「中山記念&阪急杯」

2020年02月29日

「中山記念&阪急杯」

観客(一般ファン)のいない中での競馬…が現実のことになりました。2月25日の安倍晋三首相の決断についていろんな方がいろんなことを言っていますが、これは仕方がありません。それほど新型コロナウイルスの感染力が強いからです。国の一大事。こちらは、たかがケイバです。
でも、とりあえずカレンダー通り競馬は行われます。今はインターネットでの馬券売り上げが60%前後という時代。それなら下準備をしていたので3月1日(日)の重賞、中山記念(GII、4歳以上、中山1800m)と阪急杯(GⅢ、阪神1400m)の予想をUPします。
中山記念は別定重量戦。56キロで出走できる4歳のダノンキングリーのチャンスだと思います。皐月賞の接戦の3着、ダービーの2着、そして秋初戦の毎日王冠の好タイム勝ちの内容からみて、このメンバーでも勝負になります。
〇は昨秋、GI・エリザベス女王杯(京都2200m)を勝ち、遠征した香港ヴァーズ(GI、シャティン2400m)でも最強馬を相手に2着して来た5歳牝馬のラッキーライラック。こちらも別定(牝馬2キロ)で55キロでの出走なので逆転候補。単穴(▲)にはペルシアンナイトを狙いました。折れ合いがカギの馬。静かな中でのケイバなので末脚の鋭さが活きる(?)かも。58キロのインディチャンプ、ウインブライトはそのあとのランクにしました。
【中山記念】(3月1日、中山11R)発走=15時45分
◎ 3 ダノンキングリー
〇 7 ラッキーライラック
▲ 5 ペルシアンナイト
△ 1 インディチャンプ
△ 8 ウインブライト
△ 4 ソウルスターリング
馬連 3→7、5、1、8、4

西は京都の連続開催が終わって阪神に舞台が移りました。1日のメーンは阪急杯。1400m戦で18頭のフルゲートですから勝負どころからのコース取りが難関です。紛れがあるかもしれません。
能力から◎はダイアトニック。末脚勝負のタイプなので内枠(3番)からのスタートが不安ですが、何とか捌いてほしいところ。
次いで高気配が目に付くフィアーノロマーノ。こちらは6番枠ですから不利はそれほど心配ないでしょう。問題は短距離路線に切り替えたステルヴィオ。外傷で戦列を離れ、ここは9カ月ぶりの出走ですが、能力の高さに惚れ込んでいた馬なので▲にしました。クリノガウディー以下△グループも展開次第で浮上してもおかしくないメンバーです。
【阪急杯】(3月1日、阪神11R)発走=15時35分
◎ 3 ダイアトニック
〇 6 フィアーノロマーノ
▲ 7 ステルヴィオ
△ 5 クリノガウディー
△ 4 マイスタイル
△ 1 ジョイフル
△13 ハッピーアワー
馬連 3→6、7、5、4、1、13

» コメントを書く

2020年02月22日

「フェブラリーS&小倉大賞典」

今年最初のGI、フェブラリーステークス(東京ダート1600m)です。余計なことは言わないで(書かないで)いきなり予想です。中心はモズアスコットにしました。トライアルと言ってよい前走の根岸ステークス(GⅢ、東京ダ1400m)は快勝でした。スタートで後れたのですが、そのあとすぐ加速してフルゲート(16頭)の中位。直線外からの追い込みは鮮やかでした。人気のコパノキッキングを余裕で交わして1馬身1/4差。58キロを背負って1分22秒7のタイムも速いです。予想では▲にしていたのですが、体つきから言ってもダートは問題なく走ると思っていました。ここはGIで定量の57キロ。一昨年の安田記念(GI、東京芝1600m)に続いてダートでもマイルのチャンピオンになるチャンスです。
強敵はこの距離ならスピードが活きるインティですが、単穴(▲)にしたタイムフライヤー以下にも注意したいところです。
【フェブラリーS】(2月23日、東京11R)発走=15時40分
◎12 モズアスコット
〇 5 インティ
▲ 4 タイムフライヤー
△ 7 ヴェンジェンス
△ 3 ワイドファラオ
△ 9 サンライズノヴァ
△ 2 アルクトス
馬連 12→5、4、7、3、9、2

フェブラリーSの20分前にスタートする小倉競馬場の小倉大賞典(GⅢ、1800m)には昨年、クラシック3冠で活躍したヴェロックスが出走します。僅差の勝負だった皐月賞が2着(優勝したサートゥルナーリアにアタマ差)、ダービー、菊花賞でも3着でした。最近は断然人気の馬がコロコロ負けていますが、他の馬に◎をと言われても・・・。ただ、土曜日の小倉は急な強雨があった京都ほどでないにしても道悪でした。馬場コンデションに注意してください。道悪でタニノフランケルがあるかもしれません。
【小倉大賞典】(2月23日、小倉11R)発走=15時20分
◎ 6 ヴェロックス
〇 3 テルトーリアル
▲ 2 カデナ
△11 タニノフランケル
△13 ジナンボー
△ 9 エメラルファイト
△ 4 レイホーロマンス
馬連 6→3、2、11、13、9、4

» コメントを書く

2020年02月21日

「ダイヤモンドS&京都牝馬S」

春近し━。世の中、新型のコロナウイルスで明け暮れる毎日ですが、たまには息抜きが必要です。競馬カレンダーはこれから春季の佳境に入ろうとするところ。無観客レースなんてありえないと思います。香港ではそれに近い開催があったようですが・・・22日(土)は東京競馬場で4歳以上、3400mの長距離重賞、ダイヤモンドS(GⅢ)、京都では古牝馬の京都牝馬S(GⅢ、1400m)が行われます。気になる方はマスクを着けて場外へ向かってください。
ダイヤモンドSの中心はタガノディアマンテ。前走の万葉ステークス(OP特別、京都3000m)の追い上げは見事でした。この馬はポテンシャルが高いんです。勝ち星は未勝利戦を加えた2つですが、3歳の昨年は三冠レースの王道を歩んで見どころのあるレースも多かった。掲示板(5着まで)には載っていませんが皐月賞6着、ダービー9着、菊花賞7着です。長距離路線では世代交代の時を迎えています。順調ならオルフェーヴル産駒のこの馬が主役になりそう。追い切りの動きからもそんな気がします。以下、印は下記の通りですが、▲オセアグレレイトは昨年デビューの4歳馬。成成長している感じです。最後の△ミライヘノツバサは全くの人気薄だと思いますが、休み明けを一叩きされて動きがぐんと良くなっているのでマークしました。
【ダイヤモンドS】(2月22日、東京11R)発走=15時45分
◎ 7 タガノディアマンテ
〇11 タイセイトレイル
▲ 1 オセアグレイト
△ 6 レノヴァール
△13 ヴァントシルム
△14 メイショウテンゲン
△16 ミライヘノツバサ
馬連 7→11、1、6、13、14、16

京都牝馬Sは1400mの距離が最初のカギ。加えて「展開」次第では・・・という有望馬が多いのでレースの流れ次第でガラッと形勢が変わるような要素があります。中心馬の選定にちょっと迷いますが、リナーテを狙いました。かなり前から目をつけていた1頭で、1200mより今回の1400mの方がいいかもしれません。サトノダイヤモンドの妹で鞍上が武豊。直前の追い切りは最後セーブしたので良く見せませんが、1週前に販路で半マイル51秒6-37秒0-12秒1の速いタイムをマークしています。今回はそれほど人気にならないと思うので狙ってみる手はあります。
【京都牝馬S】(2月22日、京都11R)発走=15時35分
◎ 3 リナーテ 
〇13 シゲルピンクダイヤ
▲ 2 ビーチサンバ
△17 サウンドキアラ
△14 ドナウデルタ
△ 1 アルーシャ
△ 9 プールヴィル
馬連 3→13、2、17、14、1、9

» コメントを書く

2020年02月15日

「共同通信杯&京都記念」

16日の日曜日の重賞は東京競馬場で明け3歳の共同通信杯(GⅢ、1800m)、京都では4歳以上の京都記念(GⅡ、2200m)。共同通信杯にはすでにクラシック候補に数えて良いと思われる有力馬が東上します。
その馬、マイラプソディが中心です。ここまで3戦3勝。7月中京の2000m戦でデビュー。ここは折れ合い重視で、出走10頭の7~8番手からのケイバ。先行勢からかなり距離があったので″大丈夫かな“と思わせましたが、直線で期待通りの伸び脚を発揮。先抜けの2着(ルリアン)と3/4馬身差でしたがゴール前で差し切りました。2走目のオープン特別、野路菊S(阪神1800m)は出走5頭でしたが、2着に5馬身差の楽勝。3走目の京都2歳S(GⅢ、2000m)では早めの勝負に出て2着(ミヤマザクラ)に2馬身差でした。栗東トレセン所属なので、ここはダービーコースを経験させておこうという目論見もあるでしょう。
〇はキャリア1戦ですがフィリオアレグロにしました。昨年10月の東京2000mでデビュー勝ちして以来ですが、大外⑬番から好位に付けて直線早めに先頭。2着との着差は1/2馬身でしたが、2分01秒5(発表は重馬場)のタイムは上々です。▲(単穴)のダーリントンホールは3戦して勝ち星はまだ一つですが、札幌2歳S(GⅢ、1800m)で3着、帰厩初戦の葉牡丹賞(1勝クラス、中山2000m)の3着も、勝ち馬が2歳のコースレコードをマークしたレースでした。高いポテンシャルを感じます。
次いでビターエンダー。あと、人気うすですが差し・追い込みで見どころあるレースをしているココロノトウダイとシングンバズーカもマークしました。
【共同通信杯】(2月16日、東京11R)発走=15時45分
◎ 8 マイラプソディ
〇 7 フィリオアレグロ
▲ 6 ダーリントンホール
△ 2 ビターエンダー
△ 3 ココロノトウダイ
△ 4 シングンバズーカ
馬連 8→7、6、2、3、4

京都記念は3歳の昨年、GI中のGI、ジャパンカップで古馬相手に2着と大健闘したカレンブーケドールに期待します。坂越えの外回りコース(2200m)なのが気になりますが、オークスの2着も中身の濃いレースでしたし、53キロなのも魅力。輸送があるので最終追い切りは控えめでしたが、動きそのものは良く見えます。
強敵は同期の明け4歳牝馬、クロノジェネシス。秋華賞(GI,京都2000m=内回り)では一瞬の脚をうまく使われて2馬身差をつけられる2着でした。こちらは掛かり気味なのが心配になるほど元気いっぱいで、速いタイムをマークしています。
穴狙いにはノーブルマーズを抜擢。しぶといレースをするので、いつも警戒する馬です。もちろん、ステイフーリッシュもマークが必要です。
【京都記念】(2月16日、京都11R)発走=15時35分
◎ 1 カレンブーケドール
〇 7 クロノジェネシス
▲ 9 ノーブルマーズ
△ 5 ステイフーリッシュ
△ 6 アルメリアブルーム
△ 8 ドレッドノータス
馬連 1→7、9、5、6、8

» コメントを書く

2020年02月14日

「クイーンC」

15日の土曜日、東京競馬場で行われる3歳牝馬の重賞、デイリー杯クイーンカップ(GⅢ、1600m)は、桜花賞の出走権がかかったトライアル指定ではないものの今年の3歳牝馬の勢力図を描く上で見逃せません。もちろん、牝馬クラシック第1戦の桜花賞にも結び付くのですが、メンバーが多彩でオークス向きでは・・・と思われる有力馬も複数います。
ということで予想にも迷いが生じたのですが、中心(◎)はホウオウピースフルにしました。有馬記念、札幌記念などを勝っている現役のブラストワンピースの妹で、父がハービンジャーからオルフェーブルに代わっています。昨年8月、札幌1800mでデビュー勝ちして、帰厩初戦の百日草特別(1勝クラス、東京2000m)も難なく連勝。期待は順調に膨らみました。ここは1600mがどうか?ですが、スタートが良いし、どこからでも行けそうなスピードと折合の良さを垣間見せています。大丈夫でしょう。
ルナシオンはバンドワゴン、スワーブリチャードの妹で昨年10月、東京1800mでデビュー勝ちしただけのキャリア。そのレースはフルゲート(16頭)の14番枠からだったが、難なく好位につけるスピードを見せました。ただ、掛かりぎみでなだめるのに苦労。離れた5番手あたりまでセーブしたので初戦勝ちはどうか?と思われました。危うく見えたのですが、エンジンがかかってからの伸びは良く、ゴール前で差し切り。大物感があり、2走目でどう変わるか注目しています。
単穴にはアカノジュウイチを狙いました。初戦は10月東京の1400m。タイムは1分22秒7(良)で平凡に思われますが、中団の後ろから4コーナーで外に持ち出し、追われてからのフットワークが非常に良かった。ゴール前は流すレースだったので狙うなら今回?
あと、福島(1200m)でデビュー勝ちしたあと相手が強化しても1勝クラス、GⅢで2着したレース巧者(に見える)マジックキャッスルと、オークス向きに見えるもののポテンシャルが高いミヤマザクラにも注目。
【クイーンC】(2月15日、東京11R)発走=15時45分
◎12 ホウオウピースフル
〇 3 ルナシオン
▲10 アカノニジュウイチ
△ 9 マジックキャッスル
△ 1 ミヤマザクラ
△ 6 シャンドフルール
△14 インザムービー
馬連12→3、10、9、1、6、14

» コメントを書く

2020年02月08日

「東京新聞杯&きさらぎ賞」

今週の重賞は4歳以上の東京新聞杯(東京1600m)と3歳馬のきさらぎ賞(京都1800m)。ともにGⅢ(9日)ですが、これからGI路線に進んで行きたい陣営にとってはここで目途をつけたいところです。
東京新聞杯は12戦して4勝、2着5、3着2回のレッドヴェイロンに期待しました。この成績だけで並みの馬でないのを感じると思いますが、脚部不安で1年近い戦列離脱があったからです。2歳10月の新馬戦(京都1800m、2着)でクビ差負けしたのが痛く、勝ち上がったのが5走目の3歳の3月。ただ、そのあとアーリントンC(GⅢ、阪神1600m)でタワーオブロンドンの小差3着(1/2、1/2)、そしてNHKマイルC(GI,東京1600m)でも小差3着。1着ケイアイノーテック、2着ギベオンとの差はクビ、アタマでした。勝負は明け5歳を迎えた今年(から)でしょう。
〇にした4歳のヴァンドギャルドが逆転候補。この馬も能力は非常に高いです。2歳秋に阪神で新馬勝ち(1600m)したあと東スポ杯2歳S(GⅢ、1800m)に遠征してきて3着。それも1着ニシノデイジー、2着アガラスとハナ、アタマ差で、ハナ差ですがヴェロックス(4着)に先着していました。そのあと距離をもたせるため?後方待機のパターンに変えましたが、これが裏目、裏目のレースに。昨秋、1600m戦で3連勝しましたが、この距離なら当然だと思っていました。
ただ、ここには「まともに走れば」一気に浮上するタイプの馬が複数います。単穴(▲)にしたプリモシーンはじめ、賞金別定で58キロになっていますがそれでも東コースなら怖いケイアイノーテック。クリノガウディーがいてサトノアーサーと続いて、究極は喉(のど)の手術をして2走目になるクルーガー。追い切りの動きを見るとどうしても印をつけたくなります。
【東京新聞杯】(2月9日、東京11R)発走=15時45分
◎ 9 レッドヴェイロン
〇 2 ヴァンドギャルド
▲ 1 プリモシーン
△15 ケイアイノーテック
△13 クリノガウディー
△ 5 サトノアーサー
△ 4 クルーガー
馬連 9→2、1、15、13、5、4

きさらぎ賞は迷わずアルジャンナです。2走目の東スポ杯2歳Sで5馬身差(2着)というのが評価落ちになるかもしれませんが、スパートする位置が後ろだったからで、勝ったコントレイルが強すぎたんです。この馬の伸び脚も良かったです。
出走が8頭なので以下の印を絞りたくなりますが、グランレイ、ギベルティ、ストーンリッジ、トゥルーヴィル・・・新馬勝ちしたばかりとか2走目の中にも変わりそうな馬が多いので油断は禁物です。
【きさらぎ賞】(2月9日、京都11R)発走=15時35分
◎ 8 アルジャンナ
〇 5 グランレイ
▲ 4 ギベルティ
△ 7 ストーンリッジ
△ 3 トゥルーヴィル
△ 6 サトノゴールド
馬連 8→5、4、7、3、6

» コメントを書く

2020年02月01日

「根岸S&シルクロードS」

中国湖北省武漢市の海鮮卸売市場内の野生動物売り場?が感染の発端とされる新型コロナウイルス肺炎の大騒ぎの中、2月になりました。これについてはNRサプリメントアドバイザーの認定を受けている一員として言いたいことがあるのですが、私は発生が伝えられて間もなく“これはパンデミック(感染爆発)になる”と直感しました。記せば長くなるので・・・競馬です。それにしても、あのSARS(サーズ、重症急性呼吸器症候群、2002~3年)が教訓になっていないとは・・・
2日(日)、東京競馬場でダートのGⅢ、根岸ステークス(1400m)、京都では芝1200mのシルクロードS(GⅢ)が行われます。とくに根岸Sは1着馬に春季のダートGI・フェブラリーステークス(東京1600m)の優先出走権があるので該当陣営は熱が入るところです。
ミッキーワイルドを狙いました。2歳12月から3歳6月まで芝で5戦(2勝)した後、ダートに活路を求め、4歳末まで9戦。主にこの距離で着々と成績を上げて3勝、2着5回、3着1回。凡退は一度もなく、5歳を迎えた今季は躍進が期待できます。まだ負担重量も56キロです。
強敵は重賞勝ちがある2キロ増の面々。ダートは初めてでもモズアスコットはGI・安田記念の勝ち馬で58キロは同斤で問題ないし、ダートでも力を発揮しそうです。同じく58でも単穴にワイドファラオ。この距離なら失速はないでしょう。もう1頭の58キロ馬コパノキッキングは距離延長がカギですが、追い切りの動きは絶好調に見えます。
【根岸S】(2月2日、東京11R)発走=15時45分
◎ 3 ミッキーワイルド
〇11 モズアスコット
▲ 6 ワイドファラオ
△ 5 コパノキッキング
△ 4 ワンダーリーデル
△15 ダノンフェイス
△ 7 スマートアヴァロン
馬連 3→11、6、5、4、15、7

京都のシルクロードSも上がり馬、レッドアンシェルを◎に抜擢。明け6歳で、しかも今回は脚部不安で昨年6月のCBC賞(GⅢ、中京1200m)=1着=以来7カ月ぶりの出走になります。ただ、乗り込みは十分で、最終追い切りはブランクを感じさせない動きです。
怖いのはモズスーパーフレア? 前走の京阪杯は1番人気で8着に終わっていますが、坂路追い切りで4F50秒3-36秒4の速いタイムを余裕でマークしています。京都コースに実績がないのが気になるものの逆転候補。単穴は追い込み型のジョイフル。前走の勝ちぶりが鮮やかで追い切りの動きも◎です。
【シルクロードS】(2月2日、京都11R)発走=15時35分
◎ 1 レッドアンシェル 
〇 3 モズスーパーフレア
▲12 ジョイフル
△14 セイウンコウセイ
△ 2 カラクレナイ
△13 ディアンドル
△ 4 ティーハーフ
馬連 1→3、12、14、2、13、4

» コメントを書く