「関屋記念&エルムS」

2019年08月10日

「関屋記念&エルムS」

今週の重賞は新潟でサマーマイルシリーズの第2戦・関屋記念(GⅢ、1600m)、札幌ではダートのエルムステークス(GⅢ、1700m)。ともに別定重量戦ですが、関屋記念は収得賞金による別定、エルムSは勝った重賞の格で増量される別定です。酷暑が気になりますが、札幌は一気に気温が下がってピークは過ぎたようです。
いぜん酷暑が予想される新潟の関屋記念は、福島の七夕賞で1番人気で11着に終わったロシュフォールを狙いました。前走は‟悪く出ればこういうレースをしてこうなる”という不安がそのまま当てはまる結果でした。ここも、距離が1600mなので不安はありますが直線の長いコースなので差し脚が発揮できる方に賭けました。暑さを考えて早めに新潟に入ってレースと同じ本馬場で追い切っているのも好感できます。
ミッキーグローリーは骨折による休養明けで9カ月ぶりの実戦ですが、思った以上の動きになっています。最後の一追いで実戦でも息が持つ仕上がりになるかも・・・。昨秋、京成杯オータムH(GⅢ、中山1600m)を勝ってGI・マイルチャンピオンシップでも勝ち馬ステルヴィオに1馬身半差まで追い上げた馬ですからね。
単穴は3歳のケイデンスコール(人気かな?)。新潟2歳Sの勝ち馬で、GI・NHKマイルカップ(東京1600m)でもアドマイヤマーズに五分の57キロを背負って半馬身差の2着。ここは53キロなので突き抜ける可能性があります。
【関屋記念】(8月11日、新潟11R)発走=15時45分
◎10 ロシュフォール
○13 ミッキーグローリー
▲ 3 ケイデンスコール
△ 6 ソーグリッタリング
△14 ミエノサクシード
△ 4 オールフォーラヴ
△11 リライアブルエース
馬連 10→13、3、6、14、4、11

札幌のエルムSは先行馬有利とはいえ、これだけ行きたい馬がそろってはすんなり流れるとは思えません。1キロ増の57キロですが、自在性がある重賞4勝の4歳馬グリム中心が妥当でしょう。
驚異の末脚を見せているモズアトラクションに注目。穴馬には初ダートですが、芝で断然の実績を見せていたタイムフライヤーを狙っています。
【エルムS】(8月11日、札幌11R)発走=15時25分
◎12 グリム
○ 4 モズアトラクション
▲ 7 タイムフライヤー
△11 レッドアトゥ
△14 リアンヴェリテ
△ 3 ドリームキラリ
△ 6 サトノティターン
馬連 12→4、7、11、14、3、6

» コメントを書く