「アジア杯、日本3-0でイラン破り決勝へ」

2019年01月31日

「アジア杯、日本3-0でイラン破り決勝へ」

1月上旬から行われてきたサッカーのアジアカップ2019(1月5日~2月1日、アラブ首長国連邦)が大詰めを迎えています。今年から出場国が16から24に増えて、ワールドカップカップのように各組4カ国、A~F組に分かれてリーグ戦をやって上位16カ国がトーナメント戦に進出する方式になりました。
サムライブルー(日本)はどの試合も1点差でしたがリーグ戦で3戦全勝。決勝トーナメントの初戦「ラウンド16」もサウジアラビアに1-0、準々決勝のベトナム戦もなかなか得点できない試合でやきもきさせましたが、1-0で勝ち進んできました。そして迎えた28日の準決勝。相手はFIFAランク29位のイラン。ここまで失点0、12得点無敗。勢いに差があるのでここがヤマ場、なんとか頑張って欲しいと祈るような心境でした。
心配していたような展開で立ち上がりから主導権を握られたように見えましたが、日本の長身ディフェンダー(188cm)冨安健洋(とみやす・たけひろ)を中心としたに守備陣の大健闘もあって前半を0-0。そして迎えた後半の20分過ぎでした。左サイドでいったん倒された南野拓実(みなみの・たくみ)が相手の油断を衝いてボールを追いかけ、左隅で追いつくとゴール前にクロスボール。これを待ち構えていたエース・大迫勇也が鮮やかにヘッドで押し込みました。この両選手のプレー、得点には絶叫しましたね。

そして日本、67分に2点目を挙げます。左から相手のペナルティーエリアに入った南野のボールを相手がハンドで止めたと主審がPKをとりました。これはもめて、ビデオ判定までもつれましたが判定は変わらずPK。これを大迫が冷静にねじ込みました。「よ~し!これで大丈夫」でしたね。焦るイランが一気に攻勢を強めますが、日本は全員、体を張っての守備。逆に試合終了間際、記録ではアデッショナルタイムに入って2分ですが小刻みなパスから中央を突破したMF原口元気が駄目押しの3点目を決めました。

それにしてもサッカーファン、眠いですよね~。この試合、現地時間では28日の18時試合開始なんですが時差が5時間ほどあります。日本時間では午後11時ちょっと過ぎに始まって、終わるのは日を越した29日、ハイライトなども見たら未明・・・

でも、あと1試合です。日本時間の今朝(30日)未明に終わったもう一つの準決勝は、カタールがお隣の開催国UAEに4-0で勝ちました。カタールは2022年のワールドカップのホスト国です。液化ガスの宝庫でお金持ちの国と聞きますし、帰化選手も多く、かなり熱を入れて強化に取り組んでいるようです。強敵だと思います。決勝は2月1日、UAEの中心都市のアブダビスタジアムで現地時間18時キックオフです。

» コメントを書く

2019年01月26日

「シルクロードS&根岸S」

26日、愛知杯が見たくて場外(近場のウインズ)に駆け付けたのですが、大丈夫と見込んでいた京都競馬の27日の開催が降雪の可能性が増してメーンのシルクロードステークスの前日発売が中止になっていました。もちろん、たいしたことない降雪のなって施行されるかもしれません。予想は下記のようにしました。
馬場状態が気になりますが、前から目星を付けていたダノンスマッシュが前走の京阪杯(GⅢ、京都1200m)で期待通り=予想◎=の好走。好位から難なく抜け出したレース内容から先行きが楽しみです。〇ラブカンプーは今回大丈夫?というケイコの動きなので、58キロと近走の成績から軽視されそうなセイウンコウセイ、ダイメイプリンセス以下、動き良い馬を重視しました。食い込みに注意しましょう。

【シルクロードS】(1月27日、京都11R)発走=15時35分
◎ 2 ダノンスマッシュ
○10 ラブカンプー
▲14 セイウンコウセイ
△13 ダイメイプリンセス
△17 アレスバローズ
△ 1 ナインテイルズ
△ 8 エスティタート
馬連 2→10、14、13、17、1、8

東京のメーンはダートのGⅢ、根岸ステークス(1400m)。1着馬にGI・フェブラリーSの出走権があるレースですが、収得賞金の上位陣には関係なく、200m延びる本番への叩き台という感じのレースです。1400m戦なので後方からの追い込み一手というのが私は嫌いなので当初、ユラノトを狙おうかとも思ったのですが、これまでの実績とレース内容からみるとやっぱりこれか・・・というのがサンライズノヴァです。でも・・・私が買ってみたくなるのは▲にしたケイアイノーテック。初ダートで負担重量が58キロ。人には薦められませんが、つい数カ月前、NHKマイルC(GI、東京1600m)で後方一気を決めた馬ですよ。サンライズノヴァが追い込める競馬ならこの馬が追い込んできてもおかしくないです。

【根岸S】(27日、東京11R)発走=15時45分
◎12 サンライズノヴァ
○ 6 モーニン
▲ 4 ケイアイノーテック
△ 2 ユライト
△11 コパノキッキング
△ 3 サトノファンタシー
△ 1 クインズサターン
馬連 12→6、4、2、11、3、1

» コメントを書く

2019年01月25日

「愛知杯」

関東は中山の正月開催が終わって今週から東京開催になります。第1回の目玉レースはダートのGI、フェブラリーステークス(1600m)。27日にはそのステップレース「根岸ステークス」(ダ1400m)が行われますが、発表された枠番決定メンバー(16頭)をみるとひと波乱ありそうです。
それは明日と言うことにして、26日の土曜日に中京競馬場で行われる愛知杯(GⅢ、2000m)。4歳以上、牝馬の重賞で、負担重量はハンデキャップなのですんなり収まるかどうか?予断はできません。注意しましょう。
中心は明け4歳のノームコアにしました。昨年の春季、クラシックには出走していませんが桜花賞前のフラワーカップ(GⅢ、中山1800m)でカンタービレの3着、次いでオークス・トライアルのフローラステークス(GⅡ、東京2000m)でもサトノワルキューレの3着と、あと一歩でした。秋、中山2000mの紫苑ステークスを勝って出走したのが古馬混合のGI、エリザベス女王杯(京都2200m)。リスグラシューの0秒6差5着でしたが、3歳ですから健闘の部類でしょう。ハンデは55キロになってしまいましたが、これも仕方ないと思います。
怖いのは年長馬で、エ女王杯で56キロで4着とこれに先着しているレッドジェノヴァ、次いでコルコバード、ウラヌスチャームですが、単穴には同じ明け4歳のランドネを狙ってみました。逃げ・先行タイプで簡単には失速しません。ハンデも53キロです。あと、軽ハンデだ走る52キロのレイホーロマンス、51キロの4歳馬スカーレットカラーに注意。

【愛知杯】(1月26日、中京11R)発走=15時25分
◎11 ノームコア
○ 1 レッドジェノヴァ
▲ 8 ランドネ
△ 4 コルコバード
△ 9 ウラヌスチャーム
△ 2 レイホーロマンス
△ 7 スカーレットカラー 
馬連 11→1、8、4、9、2、7

» コメントを書く

2019年01月19日

「アメリカJCC&東海S」

今週は土曜日(19日)に重賞レースがなく、ちょっと一息。雑用をこなせました。20日の日曜日、慌ただしかった2019年1月の中山開催の最終日に4歳以上のGⅡ、アメリカジョッキークラブカップが行われます。中山の2200mなので、外回りコース。別定重量戦ですがGⅡは基礎負担に3キロ増はないので一線級でも能力を発揮できるレースが多い。春季の古馬Giを占うのに見逃せない一線です。
ここに明け4歳のフィエールマンが出走して来ました。昨秋の菊花賞のアッ!と言わせ急襲は見事でした。それ以来、3カ月ぶりの今季初戦。4歳馬で57キロ、脚質的に中山コースがどうか?という不安はありますが、追い切りの直線の伸びは“さすがGIホース”という感じです。今年の活躍も合わせて◎の期待。
ジェネラーレウーノも明け4歳。昨春のクラシック戦線でけれんみのない先行策でファンを沸かせ、重賞勝ち(京成杯)を含む3連勝で臨んだ皐月賞でエポカドーロの3着。秋にはここと同じ舞台のセントライト記念(GⅡ、2200m)を快勝しています。逆転候補。
単穴には中山コースで鋭い脚が活きると思うサクラアンプルールを抜擢。もう1頭、怖いのは中距離巧者のダンビュライト。昨秋は何故か気性難が見られるようになってぱっとしませんでしたが、今回、追い切りの時点ではそんな不安が感じられません。
中京で行われるダートのGⅡ、東海ステークス(1800m)は5連勝中(6戦)のインティに注目。圧勝を続けて前走でオープン入りした5歳馬ですが、今回の追い切りを見てもパワーを感じる馬体と迫力ある動きを見せています。これは本物のようです。

【アメリカJCC】(1月20日、中山11R)発走=15時45分
◎ 4 フィエールマン
○ 1 ジェネラーレウーノ
▲11 サクラアンプルール
△ 5 ダンビュライト
△ 7 ステイインシアトル
△ 8 シャケトラ
△10 メートルダール
馬連 4→1、11、5、7、8、10

【東海S】(20日、中京11R)発走=15時25分
◎ 4 インティ
○ 3 チュウワウィザード
▲ 7 アンジュデジール
△ 5 スマハマ
△ 6 アングライフェン
△ 1 グレンツェント
馬連 4→3、7、5、6、1

» コメントを書く

2019年01月13日

「京成杯」

世の中3連休というのに・・・競馬に携わっているとのんびりする日はありませんね。別に誰からもお金をもらっているわけではないのでたまには予想を休みにしてのんびりしようかと思うこともあります(と言っても行くのは場外ぐらい?)。弟が私の地元・北海道の小樽市で個人タクシーをやっているのですが、「競馬が好きな人たち、兄貴の予想、みんな見ているようだよ」と聞いてはそう簡単に休むわけにもいきません。可能なら当日の馬体重、パドックで馬の状態を確認して、印を付けた馬をうまく組み合わせて買っていただきたいと思います。
前置きが長くなりました。14日の成人の日、中山競馬場で3歳馬の重賞、京成杯(GⅢ、2000m)が行われます。私見ですが今年のメンバーはかなりポテンシャルの高い馬が顔を揃えたように思われます。困ったことに、かつて私が惚れ込んだ馬につながる血統が複数いること。どうしてもひいき目になりそうです。
その中の1頭、ラストドラフトを◎にしました。11月下旬に東京1800mの新馬戦を勝ったばかりですが、桜花賞馬マルセリーナがお母さん。2走目での変わり身に注目します。ランフォザローゼスは2走目の葉牡丹賞(500万下、中山2000m)でレコードタイム勝ちしたシークレットラン1馬身差の2着でしたが、レース展開の綾もありました。逆転候補。
東京コースで2000m戦で新馬勝ちしたあと東スポ杯2歳S(GⅢ、1800m)は5着でしたが、ダノンラスターにも底力を感じました。もちろん2歳レコードで勝ったシークレットランも上位にランクされます。問題は追い切りで軽快な動きで好タイムをマークしているカテドラル。長距離輸送をクリアして折れ合いが付くレースなら見せ場がありそうです。

【京成杯】(1月14日、中山11R)発走=15時35分
◎ 7 ラストドラフト
○ 5 ランフォザローゼス
▲12 ダノンラスター
△ 9 シークレットラン
△ 6 カテドラル
△10 ナイママ
△ 8 カフジジュピター
::::::::::::
馬連 7→5、12、9、6、10、8

» コメントを書く

2019年01月12日

「日経新春杯」

13日(日曜)の重賞は、京都競馬場で行われる正月恒例の日経新春杯(GⅡ、2400m)。古馬(4歳以上)のハンデキャップレースで、背負い頭はガンコの57キロ。他は56キロ以下になっています。軽量馬に注意は必要ですが、上位が馬齢重量以下ですから斤量に泣く(敗因にする)わけにはいきません。でも・・・人気うすの中に時々大駆けするタイプの馬がいるので予想が厄介なメンバーです。

狙ってみたい馬もいますが中心はグローリーヴェイズ。4歳になったばかりで、レースはまだ6戦(2勝、2着2回)しかしていません。一昨年、10月中山の1800mのデビュー戦を勝ち、連勝を狙った12月中京の「こうやまき賞」(500万下、1600m)でカフジバンガードにアタマ差及ばず2着。3歳の初戦は2月京都のきさらぎ賞(GⅢ、1800m)に挑戦し、これもサトノフェーバーにハナ差負け。スタートの後れをカバーしきれなかった惜敗でした。5月の京都新聞(GⅡ、2200m)でステイフーリッシュの4着のあと、新潟の佐渡S(1600万下)を勝って臨んだ菊花賞で5着に追い上げる好走を見せたのは記憶に新しいところ。素質十分なので今季は初戦から期待したい馬です。

1歳年長の5歳馬ムイトオブリガードは昨年、中距離戦で躍進。5月からの東京開催で条件戦で3連勝したあと、アルゼンチン共和国杯(GⅡ、2500m)でもパフォーマプロミスの2着に追い上げるまで成長しました。ただ、京都コース(芝)では勝っていないのが少し気になります。

単穴にしたメイショウテッコンは気性難が感じられますが、潜在能力は高いです。気分良く走らせてもらえると大駆けします。ノーブルマーズも同様。能力が無ければ目黒記念(GⅡ、東京2500m)、そして宝塚記念(GI、阪神2200m)で3着まで来れません。

追い切りの動きが予測より良さそうに見えるウインテンダネス、ガンコ、ルックトゥワイスも要注意にしました。

 

【日経新春杯】(1月13日、京都11R)発走=15時45分

◎ 2 グローリーヴェイズ

○16 ムイトオブリガード

▲12 メイショウテッコン

△11 ノーブルマーズ

△ 8 ウインテンダネス

△ 7 ガンコ

△10 ルックトゥワイス

::::::::::::

馬連 2→16、12、11、8、7、10

» コメントを書く

2019年01月11日

「フェアリーS」

今週は12、13の土・日のあと14日が成人の日で祝日。ここぞ(?)という感じでJRA(中央競馬会)が3日間開催を組んでいます。ちょっと話が逸れますが、電車に乗ると袴、振袖姿の新成人がひな壇ならぬ優先席にズラリと並んで、高齢者や妊婦、赤ちゃん連れが前にいても知らんぷり。一様にスマホに夢中になっている光景は毎年のことになりました。もっとも、優先席の“優先”には内部障害も含まれますからヘタなことは言えません。ただし、「かけホーダイは馬×ホーダイ」ラインと思って眺めております。

競馬です。12日は明け3歳馬の今年最初の牝馬限定重賞、フェアリーステークス(GⅢ、中山1,600m)が行われます。予想は下記のようにしました。中山の1600mは枠番の内外が大きく影響します。外枠が不利なのは確かですが、展開次第では鋭い差し脚が生かせる場合もあります。◎にしたフィリアプーラは速いタイムで走れそうなタイプで、デビュー戦(東京1800m)で惜しい3着のあと、中山の当該距離で1分34秒4で勝ち上がっています。

○アクアミラビリスか新馬戦(東京1600m)の勝ちタイムが1分37秒2と遅かったですが、余裕十分の内容。大活躍したクイーンズリング(エリザベス女王杯優勝)の妹で、ここで大きく変わり身を見せそうです。

穴馬に狙ったエフティイーリスはデビュー戦で好位3~4番手から追い上げたのですが、後続に先抜けされて2着。それでもしぶとく伸びてクビ差でした。間隔を開けた2走目は馬体重が22キロ増ですたがレースの行きっぶりが良く、東京1800m戦を押し切っています。好位に付けるスピードがあるので枠順(3番)を活かすレースができると思います。

7頭が抽選で除外になった混戦模様のメンバーなので、△にも十分注意してください。

 

【フェアリーS】(1月12日、中山11R)発走=15時35分

◎ 1 フィリアプーラ

○11 アクアミラビリス

▲ 3 エフティイーリス

△16 アマーティ

△ 6 レーヴカナロア

△13 グレイスアン

△ 8 ホウオウカトリーヌ

馬連 1→11、3、16、6、13、8

» コメントを書く

2019年01月05日

「シンザン記念」

今年最初の5日の金杯デー、ひょっとして正月初っ端から良いことがあるかも・・・と期待したのですが、狙った馬が思ったように走ってくれず残念。甘かったと反省する羽目になりました。気を取り直して6日の京都のシンザン記念(3歳GⅢ、1600m)。ここは距離と負担重量がカギになりそうです。人気が被るほどの強さを感じる馬はいなく、昨年の勝ち馬アーモンド(アイ)でなく今の段階では「どんぐり」(の背比べ)と見たほうがよさそうです。

ハッピーアワーは4頭いる2勝馬のうちの1頭で、前走のデイリー杯2歳ステークス(GⅡ、京都1600m)では後方から3着に追い上げました。勝ち馬アドマイヤマーズから3馬身1/4差ありましたから過信は禁物なのですが、キャリア5戦でレース慣れしてきたのでレース運びを細工できそうです。

強敵になりそうなのがミッキーブリランテ。2戦1勝ですが、2着だったデビュー戦が強い馬との追い比べの接戦(クビ差)だったし、2走目は2着に2馬身半差の楽勝。2戦とも1800mだったので1600mの速い流れに対応できるかがカギですが、先行きが楽しみな1頭です。

単穴には11月京都で新馬勝ちしたばかりのヴァルディゼールを狙ってみました。3~4番手から期待通りに抜け出した勝ちぶりに余裕がありました。

東からも2頭が向かっています。3戦2勝のアントリューズと10月東京の1600m新馬戦を勝った牝馬のパッシングスルー。長距離輸送をクリアできるようなら能力的には足りるので好走が望めます。

 

【シンザン記念】(1月6日、京都11R)発走=15時45分

◎ 3 ハッピーアワー

〇10 ミッキーブリランテ

▲ 2 ヴァルディゼール

△ 5 アントリューズ

△ 9 パッシングスルー

△ 6 ドナウデルタ

△ 4 ゴータイミング

馬連3→10、2、5、9、6、4

» コメントを書く

2019年01月04日

「中山金杯&京都金杯」

明けましておめでとうございます。2019年の競馬カレンダーは正月第1週の東西の金杯をメーンにスタートしますが、今年は5日が土曜日。原則、土・日開催のJRAの日程にすっぽりハマったのは何よりです。それでなくても正月休みを挟んでの開催は人馬の調整が難しいのに、これに変則開催が加わるとさらに厄介なことになります。それと一つ書き加えておきますが、今年はあれこれ余計なことはなるべく書かないようにします。これまで初心者でも分かるようにと、くどくど書いていましたが、年季が入った競馬ファンにしてみれば「そんなこと、分かってるよ」だったでしょう。

で、早速ですがスタート順に中山金杯(GⅢ、2000m)から。予想は次のようにしました。ストロングタイタンは人気薄だと思いますが、この馬の前走(GⅢ・中日新聞杯、3着)にはびっくりしました。8月の小倉記念で心房細動を発症。大差のしんがり負け。そのあと4カ月休養させての復帰戦でした。6月阪神の鳴尾記念の勝ち馬で能力を高く評価しているので△の1にしていたのですが、発表された馬体重が552キロ!前走比がなんと+36キロでした。これじゃ無理かと思いますよね。ところが勝ったギベオンから着差は4馬身ありましたが3着!そのあと間がないのにハードに追われて臨んでいます。小銭で高配当を狙ってみるファンにはお勧めです。

【中山金杯】(2019年1月5日、中山11R)発走=15時35分

◎ 9 ストロングタイタン

〇12 タイムフライヤー

▲ 2 アドマイヤリード

△15 ステイフーリッシュ

△ 6 エアンセム

△11 ウインブライト

△ 8 マウントゴールド

馬連 9→12、2、15、6、11、8

 

京都金杯(GⅢ、1600m)も波乱の要素があちこちに見受けられます。明け4歳のカツジを狙いました。2~3歳時に重賞での好走歴がある馬ですが、昨秋の初戦、毎日王冠で12着に終わったからでしょう(掛かって後退)。前走のマイルチャンピンシップ(GI)は18頭立ての16番人気。ところが後方から鋭い脚で伸びてきて4着。勝ったステルヴィオからの差は1馬身1/4で、上がり3Fはメンバー中最速の33秒4でした。

人気のパクスアメリカーナも悪くはないですが、3歳牝馬で53キロとハンデが軽いサキア、前走は1400mで勝ちましたが本来はマイル戦が合っている(と思う)グァンチャーレ、そして着順は8着ですがGI・マイルCSで勝ち馬から2馬身半しかないヒーズインラブも面白そうで要注意。

【京都金杯】(1月5日、京都11R)発走=15時45分

◎ 3 カツジ

〇12 パクスアメリカーナ

▲ 2 サラキア

△ 4 グァンチャーレ

△ 8 ヒーズインラブ

△15 マイスタイル

△17 ロードクエスト

馬連 3→12、2、4、8、15、17

» コメントを書く