「天皇賞(秋)」

2019年10月26日

「天皇賞(秋)」

近年の三冠レースの覇者に牝馬の3冠馬、それらと好勝負した有力馬がそろって、競馬ファンにとってはさしずめ2000mの有馬記念?好メンバーの天皇賞になりました。目星を付けて自分が応援してきた馬を重視するのも一興かと思います。
と言っても、少し真面目に考えて中心はサートゥルナーリアにしました。初めての古馬との対戦は不安材料なのはもっともですが、天皇賞は古馬の定量が58キロ(牝馬56キ 初ロ)で厳しい。それに対して3歳馬は2キロ軽い56キロ。速いタイムのレースなるほど斤量差が活きます。それと仕上がり状態。秋初戦に選んだ京都新聞杯(GⅡ、2600m)はスローな流れの2番手から難なく先頭に立って2着ヴェロックスに3馬身差の楽勝でした。ダメージはなく、1戦こなして仕上がりが万全にみえます。相手になりそうな有力馬のほとんどが秋初戦なので期待。
〇アーモンドアイは昨年、牝馬3冠を制し、挑戦した秋季東京の最高峰ジャパンカップも目を剥く速いタイムで勝って年度代表馬になりました。さらに年明けて遠征したUAE(アラブ首長国連邦)でもドバイターフ(1800m)を楽勝。世界に名を轟かせました。ただ、帰国後に出走した安田記念ではインディチャンプ、アエロリットにクビ、ハナ差届かず、3着。帰国直後、レース中の不利があった・・・にしても物足りなさが残ります。初めて背負った56キロも原因の一つかもしれません。
単穴は贔屓馬の1頭、ワグネリアン。昨年のダービー(優勝)の◎は、外枠(17番)?問題ない、たぶん先行する(好位)の読みがあっての快哉!でした。そのあと、秋季は体調を崩しましたが、前走の札幌記念は復調気配を感じて◎にしました。ブラストワンピースの4着に終わったのですが、前肢左右とも落鉄(蹄鉄が外れること)していたそうです。今回は狙い目かも。
あと、スワーヴリチャードが思った以上に追い切りで動いています。それと、マカヒキにも立ち直って欲しいところです。
【天皇賞】(10月27日、東京11R)発走=15時40分
◎10 サートゥルナーリア
○ 2 アーモンドアイ
▲14 ワグネリアン
△ 4 スワーヴリチャード
△ 9 ダノンプレミアム
△ 8 マカヒキ
△ 5 アエロリット
馬連 10→2、14、4、9、8、5

» コメントを書く

2019年10月25日

「スワンS&アルテミスS」

ここ2~3週は台風、雨に振り回されてきたような気がします。ようやくお天道様の下での競馬になりそう。好メンバーがそろった天皇賞(秋)が良馬場での勝負になって(見込)やれやれです。前日、26日の土曜日には東西で2つの重賞があります。
京都で行われるスワンステークス(GⅡ、1400m)は1着馬にGI・マイルチャンピオンシップの優先出走権があるレースですが、フルゲート(18頭)の激戦が予想されます。この距離は展開の読みが難しい。先行馬が押し切るか、追い込み勢が揃って浮上する?両極端のレースになる印象が強いです。
モズアスコットに期待しました。どちらかと言えば後者のタイプですが、昨年、連闘で臨んだ安田記念(9番人気)でアエロリット、スワーヴリチャードを差し切ってGIホースに輝きました。びっくりしました。秋初戦の前走、毎日王冠(GⅡ、1800m)は3歳馬ダノンキングリーの6着でしたが、1800mは少し長かったでしょう。一度使われて今回、この距離なら大駆けが望めます。
実績上位のグァンチャーレは秋初戦で息がもつかどうか?ダイアトニック以下の伏兵が浮上する可能性がありますので注意が必要です。
【スワンS】(10月26日、京都11R)発送=15時35分
◎10 モズアスコット
○ 7 グァンチャーレ
▲17 ダイアトニック
△ 1 ロードクエスト
△15 スマートオーディン
△ 9 トゥザクラウン
△ 6 アマルフィコースト
馬連 10→7、17、1、15、9、6

東京のアルテミスステークス(GⅢ、1600m)はデビュー間もない2歳牝馬の中央場所初重賞。人気を集めると思いますが、6月阪神の1600m新馬戦を圧勝したリアアメリアに◎。気がいいと言うか、闘志旺盛に見えるので栗東から東京への輸送が少し心配なのでパドックで推察してください。不安を感じるようなら次位のサンクテュエール以下の組み合わせを一考。
【アルテミスS】(10月26日、東京11R)発走=15時45分
◎ 9 リアアメリア
○ 8 サンクテュエール
▲ 3 ルーチェデラヴィタ
△ 6 オータムレッド
△ 5 ビッククインバイオ
△ 1 オムニプレゼンス
馬連 9→8、3、6、5、1

» コメントを書く

2019年10月19日

「菊花賞」

今週のGIは三冠レース(3歳)の最終戦、菊花賞。皐月馬サートゥルナーリアがダービーで4着に終わって三冠制覇のかかる馬がいなくなった。そのサートゥルナーリアがトライアルの神戸新聞杯を楽勝しながら、距離もあるのか回避に踏み切った。2番手先行から直線先頭で逃げ込む大駆けでダービー馬ロジャーバローズは故障発生で引退。同2着のダノンキングリー(皐月賞3着)も距離を嫌を嫌ったようで短距離、中距離(?)に路線変更・・・
そんな勢力図になって俄然、浮上するのがヴェロックスです。皐月賞はサートゥルナーリアにアタマ差の2着、ダービーも2着から2馬身半離れたとはいえ3着をキープ。少し地味に映るものの、今年の三冠レースの3強の一角なのは間違いないです。秋初戦の神戸新聞杯でサートゥルナーリアに3馬身差の完敗でしたが、相手の最も有利な展開になったので私は健闘だったと思います。他の馬との比較からここはチャンスです。
相手の一番手にはサトノルークスを抜擢。皐月賞に初めて東上してきたとき、伏兵陣(△)の1頭に
挙げたのですが、難しいところがあるようで全く能力を発揮できませんでした。でも、秋初戦の中山のセントライト記念ではリオンリオンの2着。追い切りの動きを見ると今度はさらに状態が良くなりそうです。
単穴はワールドプレミア。骨折からカムバックした神戸新聞杯で最終追い切りの動きが思った以上だったので▲にしたのですが、上がり最速のタイムで3着まで伸びました。今回、ぐんと良くなっているので“ひょっとしたら”の期待が持てます。
次いでダービー5着のニシノデイジー。後方からのケイバだったので首位争いからは圏外でしたが、インからの最後の伸び脚が印象に残っています。あと、セントライト記念で3着に好走したザダル以下としました。ひと夏越して急上昇と伏兵となると、どうでしょう?

【菊花賞】(10月20日、京都11R)発走=15時40分
◎13 ヴェロックス
○14 サトノルークス
▲ 5 ワールドプレミア
△ 2 ニシノデイジー
△ 1 ザダル
△15 ホウオウサーベル
△ 7 ヒシゲッコウ
馬連 13→14、5、2、1、15、7

» コメントを書く

2019年10月18日

「富士S」

秋のGIへのステップレースは難しいです。実績のある上位馬は、次の目標レースに万全の態勢で臨むための一叩きの意味合いがあるのはご存じでしょう。馬によりけりですが、調教量が十分で動きが良くても案外に終わるケースは間違いなくあります。
先週の例で言うと、13日の秋華賞は東のトライアル戦、紫苑Sで3着に終わったカレンブーケドールの巻き返しとみて◎(2着)。これは良かったのですが、オークス以来のクロノジェネシス(1着)を割引して△。それも最後に気になる穴馬を追加して、それと入れ替えてしまった(アホです)。
ただし、翌14日の体育の日の府中牝馬Sは会心。ここの穴馬はスカーレットカラーと決めていたので単穴(▲)に。休み明けの◎ラッキーライラック(②人気)が3着に終わり、○プリモシーン(①人気)は14着。後方待機から追い込んだスカーレットカラーの急襲が決まりました。ちなみに、2着が人気薄の△フロンテアクイーン。スカーレットカラーが2着だった札幌のクイーンSで、2番人気で7着に終わっていました。内容はそれほど悪くなかったのですが、この着順が盲点でした。思った以上の高配当(単勝680円、馬連7320円、馬単1万1550円、3連複9940円、3連単7万7860円)になりました。

つい脱線しましたが、19日の土曜日の重賞、富士ステークス(GⅢ、東京1600m)は4週後に京都で行われるマイルチャンピオンシップ(GI、1600m)へのステップレースです。雨の影響、馬場状態が気になりますが、それ以上に問題なのが「別定」の負担重量です。休み明けの3歳馬が歴戦の古馬の最も重い馬と同斤量(57キロ)です。波乱になってもおかしくないでしょう。
ロジクライを狙ってみます。ここに向けてみっちり乗り込まれてきて、直前の追い切りのタイム、動きも目立ちます。昨年のこのレースの勝ち馬です。
アドマイヤマーズも速い追い切りを積んでいるので逆転候補。ノームコアは骨折明けですが、追い切りの動きはかなり良く見えます。△陣にも要注意。

【富士S】(10月19日、東京11R)発走=15時45分
◎15 ロジクライ
○ 7 アドマイヤマーズ
▲16 ノームコア
△13 ジャンダルム
△ 2 レッドオルガ
△ 9 レイエンダ
△17 クリノガウディー
馬連 15→7、16、13、2、9、17

» コメントを書く

2019年10月15日

「日本ラグビー、決勝T!」

史上初のベスト8をかけたラグビーワールドカップ1次リーグの日本-スコットランド戦。引き分け以上なら史上初の日本の決勝トーナメント進出が決まる一戦(横浜・日産スタジアム)とあって、私も行って観戦していました。
試合は開始間もなくスコットランドに先制トライを奪われて、ゴールも決められ0-7。相手はA組でアイルランドに次ぐ強豪なので、やっぱり甘くはないなと不安になりました。ただ、日本もすぐさま反撃。10分後に左サイドでこの日先発出場した福岡がタックルを受けながらも繋ぐ必殺のオフロードパスで松島へ。そこから松島が一気に突っ走ってトライ。この二人はホント、速いですね~。もちろん、ほかのフィフティーンの奮闘があってチャンスが生まれるんですけど。そして福岡は前半終了間際、そして後半の開始早々にトライを決めました。
キッカーの田村も素晴らしかった。距離と角度が厳しかった最初の1本は外れましたが、そのあと4本はきっちりゴールを決めました。
ただ、後半は長かった~。21-7で前半終了。後半に入って福岡のトライ+田村のゴールで28-7とした時はこれで大丈夫じゃないかと思ったんですが・・・スコットランドはやはり強かったです。このままでは帰れないと(?)思ったんでしょう。身長や体重、個々のフィジカル面では上回りますから重戦車のように日本を押し込み始めて、後半10分と同15分ぐらいに立て続けにトライ&ゴール。28-21と一気に差が縮まりました。あと1トライ&ゴールで同点、さらにペナルティーを取られたら逆転という大ピンチに。時間はまだかなりあるし、テレビ観戦の皆さんも“なんとか止めて!”と祈るような気持ちだったんじゃないでしょうか。 
でも日本、ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ=監督)が標榜する「ワンチーム(一つのチーム)」を具現するように全員で守り抜きました。ノーサイドになった瞬間、立ち上がって誰彼なし。座席の周囲の人たちとハイタッチしていました。
世界を驚かせてA組1位で勝ち上がった日本。準々決勝の相手はB組2位(1位ニュージーランド)の南アフリカ。前回大会(15年)一次リーグで日本が勝ち、史上最大の大番狂わせと言われてきました。当時の終盤の大逆転を思い出します。20日(日)、味の素スタジアム(東京・調布市)です。

» コメントを書く

2019年10月14日

「アイルランドT府中牝馬S」

台風19号の大雨、強風で12日(土)、13日(日)と中止になっていた東京競馬が14日(月、祝日)開始になります。メーンレースはアイルランドトロフィー・府中牝馬ステークス(GⅡ、1800m)。台風一過の好天で馬場が馬場の回復が急。午後に雨予報になっていますがそれほど馬場コンデションは悪化しないでしょう。GI・エリザベス女王杯(11月10日、東京)を目指す古牝馬(4歳以上)の有力どころが出走して来ました。
◎はラッキーライラックにしました。秋初戦で5カ月ぶりですが、入念に調教を積み重ねられての出走なので能力を発揮できるはずです。
逆転候補は同じ4歳のプリモシーン。こちらはGI・ヴィクトリアマイルでノームコアにクビ差2着のあと7月21日の中京記念に出走。断然人気で3着に終わりましたが着差はハナ、クビでした。巻き返す可能性は十分あります。
▲(単穴)はスカーレットカラー。7月札幌のクイーンS(GⅢ、1800m)で後方から追い上げ、勝ち馬ミッキーチャームームにクビ差まで迫る2着。レース内容が良かったです。△ソウルスターリング、クロコスミアは今回軽視されそうですが、ポテンシャルは高いです。

【府中牝馬S】(10月14日、東京11R)発走=15時45分
◎15 ラッキーライラック
○14 プリモシーン
▲ 8 スカーレットカラー
△ 9 ソウルスターリング
△13 クロコスミア
△ 2 ディメンシオン
△ 6 フロンテアクイーン
馬連 15→14、8、9、13、2、6

» コメントを書く

2019年10月13日

「秋華賞」

小生、神奈川の横浜・港南に住んでいるのですが、今回の台風19号には参りました。避難勧告(レベル4)のエリアメールの着信音が鳴るし、これまでの経験から「これで大丈夫だろう」とベランダの観葉植物はじめ小テーブル・椅子、ステレンス製ゴミ箱など室内に入れ、風の当たりにくいフェンスの内に寄せたりして備えたつもりだったのですが・・・。ドーン、ドドーンと不規則に窓を打つ突風の強いこと。“これはいつも(の台風)と違うぞと内心パニック状態。
高台のマンションで地盤はしっかりしているので水害は大丈夫なのですが、窓ガラスが割れると処置なしです。最悪も覚悟したのですが、その断続的突風がウソのように止んだのが突風開始から4時間ぐらい経過した時でした。そのあと、点けっぱなしだったNHKが「横浜市で瞬間風速43.8mを観測」と伝えていました。それにしても、広範囲の関東各地で起きている水害が心配です。
競馬どころじゃないという状況ですが、13日の日曜日、京都競馬場では秋華賞ですね。一応、下調べはしていたので予想を下記します。
中心はオークス2着馬、カレンブーケドールにしました。東のトライアル戦、紫苑S(中山2000m)で3着でしたが、スタートで態勢を崩して、ポジション(2番手)を取りにいったのと、マークされて早め早めに脚を使ったレースでした。本番で真価発揮。
ダノンファンタジーは西のトライアル戦・ローズS(阪神、1800m)で距離をカバーする乗り方を試して勝ちました。こちらはさらに1ハロン延びる距離克服がカギです。
怖いのは春季の2冠に出走していない新進の2頭。▲のエスポワールは5戦3勝、2着1、3着1回で、とくに前走のシンガポールターフクラブ賞(中京2000m)の勝ちぶりが良かった。サトノダムゼルは3戦3勝。折れ合いに心境を見せて速い脚を長く使えるようになってきた。両馬とも重馬場でも勝っているのも魅力。
ほかにも有力馬がいるが、ローズSの2着が好内容で追い切りの動きも上昇気配のビーチサンバ、秋の心境に期待したいシェーングランツ、紫苑Sを差し切り勝ちしたパッシングスルーに△。

【秋華賞】(10月13日、京都11R)発走=15時40分
◎ 8 カレンブーケドール
○ 1 ダノンファンタジー
▲17 エスポワール
△13 サトノダムゼル
△ 7 ビーチサンバ
△10シェーングランツ
△16 パッシングスルー
馬連 8→1、17、13、7、10、16

» コメントを書く

2019年10月05日

「毎日王冠&京都大賞典」

6日の日曜日、この秋の勢力図を描き直すことになるかもしれないGⅡ重賞が東西で行われます。東京競馬場では恒例のGIへのステップレース、毎日王冠(1800m)、そし京都では2400mの京都大賞典。ともにシーズントップの前哨戦なので実力だけで収まらない要素を孕んでいます。高速馬場もそれに輪をかける感じ。警戒が必要です。
毎日王冠は別定重量5キロで出走できる3歳馬ダノンキングリーに◎。一騎当千の古馬がそろったので“通用するかな”という不安はありますが、新馬(東京1600m)、ひいらぎ賞(500万下、中山1600m)を連勝したあと、出世レースとなった共同通信杯(GⅢ、東京1800m)で2歳チャンプのアドマイヤマーズを好位追走から一瞬の脚で差し切ってファンを驚かせました。皐月賞でサートゥルナーリア、ヴェロックスと接戦の3着。ダービーも、逃げ切ったロジャーバローズにクビ差の2着・・・期待の方が大きいです。
インディチャンプは58キロが気になりますが、同じ58キロを背負ったGI・安田記念でアエロリットを差しって勝ちました。底力がありますし、直前の追い切りでも迫力ある動きを見せています。単穴にはペルシアンナイトを狙いました。気性に難がありますが、GIクラスが揃った今夏の札幌記念で5着した内容が良かった。そして、いつも強調することですが左回りの東京になると良い方へ一変するアエロリットも争覇圏内。
【毎日王冠】(10月6日、東京11R)発走=15時45分
◎ 9 ダノンキングリー
○ 4 インディチャンプ
▲ 6 ペルシアンナイ
△ 3 アエロリット
△10 モズアスコット
△ 2 ギベオン
△ 5 ランフォザローゼス
馬連 9→4、6、3、10、2、5

京都大賞典は、人気になるでしょうがグローリーヴェイズに◎。この春、天皇賞で2着したときは正直、驚きました。定量の58キロを背負って、あのフィエールマンとクビ差の勝負・・・。3着(パフォーマプロミス)は6馬身千切れていたレースです。昨年の菊花賞で5着した時、あれっ?と思いましたし、4歳になって今年初戦の日経新春杯(GⅡ、京都2400m)でルックトゥワイスに半馬身差で重賞初制覇しましたが、55キロのハンデでした。中・長距離の適性はもう疑えません。中山1800mのデビュー戦を勝った時が432キロ。それが使われるごとに馬体重が増えて前走が456キロ。奥が深そうです。
エタリオウはクセ馬で近況はパッとしませんが、そろそろ良くなってよい頃です。▲にしたノーブルマーズも個性の強いタイプですが、潜在能力に注目しているのでいつも人気より重い印を付ける1頭です。
【京都大賞典】(10月6日、京都11R)発走=15時35分
◎16 グローリーヴェイズ
○ 4 エタリオウ
▲ 1 ノーブルマーズ
△ 9 エアウインザー
△10 ウラヌスチャーム
△14 ダンビュライト 
△11 アドマイヤジャスタ
馬連 16→4、1、9、10、14、11

» コメントを書く

2019年10月04日

「サウジアラビアロイヤルC」

令和元年の秋の陣は今週から東は中山から東京、西は阪神→京都に舞台が替わります。今週末は、ラグビー・ワールドカップの日本-サモア戦(5日、(愛知・豊田スタジアム))はじめ日本馬3頭が挑む凱旋門賞(6日、仏・ロンシャン)も気になるし、孫2人の運動会まであって(?)頭をうまく切り替えて行動しないとうやむやのうちに時が流れてしまそうです。
まず、5日の東京競馬場。中央場所で初めての2歳馬の重賞、サウジアラビアロイヤルカップ(GⅢ、1600m)が行われます。出走馬は9頭と少なくなりましたが、この先、目が離せない有望馬が出走していますので必見です。

人気は1戦1勝のサリオスが被りそうですが、これにデビュー戦(6月2日、東京1600m)で敗れて2着だったアブソルティスモを◎にしました。スタートから先頭に立って、折れ合いもついて、直線で頃合いをみて追い出されてしっかり伸びたのですが・・・サリオスの直線急襲がすごくて2馬身及びませんでした。この馬も3着馬に7馬身差をつけたのですが・・・。このレースだけで判断するとサリオスには敵わない気もします。ただ、その後、間を空けて札幌で出走(未勝利戦)、勝ち上がりました。距離が1500m。不利な外枠からのスタートで後ろからのケイバになって、普通なら勝てない展開。それでも直線でこじ開けるようにコースを見つけると寸前で差し切りました(ハナ差)。父はダイワメジャーに替わっていますが、レオデオロ(ダービー、天皇賞・秋)の弟です。キャリアが1戦多いのが活きるかも予想以上大きいかもしれません。
相手はもちろんサリオスですが、次いでクラヴァシュドールが侮れません。△以下が連対なら好配当で、見どころのある馬がいます。

【サウジアラビアロイヤルC】(10月5日、東京11R)発走=15時45分
◎ 8 アブソルティスモ
○ 3 サリオス
▲ 6 クラヴァシュドール
△ 2 ジェラペッシュ
△ 9 エンジェルサークル
△ 5 ロードエクスプレス

馬連 8→3、6、2、9、5

» コメントを書く

2019年10月02日

「たまげた日本、19-12アイルランド」

いま、ラグビーが日本中を沸かせています。ご覧になりました?先週末、28日の土曜日の日本―アイルランド戦。すごいですね~。世界ランク2位のアイルランドに日本が勝った! 歴史的な快挙、この大番狂わせに世界中が驚いています。
待望のワールドカップ日本開催が実現したわけで、代表メンバーは「練習は死ぬほどやった」と口を揃えるようにできる限りの準備はしてきた。地力強化は当然で、期待を高めていました。でもね~、相手が予選Aグループで最強のアイルランドですよ。「ワールドカップ2019JAPAN」開幕時点では2大会連続優勝の最強ニュージーランド(オールブラックス)を抑えて世界ランク1位になっていました。その突進力にズタズタにされるんじゃないか、何トライ取られるんだろう、果ては日本、点を取れるだろうか・・・そんな不安に襲われていました。

ところが・・・前半序盤こそ2トライ(5点)+1ゴール(2点)=12点を取られたんですが、スクラム、モールともそれほどそん色ないし、タックルがすばらしかった。それがアイルランドの反則につながって、得たペナルティーキックをサッカー選手だったという田村が3度決めて9点。その度に入った!よーし!と拍手。前半が終わって9対12。PK一つで追いつくじゃないですか。相手は相当嫌(不安)だったんじゃないかと思います。
そして後半は絶叫の連続。開始まもなく、プレマッチでふくらはぎを痛めて9月20日の開幕戦のロシア戦を欠場し、この日も出場予定になかったというスピードあるWTB福岡選手が急きょ、痛んだ選手と交代出場。そして間もなく、パスがつながってその福岡が左隅に走り込んで歓喜のトライが生まれました。ゴールも決まって7点追加の16-12。ついに逆転です。そして続きは田村のこの日4つ目のPK成功で19-12。アイルランドに1トライがあってゴールも決めても同点まで。「勝てるぞ!」と気分が一気に高揚しました。
それからは残り時間を気にしながらハラハラ、ドキドキ。それも終了間際、相手のパスをインターセプトした福岡がインゴール寸前まで突っ走るプレーが吹っ飛ばしてくれて、最後は相手があきらめて?蹴り出してノーサイド(試合終了)でした。
4年前の前回大会(2015イングランド)で優勝候補の一角と見られていた南アフリカ(当時世界ランク3位)をランク13位の日本が破り、ワールド史上最大の番狂わせと言われたのを思い出します。今回はそれ以上の快挙ということになるのでしょうが、今の日本は運やマグレだけではないないかもしれません。残るスコットランド戦が問題ですが、とりあえず5日(土)のサモア戦に注目しましょう。ベスト8の壁を乗り越える?

» コメントを書く