「平安S」

2019年05月17日

「平安S」

オークスを翌日に控えた18 日、京都競馬場でダート1900mの重賞・平安Sステークス(GⅢ、4歳以上)が行われます。重賞勝ちがある馬が増量される別定重量戦で、GI勝ちが基礎負担に3キロ上乗せされ、順次GⅡ2キロ、GⅢ1キロというのが基本。昨年暮れに大井で東京大賞典を勝ったオメガパフュームは59キロです。ダートは芝ほどスピード発揮に差が出ないのですが不安材料になります。それなら好調チュウワウィザード・・・と思うのですが、これも前走のGⅡ勝ちで軽量で走ってきた馬が一気今回に58キロ。
ということで中心はサンライズソア(57キロ)にしました。放牧されて3カ月ぶりのレースになりますが、追い切りの動きからみていいリフレッシュになったと判断しました。
次いで勢いのあるチュウワウィザード。昨年まで54キロで走っていた馬なので予想以上にこたえる心配もありますが、4歳なので伸び白がまだ十分あります。
単穴にはハイランドピークを狙いました。スタートに出遅れ癖があって、早めに捲って出て勝ち星をもぎ取ってきた馬です。前走は珍しく?スタートが決って「逃げ」になったのですが、ケイバは難しい。早めに後続に急追されて大敗でした。今回、鞍上が武豊騎手になりました。クセ馬をどう走らせるか? 潜在能力の高い馬なので興味深いです。

【平安S】(5月18 日、京都11R)発走=15時35分
◎ 8 サンライズソア
○ 7 チュウワウィザード
▲10 ハイランドピーク
△ 1 オメガパフューム
△ 5 アナザートゥルース 
△ 3 グレンツェント
△16 ロンドンタウン
馬連 8→7、10、1、5、3、16

» コメントを書く