「オーシャンS&チューリップ賞」

2020年03月06日

「オーシャンS&チューリップ賞」

中央競馬の発売・払戻は、電話・インターネット投票のみとなって、はじめは“買わなければいいんだ”と思っていたのですが・・・週末が近づくにつれて我慢ができなくなった。中山記念の3番、ダノンキングリー(予想=◎)を買いたかったのです。それでパソコンに強い友人に頼んで、即PATに加入。レース当日(3月1日)、初めてなので投票を完了させるまで時間がかかりましたが、なんとか間に合いました。
今週は重賞が3つ。7日(土曜日)は、縁の深かった夕刊フジの社賞・オーシャンステークス(GⅢ、中山1200m)です。1枠に入った有力2頭の一騎打ちになりそうですが、◎はダノンスマッシュの方にしました。別定重量で58キロを背負うタワーオブロンドンに対して、こちらは56キロ。この2キロ差はスピード比べの距離だけに大きいし、仕上がりもかなり良い。あとは輸送だけです。
▲はナックビーナスにしました。△も多くなりましたが、両雄のどちらかに破綻があると2,3着争いが難しくなりそうだからです。
【オーシャンS】(3月7日、中山11R)発走=15時45分
◎ 2 ダノンスマッシュ
〇 1 タワーオブロンドン
▲10 ナックビーナス
△ 9 ハウメア
△ 6 キングハート
△11 カッパツハッチ
△ 8 ダイメイプリンセス
馬連 2→1、10、9、6、11、8

阪神のチューリップ賞(GII、1600m)は3着までに優先出走権がある桜花賞のトライアル指定レース。有料馬がそろいましたが、よほどのことがないかぎりレシステンシアでしょう。前走の2歳GI・阪神ジュベナイルフィリーズの圧勝には舌を巻きました。2着(マルターズディオサ)に5馬身差、勝ちタイムが1分32秒7!逃げ切り勝ちでしたが、今回は速い馬(スマイルカナ)がいます。それでも京都で2番手、3番手からのケイバで問題なく勝っていますはら大丈夫です。だだ、後続争いがもつれそうなので注意が必要です。                                   
【チューリップ賞】(3月7日、阪神11R)発走=15時35分
◎ 4 レシステンシア
〇 1 クラヴァシュドール
▲ 7 ウーマンズハート
△10 スマイルカナ
△13 マルターズディオサ
△ 5 チェーンオブラブ
△11 シャンドフルール
馬連 4→1、7、10、13、5、11

» コメントを書く