「大阪杯」

2019年03月30日

「大阪杯」

土曜日の阪神の馬場コンデションは良馬場で始まって、午後後半は雨・稍重に変わっていました。ただ、夕刻には上がって当日はお日様マークのち曇りの予報。多少ゆるい馬場になったとしても、名だたるGIホースがそれに泣いてはいられません。予想の変更はやめて予定していたままにしました。昨年のダービー馬ワグネリアンに◎。
秋初戦に選んだ神戸新聞杯で中位から徐々に進出して抜け出し、エタリオウ以下を抑えて勝った。そのあと一頓挫あって休養。ここは6カ月ぶりの復帰戦ですが、調教は十分積まれています。坂路、Cウッドはもちろん、芝コースにも2回入れて追い切っています。直前(坂路)は控えたのでタイムは遅いものの、手綱を放せば突っ走りそうな気合乗り。内回りの阪神コースも3~4コーナーはカーブが緩やかなので大丈夫のはずです。
〇ステルヴィオは2月下旬の中山記念(GⅡ、1800m)でウインブライトの3着でしたが、1、2着馬(ラッキーライラック)との差はクビ、クビで直線坂上からの伸びは悪くなかった。一使われた強味があるので逆転候補。単穴には昨秋狙い続けた贔屓馬の1頭、キセキ。有馬記念からぶっつけ本番組ですが、これもかなり乗り込まれてきています。
金鯱賞4着から変わり身を見せそうなペルシアンナイトも怖い1頭。有馬記念のV馬ブラストワンピースも充実ぶりは目につきますが、ちょっと馬体が立派すぎるかも・・・

【大阪杯】(3月31日、阪神11R)発走=15時40分
◎ 2 ワグネリアン
○12 ステルヴィオ。
▲ 6 キセキ
△11 ペルシアンナイト
△ 7 ブラストワンピース
△ 1 マカヒキ
△ 3 アルアイン
馬連 2→12、6、11、7、1、3

» コメントを書く

2019年03月29日

「ダービー卿CT」

今週末は重賞が30日(土)中山競馬場で行われる4歳以上オープンのダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ、4歳1600m)と、31日(日)阪神のGI・大阪杯(4歳以上オープン、2000m)の2つだけ。ところが・・・日本からそれぞれチャンスがある有力馬が参戦しているドバイワールドカップデー(UAEメイダン)が30日。時差が5時間ぐらいあるのでレースが続く同日の深夜から31日の未明にかけても眠れない1日になりそうです。
馬券を買う方、見て応援するだけ・・・人それぞれなのでとりあえず中山のダービー卿CTの予想。このところ予報が怪しいですが、馬場の悪化はないとみました。ハンデ戦で中山1600mのフルゲート。枠順の有利・不利、追い込むにしても進路が取れるかどうか。中山の4コーナーは混み合って脚があっても運が無ければ能力を発揮できません。
そんなことは言ってもらちが明かない。ギベオンを中心にしました。気を抜くようなところはありますが、ポテンシャルの高さは保証できます。例えば3歳時、1600mのGI・NHKマイルカップ(東京1600m)の2着。最後方と言ってよい位置からケイアイノーテックが直線だけで差し切ったレースですが、先行勢でただ1頭頑張った(クビ差)のがこの馬でした。57.5キロのトップハンデには目をつぶって期待します。
先行力と自在性の感じられる上がり馬ドーヴァーを2番手(追い切りの動きも良好)。差し・追い込み勢からはなぜか不利なはずの中山で好走するロードクエスト、そしてコースが取れれば一気に浮上する脚があるプリモシーンを上位にピックアップしました。
大阪杯は予想は決めているのですが、あす30日にアップします。

【ダービー卿CT】(3月30日、中山11R)発走=15時45分
◎ 5 ギベオン
○ 4 ドーヴァー
▲10 ロードクエスト
△12 プリモシーン
△ 2 フィアーノロマーノ
△13 マイスタイル
△ 6 ヒーズインラブ
馬連 5→4、10、12、2、13、6

» コメントを書く

2019年03月24日

「イチロー引退」

私は20日と21日の夜、東京ドームにいました。MLBのアメリカンリーグ、マリナーズとアスレチックスの開幕戦が東京で行われることが決って、早くにネット裏の席を確保しておりましたから21日のイチローの引退劇もすぐ近くで見ていました。複雑な気持ちでした。
菊池雄星が西武に入団してデビューの時からず~っと応援してきてメジャーに行ったわけで、その初登板ですからうれしいじゃないですか。で、いいピッチングしていましたよね。そしたら途中で、7時ごろ、イチローが引退だって球場がざわざわ、ざわざわっとしたんです。それがネットのニュースで流れた時だったようです。その時からもう、見方が変わりました。
おそらく皆さんも同じ気持ちだったんでしょう。イチローのメジャーリーガーとしての試合を見ておきたいというのは。第1戦の20日、東京ドームは大観衆で埋ってイチロー一色。実数で発表するようになってから最大の観衆(45787)と報道記事にありました。そして翌21日。4打数無安打で八回、いったん右翼の守備位置についたイチローに交代が告げられました。観客にお別れの手を振って戻ったベンチ前にはマリナーズの野手や関係者が集合してイチローを迎えました。試合がもつれてそのあと延長戦(十二回、マリナーズが連勝)になって長い試合になったんですが、お客さんは終わっても帰りません。イチローはそれに答えて戻り、場内を一周して別れを告げました。

そのあとプレスインタビュー。午後11時55分から臨んだ会見の第一声は「こんなにいるの? びっくりするわ」でした。「今日を最後に日本で9年、アメリカで19年目に突入したところだったんですけども、現役生活に終止符を打ち、引退することとなりました」。「最後のこのユニホームを着てこの日を迎えられたことを大変幸せに感じています」。引退を決断したタイミングは「キャンプ終盤、結果を出せずに、それを覆すことができなかった。ということですね」。そして、「引退というよりクビになるんじゃないかというのはあった。ニューヨーク(ヤンキース)へ行ってからは、毎日そういう感じです。去年、3月のあたまにマリナーズからお言葉をいただいて、去年の春に終わっていてもまったくおかしくない状況でしたから、今、この状況は信じられないですよ。こんなの、夢みたいですよ」と気持ちを明かしておりましたね。
そして「この28年を振り返るには、あまりにも長い時間だったので、ここでひとつひとつ振り返るのは難しいということもあって皆様からの質問があれば、できる限りお答えしたいと思っています」と質問に応じました。会見は日をまたいで未明の午前1時半近く、約85分間にも及びました。イチローさんて、こんな方だったんですね。

菊池雄星くんは高校時代からMLBでやりたいという悲願だったんですが、そのメジャーリーグのデビュー戦がイチロー選手の引退試合になりました。5回を投げ切りたかったと思いますが、あと一人で交替。でも4回2/3を自責点1(失点2)。それより何より、彼にとってこの試合は生涯の“宝物”でしょう。私も“やっぱりチケットを取っておいてよかった~”と余韻にひたっていますが、これまでのイチローさんの大リーグの活躍にいまさらですが「ありがとう」と拍手を送りたいです。すごかったです。

» コメントを書く

2019年03月23日

「高松宮記念&マーチS」

いよいよ春季の芝のGI戦線に突入です。最初は春季のスプリントナンバーワン決定戦、高松宮記念(3月24日、中京1200m)。個人的には中京競馬場とはどうも相性が良くないのですが、そんなことは言っていられません。今年のメンバー、人気は偏りそうですが上位争いは予断を許さない混戦という気がします。
実績(レース内容)、追い切りの動き、コースとの相性・・・色々考えましたが、中心は充実著しい明け4歳のダノンスマッシュにしました。近2走、GⅢの京阪杯、シルクロードS(ともに1200m)を連勝。それほど強い相手でなかったとはいえ、完勝でした。勢いに乗ってチャンスです。
次いで今季中山で②②着してピークにもってきたナックビーナス、2月の阪急杯(GⅢ、阪神1400m)=2着=を叩いて本番のレッツゴードンキの牝馬2頭。牡馬の57キロに対して55キロなので斤量で脚色が鈍ることはありません。4歳牡馬ミスターメロディは57キロですが、勝ち星3つは東京(2)中京(1)。全て左回りで、1年前の昨年3月にこのコースでファルコンS(3歳GⅢ、1400m)優勝。ここに出走して人気を集めている同期馬(ダノンスマッシュ7着、モズスーパーフレア5着)を抑えています。当時とはデキが違うと言えばそれまでですが、快速モズスーパーフレアは前半速く後半タイムが落ちるので直線が長くなった中京コースはどうでしょう?

【高松宮記念】(3月24日、中京11R)発走=15時40分
◎13 ダノンスマッシュ
○ 9 ナックビーナス
▲ 8 レッツゴードンキ
△ 3 ミスターメロディ
△12 ロジクライ
△15 モズスーパーフレア
△ 6 アレスバローズ
馬連 13→9、8、3、12、15、6

中山のマーチSはハイランドピークに期待。前走の総武ステークスで5着に失速しましたが、昨年8月の札幌のエルムS(GⅢ、1700m、1着)以来6カ月半ぶりの出走でした。今度は息もちが変わるでしょう。中山コース得意のテーオーエナジーが強敵。ただ、ほかにも近走に進境が目に付く馬が多いので▲以下も要注意です。
【マーチS】(3月24日、中山11R)発走=15時30分
◎13 ハイランドピーク
○ 8 テーオーエナジー
▲ 4 ロードゴラッソ
△ 6 ヒラボクラターシュ
△12 ロンドンタウン
△ 3 ジョーダンキング
△ 9 エイシンセラード
馬連 13→8、4、6、12、3、9

» コメントを書く

2019年03月22日

「日経賞&毎日杯」

23日(土曜)に中山競馬場で行われる日経賞(GⅡ、4歳以上、2500m)は1着馬に天皇賞(春)の優先出走権がある重賞。出走が12頭で一見順当そうに思われますが、有馬記念と同じこの距離は中山の内回りでコーナーワークの巧拙が意外な落とし穴になることがあります。追い上げ不発・・・。コース適性がありそうな穴馬を狙ってみました。メイショウテッコンです。前走の日経新春杯(GⅡ、京都2400m)で9着に終わっていますが、昨秋の菊花賞(14着)以来の休み明けでした。最初は後方でしたが掛かったので鞍上の武豊騎手が放したたらバックから一気に行って3~4コーナー先頭。一度予行演習?したので今回は自分のレースができるかもしれません。クセ馬ですが潜在能力は高いです。
【日経賞】(3月23日、中山11R)発走=15時45分
◎ 1 メイショウテッコン
○ 7 エタリオウ
▲ 4 サクラアンプルール
△ 2 ゴーフォザサミット
△ 6 ルックトゥワイス
△ 5 ブラックバゴ
△12 クリンチャー
馬連 1→7、4、2、6、5、12

阪神では3歳馬のGⅢ、毎日杯(1800m)。中2週なのでちょっと強行軍ですが、収得賞金を加算できれが皐月賞への出走が見込めます。ここも配当的に妙味のある馬を狙いました。まだキャリア1戦のウーリリ(ハワイに棲息する鳥)。マカヒキの全弟です。昨年の11月末の京都の1800m新馬戦を勝っただけ(1分49秒5)ですが、5~6番手から結構しぶとく伸びて接戦を制しています。4カ月ぶりの出走ですが追い切り動きや馬体を見ると、かなりしっかりしてきたようなので一足早く照準を当てました。順当なら東スポ杯2歳Sの3着馬ヴァンドギャルドで今度こそというレースです。
【毎日杯】(3月23日、阪神11R)発走=15時35分
◎ 2 ウーリリ
○13 ヴァンドギャルド
▲ 9 アントリューズ
△ 3 ルモンド
△ 5 ケイデンスコール
△ 1 ランスオブプラーナ
△ 6 オールイズウェル
馬連 2→13、9、3、5、1、6

» コメントを書く

2019年03月16日

「スプリングS&阪神大賞典」

17日の日曜日は東西(中山、阪神)でGⅡ重賞が行われます。中山のスプリングS(1800m)は言わずもがな3着までに皐月賞の優先出走権があるレース。フルゲート16頭中、ただ1頭の3勝馬ファンタジストは1200mの新馬戦(中京)と小倉2歳ステークスを連勝。次いで東京1400mの京王杯2歳Sもしぶとく粘りきって勝ち星を手にしたので出走権の心配はありません。1600mに延びた朝日杯FSで4着に終わっているように、さらに距離が延びるここでどんなレースを試みる? ほかの15頭は2勝馬でも500下の勝ち馬で出走が難しいので、なんとして3着以内・・・というメンバーです。
その中から◎にヒシイグアスをピックアップしました。昨年11月、東京の新馬戦(1800m)でラストドラフトにアタマ差の惜敗。そのあと12月中山の2000m戦を3馬身差で楽勝し、続く500万下の若竹賞(1800m)もクビ差でしたが逃げ切りました。見た目に派手さはありませんが能力はかなり高く評価しています。ここはデビュー戦のように好位追走のレースをするとみて期待。
見どころ十分のレースをしているロジャーバローズ、クリノガウディーが強敵ですが、ほかにも前走の京成杯で1番人気で4着だったシークレットランをはじめ意欲十分の馬が揃ったので、上位争いがもつれるかもしれません。
【スプリングS】(3月17日、中山11R)発走=15時45分
◎ 8 ヒシイグアス
○15 ロジャーバローズ
▲ 2 クリノガウディー
△13 シークレットラン
△10 ディキシーナイト
△ 1 ファンタジスト
△ 3 ユニコーンライオン
馬連 8→15、2、13、10、1、3

阪神大賞典はちょっと心配もあるのですが、シャケトラにしました(◎)。前走のAJC杯は骨折明けで1年1カ月ぶりの出走。人気薄でしたが、これだけの馬を仕上がらない状態では出走させません。私は警戒していました(馬連的中)。ただ、気性的に長距離向きではありません。それでも、このメンバーではスピード上位。前半をごまかせば(?)首位有望です。
相手は長距離巧者のリッジマンが一番手ですが、面白いと思うのは▲にした牝馬のコルコバード。アドマイヤエイカンは今回、前走より走るはずです。

【阪神大賞典】(3月17日、阪神11R)発走=15時35分
◎10 シャケトラ
○ 2 リッジマン
▲11 コルコバード
△ 9 アドマイヤエイカン
△ 4 ステイインシアトル
△ 8 ヴォ―ジュ
△ 6 ソールインパクト
馬連 10→2、11、9、4、8、6

» コメントを書く

2019年03月15日

「フラワーC&ファルコンS」

今週は4つの重賞が行われます。17日の日曜日は中山競馬場で注目度の高い皐月賞トライアルの「スプリングステークス」(GⅡ、1800m)、そして阪神では天皇賞・春につながる古馬の「阪神大賞典」(GII、3000m)。それは翌日(16日)ということして、土曜日の16日の2つの重賞。
中山で行われる3歳牝馬のフラワーカップ(GⅢ、1800m)は、どちらに軍配が挙がるか注目したい2頭が激突します。4戦2勝のコントラチェックは6月函館のデビュー戦(1800m)は3着でしたが、そのあと札幌の2走目(1800m)は2着に7馬身差の圧勝(逃げ切り)。9月末の中山のサフラン賞(1600m)は好位差しに回って逃げたレッドアネモスにクビ差に迫ったところがゴール。ただし、一息入れて再出発した1月中山の菜の花賞(500万下、1600m)は再度先行して直線でも後続を突き放し、2着に3馬身差、1分33秒8の速いタイムをマークしています。
対する西からの挑戦馬、エールヴォアも4戦2勝。スタートで先行争いになった札幌のデビュー戦は2着に終わりましたが、秋を待って再出発した10月阪神の未勝利戦(1800m)は1分46秒8の速いタイムで6馬身差の圧勝。続くGⅢのアルテミスS(東京1600m)でも好内容の3着で、そのあと2000mのエリカ賞(阪神、500万下)を先行押切勝ちしています。
◎は後者にしました。ただ、長距離輸送の影響があれば分かりません。▲のシャドウディーヴァ以下にも注意しましょう。
【フラワーC】(3月16日、中山11R)発走=15時45分
◎ 7 エールヴォア
○ 4 コントラチェック
▲ 2 シャドウディーヴァ
△ 3 エフティイーリス
△ 8 ジョディー
△10 ランブリングアレー
△ 9 レオンドーロ
馬連 7→4、2、3、8、10、9

中京の1400mのGⅢ、ファルコンステークスはヴァッシュモンを狙いました。ここまで3戦2勝。9月中山の重馬場1200mで2着のあと、10月東京の1400m戦を差し切り勝ち。そのあと1月中山のジュニアC(1600m、L)を4~5番手から追い上げて連勝しました。追い切りの動きも良いです。

【ファルコンS】(3月16日、中京11R)発走=15時25分
◎10 ヴァッシュモン
○15 ハッピーアワー
▲ 4 ローゼンクリーガー
△ 9 ダノンジャスティス
△11 ドゴール
△13 グルーヴィット
△14 イッツクール
馬連 10→15、4、9、11、13、14

» コメントを書く

2019年03月09日

「金鯱賞&フィリーズレビュー」

春一番で9日土曜日の中山牝馬Sは大荒れ?上位人馬が総崩れでしたね。でも運・不運はレースに付きもの。勝った馬も、負けた馬も次、頑張ってもらいましょう。10日の日曜日は2つのGⅡ重賞が行われます。
発走順に、まず中京競馬場で行われる4歳以上オープンの金鯱賞(2000m)。すごいメンバーになりましたね、GIホースが5頭! つい最近まではローカル色を感じるような重賞だったんですが、昨年、ここを踏み台のスワーヴリチャードが中2週でGI・大阪杯を勝ちました。同じGⅡでも金鯱賞の格が上がったと言っても良いぐらいです。
◎はダノンプレミアムにしました。昨年の皐月賞馬で、1番人気で6着に終わったダービー以来9カ月半ぶりの出走。でも、この馬は皐月賞までの出走レースを見ても分かるように、調教だけで仕上がる稀有な馬です。最終追い切りの動きから期待します。
次いで調教を積み重ねている一昨年の皐月賞馬アルアイン。▲(穴馬)にはGIは勝っていませんがNHKマイルC(GI)2着のギベオンを狙ってみました。
【金鯱賞】(3月10日、中京11R)発走=15時25分
◎ 1 ダノンプレミアム
○10 アルアイン
▲ 7 ギベオン
△ 6 ペルシアンナイト
△ 8 エアウインザー
△11 リスグラシュー
△12 モズカッチャン
馬連 1→10、7、6、8、11、12

阪神の桜花賞トライアル、フィリーズレビュー(1400m)はフルゲートの18頭。この距離は内回りコースです。◎アウィルアウェイはスタート、加速に難があるので過信できませんが、能力上位は明らかなので中心にしました。昨年暮れの阪神ジュベナイルフィリーズを回避することになった捻挫の方は心配いりません。次位候補は先行、好位追走タイプを重視。長距離輸送の影響がなければ関東から向かったホウオウカトリーヌの浮上が期待できます。
【フィリーズレビュー】(3月10日、阪神11R)発走=15時35分
◎ 5 アウィルアウェイ
○12 キュールエサクラ
▲ 6 プールヴィル
△ 9 メイショウケイメイ
△11 ホウオウカトリーヌ
△15 ジュランビル
△16 ココフィーユ
馬連 5→12、6、9、11、15、16

» コメントを書く

2019年03月08日

「中山牝馬S」

今週は3つの重賞が行われます。9日は4歳以上の中山牝馬ステークス(GⅢ、1800m)、10日は中京で4歳以上の金鯱賞(GⅡ、2000m)、そして阪神では2着までが本番に出走できる桜花賞トライアルのフィリーズレビュー(GⅡ、1400m)。どのレースにも注目している馬が出走しているので楽しみです。
とりあえず9日・土曜日の中山牝馬S。GⅢですが、この先、GⅡどころかGIでも活躍できそうな明け4歳馬が出走します。昨秋の秋華賞(GI、京都2000m)で、アーモンドアイには差し込まれましたが逃げて2着に大善戦したミッキーチャーム。これは当然として、ほかにも有望な4歳がいます。
その中の1頭、ノームコアを◎に抜擢しました。前走の愛知杯(GⅢ、中京2000m)でワンブレスアウェイの2着でしたが、スタートで躓(つまづ)いて後方からのレースでした。それでも直線、大外から追い上げて最後まで伸びた走りぶりに迫力がありました。昨年秋、中山の紫苑S(GⅢ、2000m)を好位からあっさり抜け出した内容からもポテンシャルかなり高い。本格化したように感じるここはねらい目でしょう。もちろん強敵は秋華賞2着で人気を集めると思われるミッキーチャーム。人気薄の中から穴馬にはランドネをピックアップ。先行勢との兼ね合いがカギですが、2段引きの形になれば大駆けがあるかもしれません。

【中山牝馬S】(3月9日、中山11R)発走=15時45分
◎ 2 ノームコア
○13 ミッキーチャーム
▲ 6 ランドネ
△ 1 アドマイヤリード
△ 5 クロコスミア
△ 7 フロンテアクイーン
△10 デンコウアンジュ
馬連 2→13、6、1、5、10

» コメントを書く

2019年03月06日

「スポーツ雑感」

3日の日曜日に行われた東京マラソンは日本記録保持者の大迫傑((27)=ナイキ=が29キロ付近でリタイヤするなど日本勢が大苦戦。この日はスタート時点の気温が5.7度ぐらいで当日の札幌より1度ぐらい低い寒さ。しかも冷たい雨がずっと降り続いていました。優勝したのはエチオピアのビルハヌ・レゲセでタイムも2時間04分48と速かった。このレゲセ選手から2分遅れて2位がケニヤのカロキ、3,4位もケニヤ出身の選手でした。
条件は同じといっても・・・大迫選手が「スタート地点から寒くなって、身体が動かなくなり危険せざるを得ない状況でした」とコメントを発表しています。アフリカ勢が強いのは分かっています。

3万人以上の人たち(参加ランナー)が並ぶのでやむを得ないのかもしれませんけど、あまりにも早くスタートラインにつき過ぎたのではないか?それが響いて低体温症のような状態になったのでは・・・と思います。選手たちは冷たい雨の中、10分以上、立って待っている。直前で変更するのは難しいのは分かりますが・・・せめてトップの30人ぐらいの選手、招待選手やMGC(東京五輪代表選考会、9月15日)に向かうトップグループには直前になってから出してあげたかった。そのぐらいの気持ちでやってあげないと記録を狙う選手たちには酷なコンデションでしたよね。同情したくなりました。

でも、日本人トップの5位(2時間10分21秒)にっ入った中央大の堀尾謙介くん(22)。よく頑張りました。箱根駅伝のエース区間と言われる2区で走っても首位争いをしていたほどの選手なんですが、初めてのマラソンで、あの過酷な状況で2時間10分そこそこのタイムで走り切ったのは立派です。身長180センチを超す大型選手で、これはひょっとしたらひょっとするかもしれません。9月のMGCに出たら注目したいランナーです。

話が変わって卓球(ジャパン・トップ12大会、仙台)。同じ日の夜、テレビを見出したら寝られなくなってしまいました。まず女子の決勝。伊藤美誠ちゃん(18)と石川佳純さん(26)の対戦になったんですが、この試合はすごかった。4-2で石川さんが優勝したんですが、石川さんは1月の全日本選手権(優勝=伊藤美誠)で16強止まりだったんです。よほど悔しかったんでしょう。見事に立て直してきましたね。
男子の決勝は昇竜の勢いだった張本を破って全日本の王者に復権した水谷隼(29)と、雪辱に燃える張本智和(15))の再戦。これも全日本のタイトル戦で負けたのが薬? 張本選手が水谷選手を圧倒して4-0のストレート勝ちでした。張本選手はかなりパワーアップした感じで、強かったです。でも、ちょっと・・・というか、個人的にかなり気になったのが、あのポイントを取った時の“絶叫”です。自分を鼓舞するためなんでしょうが・・・あれって大丈夫? 来年の東京五輪で審判に重い処分を下されないか心配です。

» コメントを書く