「桜花賞」

2019年04月06日

「桜花賞」

桜花賞(GI、阪神1600m)です。馬場コンデションが気になって何度か予報を見直すのですが、ちょうどレースが行われる7日午後3時ごろの傘マークは消えませんね。大きく影響しないとみて各馬のスピードを重視します。
有力候補の上位は枠番の内から④クロノジェネシス、⑧グランアレグリア、⑮ダノンファンタジー。これがベスト3でしょう。ただし、フルゲートの18頭がなんの不利もなく走り切れるレースなんてありません。
◎はグランアレグリアにしました。12月阪神の朝日杯フューチュリティS以来の出走になりますが、デビュー戦での快勝、夏を越しての秋初戦だったGⅢ・サウジアラビアロイヤルCの楽勝から見ても大丈夫。ただ、西への輸送だけは気になります。
強敵は快調そのものの動きを見せているダノンファンタジー、そしてクロノジェネシスですが、うまくエンジンがかかると底力を発揮するシェーングランツを穴狙いに加えました。

【桜花賞】(4月7日、阪神11R)発走=15時40分
◎ 8 グランアレグリア
○15 ダノンファンタジー
▲ 4 クロノジェネシス
△ 1 シェーングランツ
△14 ビーチサンバ
△ 2 エールヴォア
△ 9 アクアミラビリス
馬連 8→15、4、1、14、2、9

» コメントを書く