【天皇賞(秋)」

2018年10月27日

【天皇賞(秋)」

今週のGⅠは秋の天皇賞。春季は3歳クラシックが脚光を浴びますが、秋季の競馬が最も盛り上がるのがこの天皇賞(秋)とジャパンカップ。今の時期です。天皇賞(秋)の競走条件は3歳以上、2000m、負担重量は58キロ。今年は3歳馬(56キロ)の挑戦はなく、牝馬(2キロ減)はヴィブロス1頭だけ。勝つにはスピードとパワーが必要で、実力勝負になります。例年、ほとんどがフルゲート(18頭)になるのですが今年は出走が13頭。でも・・・GIホースが7頭揃ったので、いいメンバーになりました。有力馬のジョッキーの勝負に対する駆け引きも見ものです。

スワーヴリチャードに期待しました。思い入れの深い馬です。一昨年の秋に遡りますが、②①着のあとの3走目、2歳の11月に東上した東スポ杯2歳S(GⅢ、1800m)のレース(ブレスジャーニーにクビ差2着)を見て、今年はこれにしようか(クラシックの狙い馬)と思いました。3歳初戦の共同通信杯に再度東上して期待通り勝って意を強くしたのですが、右回りの走り振りとレースパターンから中山コースは?・・・不安で皐月賞は自重(諦めが悪く〇印)。ダービーはポテンシャルで最強と思っていたレイデオロの復調が目立ったのでこれに◎で、本馬は逆転候補の▲。そのあとも◎か▲にしてきました。昨年の春、2000mのGI・大阪杯を勝ったあと、距離が短いのを承知で出走した安田記念は3着でしたが、東京コースで5戦して連対を外したのはその1回だけ。ここはぶっつけ本番になりますが、追い切りを十分積んでいて動きも良いです。

マカヒキは前走の札幌記念は長休明けでしたが、小欄で「中間の骨折も軽度だったようで速い追い切りもこなしている。いきなり走れるかも・・・注目」として○印にしました。モレイア騎乗で末脚を生かしたサングレーザーにハナ差負けの2着でしたが、小回りの短い直線でかつての末脚を彷彿させるような追い上げを見せています。ここまで来ればさらに前進。輸送があるので直前は控えたものの、中間びっしり追われて速いタイムもマークしています。逆転候補。

単穴にはキセキを抜擢しました。ステップに選んだ前走の毎日王冠(GⅡ、東京1800m)で“アレっ?!”というレースをしています。掛かるタイプなので前半は折れ合いに専念して末脚勝負というイメージなのに、新コンビの川田騎手がスタートで前に出して2番手の積極策。前のアエロリットが逃げ切り、ゴール前で追い上げたステルヴィオにも最後クビ差交わされて3着でしたが、追い比べで2着争いを繰り広げてステファノスに抜かせませんでした。GI・菊花賞を勝ってこの馬だけ2キロ増の58キロを背負っていたのです。それで1800mを1分44秒7の好タイム。予行演習?が本番で活きるかもしれません。

レイデオロは3月にUAEのドバイワールドカップに遠征。ドバイシーマクラシックで4着に終わって帰国しました。半年ぶりの出走だったオールカマー(GⅡ、中山2200m)でアルアインを差し切ったように、さすがダービー馬。1週前の追い切りで予定通りでなかったのが少し気になりますが、能力からいって当然争覇圏です。

次いで、しぶとさを発揮して宝塚記念(GI、阪神2200m)を勝ったミッキーロケット、前走後も気配の良さが目に付くアルアイン。サングレーザーは札幌記念(GⅡ、2000m)は勝ちましたが、嵌った感じだったので距離は大丈夫と言い切れません。抑え候補までとしました。

【天皇賞(秋)】(10月28日、東京11R)発走=15時40分

◎ 5 スワーヴリチャード

〇 6 マカヒキ

▲10 キセキ

△ 4 レイデオロ

△11 ミッキーロケット

△ 7 アルアイン

△ 9 サングレーザー

 

馬連 5→6、10、4、11、7、9

» コメントを書く