「中山記念&阪急杯」

2019年02月23日

「中山記念&阪急杯」

今週から東西ともに開催場所が替わります。関東は東京から中山、西は京都から阪神へ(小倉はあと2週そのまま)。24日の日曜日、その東西で注目される重賞が行われます。中山競馬場の中山記念(GⅡ、4歳以上、1800m)は出走は11頭ですが、3月、アラブ首長国連邦(UAE)で行われるドバイワールドカップデーで海外GI制覇を期す日本馬が参戦。副題の「天皇陛下御在位30周年慶祝」にもふさわしいトップクラスの競演になりました。
ディアドラの動きの良さが目を引きます。昨年12月に香港へ遠征して香港カップ(GI、2000m)で惜しい2着でしたが、その疲れも全く感じられません。牝馬で54キロでの出走なので◎の期待。11月京都でマイルチャンピオンシップを制したステルヴィオも調教量十分。好仕上がりなので逆転候補の〇。問題はポテンシャルを高く評価している▲スワーヴリチャードです。昨春、阪神コースでGI・大阪杯(2000m)を力でもぎ取りましたが、中山の内回り1800mはRがキツイので3~4をどう回れるか不安が残ります。58キロもあって少し割り引きました。中山金杯を58キロで追い込み勝ちしたウインブライトがさらに上昇気配。皐月賞馬エポカドールも好仕上がりなので軽視禁物です。
【中山記念】(2月24日、中山11R)発走=15時45分
◎ 5 ディアドラ
○ 7 ステルヴィオ
▲10 スワーヴリチャード
△ 1 ウインブライト
△ 9 エポカドール
△ 3 ラッキーライラック
馬連 5→7、10、1、9、3

阪神競馬場で行われる阪急杯(GⅢ、4歳以上、1400m)は中3週で行われるスプリントGI、高松宮記念の前哨戦。こちらはフルゲート18頭になりました。枠順、展開の有利不利が大きく影響するので恵まれた人気うすの馬が食い込む可能性があります。中心は前走の東京新聞杯で先行してからまれ、9着に終わったロジクライ。巻き返しを期待します。調子を戻してきた感じのレッツゴードンキに〇。有望と思っていたミスターメロディは外枠になってどうか?人気うすではスターオブペルシャの動きが良く見えます。
【阪急杯】(2月24日、阪神11R)発走=15時35分
◎ 3 ロジクライ
○ 1 レッツゴードンキ
▲16 ミスターメロディ
△ 6 スターオブペルシャ
△11 ロードクエスト
△18 エイトシャイデン
△14 ダイアナヘイロー
馬連 3→1、16、6、11、18、14

» コメントを書く