「共同通信杯&京都記念」

2019年02月09日

「共同通信杯&京都記念」

9日・土曜日の東京競馬は降雪の影響を考慮して早々と中止が決定。同番組は2日後の11日(月、祭日)に出走馬・馬番変更なしで代替開催することが発表されています。
10日の日曜日、東京競馬場で3歳馬の重賞・共同通信杯(GⅢ、1800m)、京都競馬場では4歳以上の京都記念(GⅢ、2200m)が行われます。
共同通信杯は出走が7頭になりましたが、レベルはかなり高いです。上位に挙げた馬はクラシック三冠レースでも狙えるでしょう。まずは4戦全勝で2歳チャンプになったアドマイヤマーズ。6月末の中京開催初日に1600m戦でデビュー勝ちすると中京2歳S(OP特別、1600m)を連勝。一息入れて10月京都のデイリー杯2歳S(GⅢ、1600m)、そして12月阪神のGI・朝日杯FS(1600m)も強い内容で制しました。今回は距離が200m延びて初コースの東京がカギですが、自在性があってポジション取りが自在、追われてから伸びるレースをしてきているので大丈夫そうです。
ただ、手ごわい相手がいます。フォッサマグナはキャリア1戦ですが、その12月中京の1400m戦(1分21秒7)がすごく強く見えました。追い切りの動きも素晴らしいので思わずこの馬に◎・・・も考えたほどです。
クラージュゲリエもポテンシャルは高い。昨年夏、札幌で1800m戦を勝って出走した札幌2歳S(GⅢ、1800m)はニシノデイジーの3着でしたが、気性難があって能力全開ではありません。前走の京都2歳S(GⅢ、2000m)を勝って東京の1800m。栗東からの長距離輸送がカギですが、能力的に魅力があります。それと、ダノンキングリー。デビュー戦(東京1600m)はタイム(1分37秒5)が遅くアタマ差の接戦でしたが、前走のひいらぎ賞(中山1600m)は1分33秒7で楽勝。めきめき良化している感じです。
【共同通信杯】(2月10日、東京11R)発走=15時35分
◎ 4 アドマイヤマーズ
○ 5 フォッサマグナ
▲ 6 クラージュゲリエ
△ 1 ダノンキングリー
△ 7 ゲバラ
馬連 4→5、6、1、7

京都記念は先週と今週の追い切りのタイム、動きからようやく立ち直ってきたように思われるタイムフライヤーを狙ってみます。このぐらいの距離が合うと思うステイフーリッシュ、札幌記念でサングレーザーと写真判定の2着だったマカヒキも動きは悪くないので重視しました。
【京都記念】(2月10日、京都11R)発走=15時35分
◎11 タイムフライヤー
○10 ステイフーリッシュ
▲12 マカヒキ
△ 2 ノーブルマーズ
△ 7 パフォーマプロミス
△ 8 ダンビュライト
△ 5 ブラックバゴ
馬連 11→10、12、2、7、8、5

» コメントを書く