「秋華賞」

2018年10月13日

「秋華賞」

3歳牝馬のGI、秋華賞(京都2000m)です。春季、桜花賞に次いでオークスも持ち前の鋭い差し脚で連覇したアーモンドアイが断然の人気を集めて出走します。春季のメンバーではこれを破る可能性が小さいとみるのが妥当ですが・・・気になるのは、今年はひと夏越して急激に能力を発揮し出した馬が多いこと。追い切りの動きをみると無印群の中にも動きの良い馬が多いです。「馬肥ゆる秋」は馬の育つ時期でもありますね。伏兵の健闘があるかもしれません。

それでも中心はアーモンドアイ。有力と見られる馬が伸びてきても、それと同等、あるいはそれ以上にこの馬も成長しているように思われます。最終追い切り。美浦に坂路コースで大外よりやや内目を回ったとはいえ、半マイル50秒を切る破格のタイムをマークしました。しかも“馬なり”。関東所属なのでこのあと京都への輸送、そしてパドック→馬場入り、レースでも初コースをクリアと課題はありますが、何事もなければ牝馬3冠が叶うでしょう。敢えて私見を言うと、後方からの追い込み一手というタイプは好きではないです。本当に強い馬はハラハラさせず、無難な位置から危なげなく勝つ。それを良し―としています。それはともかく、京都の2000mは3~4コーナーが内回り。ルメール騎手、どう乗りますか。

ラッキーライラックは昨年2歳女王になったあと、クラシックでは前記したアーモンドアイの前に桜花賞2着、雪辱を期したオークスは3着に終わりました。この秋口、帰厩予定を前に右前の球節が腫れたそうで、トライアルを飛ばしてぶっつけで本番に臨むことになりました。不安視されますが、最終追い切りをみると“これで仕上がるのは・・・”という気になりました。2番手。

単穴にはダンサールを抜擢。春季はクラシックとは全く無縁でした。今年2月に小倉でデビュー戦(2000m)を逃げ切ったあと、2走目が夏の8月の札幌ですからね。で、札幌の2戦(古馬混合の500万下)。着順は②③着ですが、2着のレース(1800m)は先頭に立ってから道中からまれ、中位から捲り上げたシンギュラリティに1/2馬身差し込まれました。ただし、休み明けで馬体重は大幅増。それでも3着馬は5馬身千切れています。次いでの3着(2000m)はスタートで後れ、16頭立ての中団。3半から捲りに出たのですが4コーナーで先行集団に大きく外に振られ、立て直して届かなかった内容。そして前走の阪神戦(2000m)は2着に5馬身差の独走でした。520キロの女傑の走りに特注です。

次いでトライアルのローズSの上位組。2着のサラキアは課題のスタートがまずまずで期待(小欄で◎)に近い内容でした。今度はもっと良くなるはずです。勝ったカンタービレの動きも良いです。ほかでは前走、関屋記念で◎の期待に応えてくれたプリモシーンの好調さも目に付きます。まだ分からない怖さがあるのは3連勝中の快速馬ミッキーチャーム。函館の未勝利勝ちが8馬身差、同500万下が3馬身半差、そして札幌の1000万下特別(3戦とも1800m)も2着に3馬身半差・・・あの走り(突っ走る感じ)であと1ハロン、2000mがもつかどうか?分かりませんが見せ場は作れるでしょう。ほかにも捨てがたい馬(トーセンブレス、パイオニアバイオなど)がいますが印(△)が尽きました。

【秋華賞】(14日、京都11R)発走=15時40分

◎11 アーモンドアイ

〇 7 ラッキーライラック

▲18 ダンサール

△ 5 サラキア

△ 2 カンタービレ

△16 プリモシーン

△13 ミッキーチャーム

馬連 11→7、18、5、2、16、13

» コメントを書く