「大坂なおみ快挙!全米OP優勝」

2018年09月10日

「大坂なおみ快挙!全米OP優勝」

すごいです。プロテニスの大坂なおみ選手がグランドスラムのシーズン最後の全米オープンで優勝という快挙を成し遂げました。

8日(日本時間9日)、ニューヨークで行われた全米オープン女子シングルス決勝で、世界ランキング19位の大坂なおみ(20=日清食品)は「子供のころから夢見ていた」という憧れの同26位のセリーナ・ウィリアムズ(36=米国)と対戦。第1セットを6-2で取ると第2セットもセリーナの乱れもあって6-4。2-0のストレートで破って全米オープンを制覇しました。

これは男・女を通じてグランドスラムと呼称される4大会(全豪オープン=メルボルン、全仏オープン=パリ、ウィンブルドン選手権=ロンドン、全米オープン)のシングルスで日本人初の優勝。アジア勢でも初めてというの快挙です。優勝賞金は380万ドル(約4億1800万円)だそうです。大阪選手の4大大会の本戦出場はわずか11試合目だそうです。

今大会は1回戦から圧勝を続けて、相手が強化した4回戦を2-1で勝ってベスト8。準々決勝を2-0で勝って4強。復調してきた錦織圭選手も勝ち上がったので男・女でそろって4強という、これ自体も日本勢初めてでした。さらに大坂選手は6試合目の準決勝もランキング14位の米国の選手を2-0で破ったので、“これは優勝もあるぞ”と思ったのですが夢が現実になりました。

今大会の大阪選手は持ち前の強烈なサーブとストロークのほか、試合運びがすごく粘り強くて、技術、精神面も強くなったような感じでした。報道記事によるとコンビを組んだコーチとの相性がすごく良いのだそうです。まだ、20歳。伸び盛りなので今回だけでなく、勢いがこのあとも続きそうな予感がします。楽しみです。おめでとう!

» コメントを書く