「日経新春杯」

2019年01月12日

「日経新春杯」

13日(日曜)の重賞は、京都競馬場で行われる正月恒例の日経新春杯(GⅡ、2400m)。古馬(4歳以上)のハンデキャップレースで、背負い頭はガンコの57キロ。他は56キロ以下になっています。軽量馬に注意は必要ですが、上位が馬齢重量以下ですから斤量に泣く(敗因にする)わけにはいきません。でも・・・人気うすの中に時々大駆けするタイプの馬がいるので予想が厄介なメンバーです。

狙ってみたい馬もいますが中心はグローリーヴェイズ。4歳になったばかりで、レースはまだ6戦(2勝、2着2回)しかしていません。一昨年、10月中山の1800mのデビュー戦を勝ち、連勝を狙った12月中京の「こうやまき賞」(500万下、1600m)でカフジバンガードにアタマ差及ばず2着。3歳の初戦は2月京都のきさらぎ賞(GⅢ、1800m)に挑戦し、これもサトノフェーバーにハナ差負け。スタートの後れをカバーしきれなかった惜敗でした。5月の京都新聞(GⅡ、2200m)でステイフーリッシュの4着のあと、新潟の佐渡S(1600万下)を勝って臨んだ菊花賞で5着に追い上げる好走を見せたのは記憶に新しいところ。素質十分なので今季は初戦から期待したい馬です。

1歳年長の5歳馬ムイトオブリガードは昨年、中距離戦で躍進。5月からの東京開催で条件戦で3連勝したあと、アルゼンチン共和国杯(GⅡ、2500m)でもパフォーマプロミスの2着に追い上げるまで成長しました。ただ、京都コース(芝)では勝っていないのが少し気になります。

単穴にしたメイショウテッコンは気性難が感じられますが、潜在能力は高いです。気分良く走らせてもらえると大駆けします。ノーブルマーズも同様。能力が無ければ目黒記念(GⅡ、東京2500m)、そして宝塚記念(GI、阪神2200m)で3着まで来れません。

追い切りの動きが予測より良さそうに見えるウインテンダネス、ガンコ、ルックトゥワイスも要注意にしました。

 

【日経新春杯】(1月13日、京都11R)発走=15時45分

◎ 2 グローリーヴェイズ

○16 ムイトオブリガード

▲12 メイショウテッコン

△11 ノーブルマーズ

△ 8 ウインテンダネス

△ 7 ガンコ

△10 ルックトゥワイス

::::::::::::

馬連 2→16、12、11、8、7、10

» コメントを書く