「阪神C」

2019年12月20日

「阪神C」

有馬記念を前に21日土曜日に行われる阪神カップ(GⅡ、阪神1600m)は、好メンバーが集結したフルゲート(18頭)の激戦。各陣営、熱の入った追い切りを行ってチャンスをうかがっている。
歴戦の古馬が相手で楽ではないものの、◎は今年の桜花賞馬グランアレグリアにした。蹄の不安で秋季は休ませていたので、ここが7カ月半ぶりの出走になる。ただ 十分乗り込まれていて追い切りの動きも軽快。仕上がりの不安はない。桜花賞は早めのスパートで後続を完封。勝ちタイム1分32秒7はレースレコードだった。1400m戦は初めてだが、阪神のこの距離は内回りだし(先行馬有利)、スピードで押し切れるはずだ。
古馬陣ではまず、マイスタイル。今夏、休み明だった函館の巴賞の9着から一変。函館記念(GⅢ、2000m)を逃げ切り、そのあと1400mのGⅡ・スワンS(京都)で3着。そしてGI・マイルチャンピオンシップ(京都1600m)でもインディチャンプの4着と大健闘した。充実度から逆転もあるか。
単穴(▲)にねらったロジクライは前走の富士S(GⅢ、東京1600m)は17着の大敗。強気には推せないが、安田記念(GI、東京1600m)以来の出走でレース内容もチグハグ。ケイバをしていない。1400mの重賞では今年の前半戦、阪急杯(阪神)と京王杯スプリングC(東京)で3着の好走歴がある。追い切りもビシっとやられているし、叩き一変があるかもしれない。
他にも有望馬が多い。実績一番のレッツゴードンキ、上がり馬シヴァージ、グァンチャーレ、フィアーノロマーノを警戒。
【阪神C】(12月21日、阪神11R)発走=15時45分
◎ 5 グランアレグリア
〇 1 マイスタイル
▲12 ロジクライ
△ 2 レッツゴードンキ
△11 シヴァージ
△ 8 グァンチャーレ
△10 フィアーノロマーノ
馬連 5→1、12、2、11、8、10

» コメントを書く