東京競馬場では3歳馬のダートの重賞、ユニコーンステークス(GⅢ、1600m)が行われます。夏の新潟開催にもう一つ3歳馬のダートのレパードS(GⅢ、1800m)がありますが、それ以降は重賞でも古馬との混合戦になります。次代のダート路線を担うのはどの馬?という興味満たすような有望馬がそろいました。

その一番手にルヴァンスレーヴを挙げます。ここまで4戦3勝。昨年8月の新潟ダ1800mで2着に7馬身差の楽勝。2走目の10月東京・プラタナス賞(500万下、ダ1600m)は2着に2馬身半差ですが、不良馬場ということもあってタイムは速く(1分36秒2)2歳レコードでした。そして地方交流のGI、全日本2歳優駿(川崎、1600m)。前半は後方でしたが3コーナー過ぎから追い上げて外から差し切りました。前走の伏竜S(4月中山、1800m)で土がついたものの、休み明けで10キロ増の馬体重。この2着は力負けではないでしょう。スタートは速くないもののペースが緩むとすぐに追い上げてゴールまで失速しません。低い重心で走るフォームも気に入っていて、大成すると思います。

グリムは5戦3勝。前走の青竜S(OP特別、5月東京、1800m)は5番人気でしたが3~4番手の好位から向け出し、追い込もうとする人気のスマハマに最後まで抜かせなかった(アタマ差、1着)。今回の追い切りのタイム、動きがともに良く、ここにきて良化急という印象なので2番手に抜擢。

単穴はハーベストムーン。キャリア5戦で、今年に入ってからのデビュー。1月京都で1800m戦を②①で勝ち上がり、2月小倉のくすのき賞(500万下)でコマビショウの3着のあと阪神で500万下(1800m)、次いで京都の鳳雛S(OP特別、1800m)を連勝しました。510キロ前後の大型馬で、まだ底を見せていません。

他にも変わり身を見せそうな馬が多いです。グレートタイムはキャリア6戦。2歳時2戦1勝のあと3歳になって500万下を②①着で勝ち上がっています。連闘で挑んだ東京のヒヤシンス賞は4着に終わっていますが、そのあと前記した鳳雛Sでハーベストタイムにクビ差の2着まで追い上げました。まだ伸びしろがありそうです。あと能力以上に人気が落ちているコマビショウと、バイラ、リョーノテソーロに注意。

【ユニコーンS】(6月17日、東京11R)発走=15時25分

◎14 ルヴァンスレーヴ

〇 7 グリム

▲ 8 ハーベストムーン

△ 5 グレートタイム

△ 9 コマビショウ

△10 バイラ

△13 リョーノテソーロ

連複 14→7、8、5、9、10、13

» コメントを書く

2018年06月09日

「エプソムC&マーメイドS」

今年のJRAの春季開催も終わりに近づいてきました。来週からホッカイドウシリーズの函館開催が始まります。10日の東京競馬の重賞は3歳以上、1800mのGⅢ、エプソムカップ。収得賞金による別定重量戦ですが、フルゲート16頭のうち増量対象はマイネルミラノ(58キロ)だけです。3歳馬と牝馬の出走はないので、あと15頭は56キロ。斤量差に気を遣う手間はいりません。メンバー的に注意したいのは故障で長休して復帰したスマートオーディン、グリュイエールをどう評価するかでしょう。

主力にはダイワキャグニー。4歳馬で、ここまで10戦して5勝。その全てを東京コースで挙げています。東京で8戦していますが負けたのはダービー(14着、1着レイデオロ)と、3歳で挑戦した毎日王冠(GⅡ、東京1800m)の4着、前々走の東京新聞杯(GⅢ、東京1600m)の3着だけ。毎日王冠は1着リアルスティール、2着サトノアラジンとういう古馬一線級が相手で、3着のグレーターロンドンとはハナ差という健闘でした。先行力があって、競り合いを避けて好位に控えるレースもしていましたが、東京新聞杯のあと一息入れてた出走した前走のメイS(OP特別、東京1800m)では中団の後ろからの競馬。それでも長く脚を使って差し切りました。結構追わせるタイプで、まだ伸び白があります。

グリュイエールは前走(府中S、1600万下、東京2000m)が2年1カ月ぶりのレースでした。病名は競走馬にとってやっかいな屈腱炎。それでも好位2,3番手から直線良く伸びて勝ちました。折れ合いに難があって出世が遅れた馬ですが、上がりだけのケイバになった新馬戦(京都2000m)でクビ差負けしたあと2走目の未勝利戦(同2000m)を2分00秒3の2歳レコードタイム勝ち。長休前の名古屋城S(1600万下、中京2200m)ではなんと2分09秒9の日本レコードをマーク。今も更新されていません。追い切りの動きを見るかぎり前走の反動はなさそうなので怖いです。

単穴にはスマートオーディンを抜擢。マカヒキが勝った一昨年のダービーで6着して以来の出走ですから、これも長い療養でした。普通なら初戦は様子見するところですが、追い切りの映像をみたら怖くなりました。4月から調教タイムが出ていて、直前は長期ブランクを感じさせない伸び脚。2歳時に東スポ杯2歳Sを勝ち、3歳初戦の共同通信杯は6着でしたが毎日杯(GⅢ、阪神1800m)、そして京都新聞杯(GⅡ、2200m)を連勝してダービーへ東上してきた馬です。能力を高く評価していたので復帰祝いに1票。

順調なサトノアーサーも見逃せません。後方からのケイバで差し届かないきらいがあるうえ、ここは1800m戦。ただ、東京コースなので末脚が伸びるかもしれません。あと。ここにきて急成長しているエアアンセム、サーブルオールと、長休明けを2度叩かれたアデイインザライフ。これはかつて素質に惚れ込んでいた1頭です。

【エプソムC】(6月10日、東京11R)発走=15時45分

◎10 ダイワキャグニー

〇 5 グリュイエール

▲ 9 スマートオーディン

△16 サトノアーサー

△ 3 エアアンセム

△ 8 サーブルオール

△13 アデイインザライフ

連複 10→5、9、16、3、8、13

 

阪神は3歳以上の牝馬のマーメイドステークス(GⅢ、2000m)。負担重量はハンデで、背負い頭トーセンビクトリー(56キロ)から48キロの最軽量(2頭)までかなり差が開いています。そして天気。梅雨前線に台風5号が接近して不安定で、今のところ「弱雨」の予報ですが思った以上の雨量になるかもしれません。波乱の要素です。

ミリッサを狙いました。2戦1勝で出走した昨年の桜花賞トライアル、チューリップ賞でGⅢ、阪神1600m)でソウルスターリング、ミスパンテール、リスグラシューに次ぐ4着に追い上げた印象はかなり強かったです。そのあと2勝を上積みして臨んだ秋口のローズS(GⅡ、1800m)=秋華賞トライアル=もラビットランの4着。3着だったリスグラシューとはハナ差でした。今季3戦。④①で1600万下を勝ち上がったあと前走の阪神牝馬S(GⅡ、1600m)は7着でしたが、上がり3ハロン33秒7で勝ち馬ミスパンテールからのタイム差は0秒4。着順から受けるイメージほど負けていません。420キロ前後の馬体ですから53キロのハンデは魅力で、追い切りの動きも鋭さを感じます。

トーセンビクトリーは重賞の勝ち馬でトップハンデは仕方がありませんが、ただ1頭、馬齢重量より重い斤量なのと決め手が甘いのが気がかり。福島牝馬Sはそんな感じのレースで2番人気で4着でした。ただ、今回の追い切りの動きが良い感じなのと好位につけてレースを運べるのが長所。阪神のこの距離は第2カーブが内回りで直線が短いです。決め手の甘さがカバーできるかもしれません。

単穴はキンショーユキヒメ。前走の福島牝馬S(GⅢ、1800m)で後方から追い上げてゴール前、粘るカワキタエンカを差し切りました(クビ差)。ハンデは55キロで止まっています。2000mは適距離なので、このレースを狙って中間みっちり追われていて動きは前走以上。ちなみに福島牝馬Sでは思った以上に人気薄で、小欄△◎で馬連、枠連ともに3000円の好配当でした。気ムラなタイプに見えますが今回は2番がある?

伏兵ではこのところ出遅れていますが4走前には5番手から追い上げて愛知杯(GⅢ、中京2000m)を勝っているエテルナミノル。ゲートさえまともに出れば首位争いもあります。あと自在性あるミエノサクシード、折れ合いが付けば速い脚が活きるワンブレスアウェイ、ハンデ戦に戻って52キロになったレイホーロマンスに注意。

【マーメイドS】(10日、阪神11R)発走=15時35分

◎ 4 ミリッサ

〇14 トーセンビクトリー

▲ 6 キンショーユキヒメ

△ 7 エテルナミノル

△12 ミエノサクシード

△ 1 ワンブレスアウェイ

△ 5 レイホーロマンス

連複 4→14、6、7、12、1、5

» コメントを書く

2018年06月02日

「安田記念」

長かった第2回東京開催も終わって今週から第3回東京開催になりました。気が付かないファンの方もいらっしゃるのではないでしょうか?第2回の東京開催は通常の4週8日間でなく12日間だったんです。オークス、ダービー・・・この開催、春季の東京競馬の最も華やか舞台でした。とくにダービーですが、個人的にちょっとした事件に遭遇しました。私の親しくしている方がダービー史上最高配当レコードとなった3連単馬券(285万6300円)を的中させたんです。

東京競馬場にいた私のケイタイに電話が入りました。ちょうどパドックでダービー出走馬が周回するところです。「いま新橋の場外にいるんだけど、エノさん、ワグネリアンを◎にしてるよね(小欄をケイタイで覗いて)。どう?」、「馬の仕上がりは良いし、もともとダービーへピークに持って来た馬で、東京コースだから今日は能力を出せると思うよ」と返答。内心“今日は前へ出すレースをするかもしれない”と思っていましたが、それは過信させてはいけないので言いませんでした。レースが終わって、また電話。それが、「驚愕!みんな取りましたよ」そして「3連単も」。ウソ!?と思いましたが、そんなことを言うタイプの人柄ではないし、本人の興奮ぶりからどうも事実のよう。そのあとメールで3連単の買い方(1着候補、2着候補、3着候補の馬番まで送信してきました。「只今、大宴会中」の続伸も。3連単馬券は100円単位だと思いますけど、こんなこともあるんですね。良かった、よかったです。

座興はこれぐらいにして春季のGIの締めくくり、安田記念(東京1600m)。スワーヴリチャードが今まで経験していなマイル戦に対応できるのか?昨秋、マイルチャンピオンシップ(GI、京都1600m)を追い込み勝ちしたペルシアンナイトが先行有利の現在の東京の馬場コンデションで届くのか?人気馬に不安が感じられます。それなら・・・と他のメンバーに目を移しても“これでイケる”というほど自信が持てる馬がいません。その原因の一つはこのレースの負担重量。牡馬58キロ(牝馬56キロ)で。天皇賞(春、秋)と並ぶ最も重い定量のGIだからです。正直言って迷いました。

中心はスワーヴリチャード。スピードに加えてパワーもあります。デビュー戦(2着)から2000mを選んで出走して2走目に同距離で勝ち上がった馬で、ダービーでレイデオロの2着。有馬記念4着のあと近2走も金鯱賞(GⅡ、中京2000m)、大阪杯(GI、阪神2000m)を連勝しています。いきなりマイルのGIに矛先を向けて大丈夫?と心配です。ただ、3走目に東京へ輸送してきて挑戦した1800mの東スポ杯2歳S(GⅢ)は接戦の2着で、そのあとの再度東上した3歳2月(昨年)の共同通信杯(GⅢ、1800m)は勝ちました。相手関係が全然違うのでそれで大丈夫ど言うつもりはありませんが、東京コースはこの馬にとって最適です。心強いのは前走のあと、ここへ向けてびっしりハードな追い切りを積んでいること。このデキ(仕上がり)ならなんとかなるような気がします。

昨秋のマイルチャンピオンシップ(GI、京都1600m)を勝ったペルシアンナイトの追い切りの動きもすごく良く見えます。マイル王に敬意を払って一応対抗馬にしました。ただ、先週のダービー当日、現場でみていたら予測できないような先残りのレースが続きました。一緒に長くケイバを取材してきた目利きの友人も「うしろ(道中後方)からじゃ届かないね」とギブアップ。そんな馬場コンデションなので、この馬は不安が大きいような気がします。

穴ねらいならアエロリット。この馬にも不安はあります。ウオッカじゃあるまいし・・・と言われそうな上に、牝馬の56キロとかもありますが一番の心配は中2週での挑戦がどう出るか?です。その前走、ヴィクトリアマイル(牝馬GI、東京1600m)で4着でしたが、レースを見ていて、もう少し二の脚を使えるはずだが・・・と不満がありました。後でスタート直後に左前を落鉄(勝負鉄がはずれる)していたということなのでナットク。NHKマイルカップ(3歳GI、東京1600m)で◎の期待に応えてくれた贔屓馬なので私は買います。

上記馬が総崩れなら来れそうな馬が「あれも、これも」になってしまいます。予想の印は7頭以内と決めているので、あと4頭はリアルスティール、リスグラシュー、キャンベルジュニア、サングレーザーの順としました。

【安田記念】(6月3日、東京11R)発走=15時40分

◎ 1 スワーヴリチャード

〇 5 ペルシアンナイト

▲ 4 アエロリット

△11 リアルスティール

△14 リスグラシュー

△ 8 キャンベルジュニア

△15 サングレーザー

連複 1→5、4、11、14、8、15

» コメントを書く

2018年06月01日

「鳴尾記念」

安田記念(GI、3日、東京1600m)の枠順が決って、見たらスワーヴリチャードが①番。“ウワッ!”と思った方、多いんじゃないでしょうか?行かせればどこからでもと思いますが、デビュー戦から2000m(2着)の馬で中距離馬のイメージが強いです。出たら(出走)◎にしてきた馬ですが・・・今少し、考えます。

2日(土)、阪神で行われる旧競馬場シリーズの重賞、鳴尾記念(2000m、別定重量)は3歳以上、2000mのGⅢ・重賞。とは言っても、極端に軽くなる3歳馬の出走はないし別定で加増対象になる馬もいません。4歳以上の牡馬11頭の対戦(全馬56キロ)で、残る重要ファクターは展開。逃げタイプのヤマカツライデンとマルターズアポジーがどこまで折れ合えるがカギです。

トリコロールブルーに魅力を感じます。ポテンシャルが高いとみて早くから注目していた1頭ですが、昨年春季までは体がバンとしない感じで期待ほどの走りでなかった。◎アドミラブル(1着)の相手(○)に期待したダービートライアルの青葉賞も7着。ただ、そのあと休ませて9月に札幌で出走した時(1000万下特別、2000m)、馬体重が前走比32キロ増。それでも中団から差し切りました。菊花賞へ歩を進めましたが・・・あの不良馬場では無理(15着)。そして3カ月後、4歳のスタートを切ると1月京都(1600万下、1800m)、続いてオープンの大阪城ステークス(1800m)を連勝しました。ようやく本格化してきたようです。ここも期待します。

トリオンフも4歳馬で、3歳後半の昨秋から急上昇した1頭。11月京都で1000万下、1月京都で1600万下の寿ステークスと2000m戦で連勝しました。勢いに乗って2月小倉の小倉大賞典(GⅢ、1800m)も好位から早めに抜け出すレースで快勝。このレースはGⅢの勝ち馬は増量の対象外で、追い切りの動きも気合が乗って文句なしです。逆転候補。

サトノノブレスは8歳になりましたが、凱旋門への遠征帰りだった2走前の金鯱賞(GⅡ、中京2000m)ではスタートから逃げの手に出てゴール間際まで粘り、スワーヴリチャードに半馬身差の2着と大健闘しました。前走のGI・大阪杯は大敗(15着)でしたが、先行馬を前に見て好位で流れに乗れれば侮れないので▲(単穴)。

他では休み明けを叩かれて今回の追い切りの動きが目立つストロングタイタン、ダートを2戦(8着、15着)して今回びっしり追われて芝へ戻るモンドイントロに要注意。あと、難しいと思いますが、どう折れ合うか分からないヤマカツライデン、マルターズアポジーもマークしておきます。

【鳴尾記念】(6月2日、阪神11R)発走=15時35分

◎ 5 トリコロールブルー

〇 2 トリオンフ

▲11 サトノノブレス

△ 8 ストロングタイタン

△ 3 モンドイントロ

△ 1 ヤマカツライデン

△ 6 マルターズアポジー

連複 5→2、11、8、3、1、6

» コメントを書く