「アメリカジョッキークラブC&東海S」

2020年01月25日

「アメリカジョッキークラブC&東海S」

中山と京都で行われてきた正月競馬もようやくオーラスになりました(3日間開催があったので合計9日)。今週の重賞は二つ。26日の日曜日に中山競馬場で行われるアメリカジョッキークラブカップ(GⅡ、2200m)と、京都のダート重賞・東海ステークス(GⅡ、1800m)です。お天気が下り坂で心配ですが、最悪のケース(降雪)は予想外とします。

アメリカジョッキークラブCは出走12頭ですが好メンバーの対戦になりました。中心をどれにするか?迷いが生じます。候補は4頭いるのですが、ここで逃しては悔いが残るので4歳牡馬のラストドラフトを狙いました。2歳11月にデビュー勝ちした後、1月中山の京成杯(GⅢ、2000m)を2番手から抜け出して勝った馬。重馬場の弥生賞で逃げて7着に終わったあと皐月賞は中団のままの感じでサートゥルナーリアの7着。桜花賞馬マルセリーナの仔なので距離が長い?とも思ったのですが・・・。休養させてかなり成長してきたようです。秋初戦8着のあと前走の中日新聞杯(GⅢ、中京2000m)で2着。最後にサトノガーネットの急襲に遭ってアタマ差。惜しいレースでした。折れ合いに進境が感じられます。
実績上位は断然ブラストワンピース。一昨年の三冠レース、ダービーと菊花賞で惜しいレースをしたあと有馬記念で爆走。そして昨年は、名だたるタイトルホルダーを破って札幌記念を勝ちました。ただ今回は、大敗に終わった凱旋門賞帰り初戦。半信半疑で、ワンランク落とした評価にしました。ただし、見た目は追い切りでは動いているので「あっさり」があるかもしれません。
▲(単穴)にはニシノデイジー。2歳時、しぶとい差し脚で札幌2歳S、東スポ杯2歳Sを勝ち、ホープフルS(GI、中山2000m)でもサートゥルナーリアの3着。ダービーの5着も光りました。追い切りの動きもかなり良いです。
そしてミッキースワロー。このコース(中山2200m)は3歳時にセントライト記念(3歳GⅡ)を勝ち、4歳時にはこのAJCCでダンビュライトの2着、昨年もオールカマー(GⅡ)で2着と好成績で、今回は鞍上も主戦の横山典。迷いますよ、ホント。
以下の伏兵陣も多彩。長休明けでもいきなり走るタイプのサトノクロニクル、名牝シーザリオの仔グローブシアターはこれからの期待馬。追い込みタイプですが意外に小回りコース(中山、札幌)を苦にしないウラヌスチャームにも要注意です。
【アメリカジョッキークラブC】(1月26日、中山11R)発走=15時45分
◎ 2 ラストドラフト
〇11 ブラストワンピース
▲ 9 ニシノデイジー
△ 3 ミッキースワロー
△12 サトノクロニクル
△ 8 グローブシアター
△ 1 ウラヌスチャーム
馬連 2→11、9、3、12、8、1

久しぶりに京都で行われることになった東海S(前7回は中京)は人気に逆らわずに◎インティ。探せば58キロの負担重量、同型の逃げ馬スマハマらがどう出るか?など展開の不安がありますが、スピード上位を重視しました。チャンピオンズCは7着でしたが、その前の京都のみやこS(GⅢ、1800m)を速いタイムで差し切り勝ちしているヴェンジェンスが逆転候補。
一発大駆けの狙いなら▲にしたモズアトラクション。後半の上がり勝負のタイプで終い3ハロン、36秒で来ます。前団、中位グループが早めに勝負に出るレースになると一気に浮上します。同じく浮上のチャンスが出て来るのはキングズガード。もう1頭、コマビショウにも注意が必要です。
【東海S】(1月26日、京都11R)発走=15時35分
◎13 インティ
〇15 ヴェンジェンス
▲ 1 モズアトラクション
△14 キングズガード
△ 2 コマビショウ
△ 7 エアアルマス
△ 3 アングライフェン
馬連 13→15、1、14、2、7、3

» コメントを書く