「東京新聞杯&きさらぎ賞」

2019年02月02日

「東京新聞杯&きさらぎ賞」

今年の東京新聞杯(GⅢ、4歳以上OP、別定重量、東京1600m)は好メンバーになりました。マイル路線の新勢力になりそうな明け4歳馬勢が参戦。年長組を脅かす可能性十分です。数えてみたら印を付けた7頭中、5頭が4歳になってしまいました。

中心にはそのうちの1頭、タワーオブロンドン。前走のキャピタルS(OP特別、東京1600m)はグァンチャーレにクビ差及ばず2着でしたが、当時はNHKマイルC以来の出走で6カ月ぶり。それでも中位から直線、迫力ある伸び脚でした。追い切りの動きの良さからみても順当に良化が期待できます。
年長組のロジクライ(6歳)が強敵。5歳のサトノアレスも気難しいところがありますが、東京コースは合っていて昨年のGI・安田記念でも小差の4着まで追い上げて来ました。これも逆転候補です。

穴馬にはジャンダルムを狙いました。気性難があって、とくに前走時(GI・マイルチャンピオンシップ)は焦れ込みが激しく16着の大敗。追い切りの走り振りをみると走っておかしくないのですが・・・大駆けが今回だったら悔しいので私は買っておきます。

レイデオロの弟レイエンダにももう少し走ってほしいし・・・以下、インディチャンプ、4歳牝馬で54キロのテトラドラクマも先行力があるので要注意としました。印からあぶれてしまったのがリライアブルエース。人気うすでも大駆けがあるかもしれません。

【東京新聞杯】(2月3日、東京11R)発走=15時45分
◎ 5 タワーオブロンドン
○10 ロジクライ
▲11 ジャンダルム
△ 1 サトノアレス
△15 レイエンダ
△ 2 インディチャンプ
△ 3 テトラドラクマ
馬連 5→10、11、1、15、2、3

京都の3歳馬の重賞、きさらぎ賞(GⅢ、1,800m)は◎ヴァンドギャルドがおすすめ。昨秋、阪神で重馬場の1,600m新馬戦を勝ったあと東京へ遠征してきて東スポ杯2歳S(GⅢ、1800m)でハナ、アタマ差の3着、次いでホープフルS(GI、中山2000m)で6着でしたが直線、不利がありました。能力は高いです。相手はアガラス、エングレーバー、ダノンチェイサーでしょう。

【きさらぎ賞】(2月3日、京都11R)発走=15時35分
◎ 3 ヴァンドギャルド
○ 7 アガラス
▲ 2 エングレーバー
△ 4 ダノンチェイサー
△ 1 タガノディアマンテ
△ 8 メイショウテンゲン
馬連 3→7、2、4、1、8

» コメントを書く