「NHKマイルC」

2019年05月04日

「NHKマイルC」

5日の日曜日(こどもの日)、東京競馬場で3歳馬のGI・NHKマイルカップ(1600m)が行われます。4日は大変でした。それでなくても4月27日からの競馬の3日間開催に続いて30日の平成陛下の「退位の日」、「令和」に改元になった5月1日の即位の日と、朝から夜までテレビでその模様を見ていて、いつ寝たか、起きたかはっきりしません。
それでなくても競馬をやっていると1週間は速くて、資料の整理に次いで追い切り映像で各馬の走り振りの確認、枠順発表、天気予報・・・とやることが多くて、あっという間に「予想」、週末のレースということになります。
オマケに今日(4日)は原稿を書いてアップまでに時間があるので場外(ウインズ横浜)に駆け付けたら、なんと東京競馬場(府中市)がゲリラ豪雨に遭っていてレースの発走を見合わせ中。結局、豪雨(雹=ひょう?)はなかなか止まず、結局10レース以降が中止になりました。京都に的を絞って、帰ろうとしたら今度はウインズ周辺が豪雨。傘を持参していないファンがほとんどなので人があふれたまま。小雨になるまでかなり時間を要して、さんざんでした。
で、NHKマイルCです。中心はグランアレグリア。今年は牝馬が3頭しています。このレース、私はオークスを距離(2400m)が長いとみてここに勝負を賭けた牝馬を狙うことが多いです。何故なら、1600mは東京コースと言ってもスピードの勝負。定量は牡馬が57キロ、対して牝馬は55キロ。今の時点でスピード比べの距離では、牝馬の2キロ減はハンデをもらったのも同然とみます。それと、距離が長いかなと思う牡馬陣営でもダービーは別格なので、一線級のほとんどはダービーを選びます。桜花賞馬グランアレグリアは追い切りの時点で、“すごいデキになった”と感嘆しました。しかも輸送は美浦トレセンから府中まで。レースで余程大きな不利がなければ勝てるでしょう。
皐月賞4着のアドマイヤマーズは、よくここに踏み切りました。もっとも、ここを走ったあとダービーということも中2週ですから無理筋だとは思いません。かつてはダービートライアルだったレースです。
▲ファンタジストは皐月賞は13着でしたが、ここは適距離の範囲内なの評価を上げる必要があります。あとダノンチェイサー以下、ヴィッテルスバッハ、クリノガウディー、ヴァルディゼールの食い込みに注意。

【NHKマイルC】(5月5日、東京11R)発走=15時40分
◎ 7 グランアレグリア
○17 アドマイヤマーズ
▲13 ファンタジスト
△ 3 ダノンチェイサー
△15 ヴィッテルスバッハ
△ 1 クリノガウディー
△ 8 ヴァルディゼール
馬連 7→17、13、3、15、1、8

» コメントを書く