「スプリングS&阪神大賞典」

2020年03月21日

「スプリングS&阪神大賞典」

3日連続開催の最終日、22日の日曜日は中山競馬場で中3週で本番になる皐月賞のトライルレース、フジテレビ賞スプリングステークス(GⅡ、1,800m)が行われます。人気が1,2頭に集中しそうですが、優先出走権は3着まで。思い切った勝負に出る馬が見せ場を作る可能性があります。
とは言っても中心はヴェルトライゼンデでしょう。昨年暮れの2歳GI・ホープフルS(中山2,000m)で世代最強と思われるコントレイルの2着。それも追走に各馬が四苦八苦する中でただ1頭、突き放されないで1馬身1/2差で2着。休み明けですが順調に追い切りを積んでの出走です。
強敵は4戦3勝のサクセッション。3走目のデイリー杯2歳S(GII、京都1600m)で6着に終わっていますが、美浦から関西への輸送競馬でした。次戦のジュニアC(L、中山1600m)では一回り成長した馬体で快勝しています。充実度が目立つのでひょっとして逆転まであるかもしれません。
▲(穴馬)にはシルバーエースを抜擢しました。先行力があるのでタイミング良く仕掛ければ先の利で健闘の余地があります。外ではファルコニア以下の△が3着枠の県内。
【スプリングS】(3月22日、中山11R)発走=15時45分
◎ 3 ヴェルトライゼンデ
〇 9 サクセッション
▲ 2 シルバーエース
△ 5 ファルコニア
△ 8 アオイクレアトール
△ 4 ココロノトウダイ
馬連 3→9、2、5、8、4

阪神では天皇賞(春)へのステップレース、阪神大賞典(GⅡ、3000m)が行われます。こちらは優先出走権が得られるのは1着馬だけ。ここにキセキが出走してきました。
言うまでもなく3年前の菊花賞馬ですが、そのあと勝ち星はありません。それは香港遠征して体調を崩した(?)期間があったこと、立ち直っても古馬一線級相手で2,3着に終わるレースが多かったことが原因でしょう。昨秋のフランス遠征も期待外れに終わっています。不安は残るのですが、直近のGI・有馬記念(5着)の内容と追い切りの動きから3000mのここは久々の勝機だと思います。
強敵は中・長距離で強さを発揮するユーキャンスマイル。穴馬にはムイトオブリガードをピックアップしました。上がり馬ボスジラにも特注です。
【阪神大賞典】(3月22日、阪神11R)発走=15時35分
◎ 9 キセキ
〇10 ユーキャンスマイル
▲ 3 ムイトオブリガード
△ 7 ボスジラ
△ 4 トーセンカンビーナ
△ 6 メイショウテンゲン
△ 5 タイセイトレイル
馬連 9→10、3、7、4、6、5

» コメントを書く