「フローラS&マイラーズC」

2020年04月25日

「フローラS&マイラーズC」

26日(日)は開催替わりになった東西で注目される2つのGⅡ重賞が行われます。東京のフローラステークス(3歳牝馬、2000m)はオークスのトライアルレースで、2着までに優先出走権。桜花賞組に優る有望馬が上位争いを繰り広げる可能性があります。
レッドルレーヴを一番手に挙げました。思い出の深い血統なのとレース内容から前走のフラワーCで当初◎(中心)にしていたのですが、直前で〇に変更。大失敗してしまいした。たぶん向くと思う東京コースで真価発揮を期待します。
2番手は東京2000mの新馬戦を楽勝した後、京成杯(GⅢ、中山2000m)で牡馬相手にクリスタルブラックの1/2馬身差2着と好勝負したスカイグルーヴ。これは強敵です。
単穴はホウオウピースフル。2連勝のあとクイーンカップ(GⅢ、東京1600m)はミヤマザクラの6着でしたが、たぶん、これは距離が短かったのだと思います。ブラストワンピースの妹ですからね。あと、ヴォリアーモ、フアナ以下の伏兵陣(△)に要注意。
【フローラS】(4月26日、東京11R)発走=15時45分
◎11 レッドルレーヴ
〇 9 スカイグルーヴ
▲ 7 ホウオウピースフル
△12 ヴォリアーモ
△16 フアナ
△15 ショウナンハレルヤ
△ 1 エレヴァテッツァ
馬連 11→9、7、12、16、15、1

京都で行われる4歳以上のマイラーズカップ(GⅡ、1600m)はGI・安田記念へのステップレース。1着馬に優先出走権がある。最強は昨年の最優秀短距離馬インディチャンプですが、別定重量で58キロ。他の出走馬が2キロ軽い56キロなので付け入る隙がありそうです。格下の印象は残りますが東京コースで差し脚が活きそうな上がり馬レッドヴェイロンを狙ってみます。
もちろん強敵はインディチャンプですが、フィアーノロマーノ、ヴァルディゼール、ヴァンドギャルドらとの組み合わせなら高配当?
【マイラーズC】(4月26日、京都11R)発走=15時35分
◎12 レッドヴェイロン
〇 1 インディチャンプ 
▲11 フィアーノロマーノ
△10 ヴァルディゼール
△ 7 ヴァンドギャルド
△ 4 ブラックムーン
△ 6 ロードクエスト
馬連 12→1、11、10、7、4、6

» コメントを書く

2020年04月24日

「福島牝馬S」

25日の土曜日、福島で行われる福島牝馬ステークス(GⅢ、1800m)は1着馬にGI・ヴィクトリアマイルの優先出走権がある重賞。フルゲートの16頭になったが、そのうち半数以上の10頭を西の栗東トレセンからの遠征馬が占めていて、しかも有望馬が多い。遠路はるばるやってきても勝つのは大変で、しかも無観客レース。同情したくなります。
中心は明け4歳のエスポワールにしました。ここまで9戦して4勝、2着2回、3着1回。レースの中身が濃く、昨秋の秋華賞は9茶に終わっていますが3番人気に支持されたほど。3歳最終戦のターコイズSでコントラチェックの2着まで追い上げ、4歳初戦の前走の中山牝馬S(GⅢ、1800m)でも不良馬場の中、3着まで追い上げています。結果的に人気に応えられない形になりましたが、能力は高いです。通常の馬場コンデションなら大丈夫でしょう。
その中山牝馬Sを勝ったフェアリーポルカが当面の相手ですが、他にも怖い相手がいます。今年7歳を迎えましたが一発なら▲にしたデンコウアンジュ。1月の愛知愛(GⅢ、小倉2000m)で捲り追い込みを決めましたし、前走の中山牝馬の4着も大外へ持ち出された直線の伸び脚は目立ちました。あと、サラキア以下の伏兵陣にも要注意。

【福島牝馬S】(4月25日、福島11R)発走=15時25分
◎ 1 エスポワール
〇14 フェアリーポルカ
▲11 デンコウアンジュ
△ 3 サラキア
△ 6 カリビアンゴールド
△ 4 アロハリリー
△ 8 ダノングレース
馬連 1→14、11、3、6、4、8

» コメントを書く

2020年04月18日

【皐月賞&アンタレスS」

2020年の三冠レースの第1戦、皐月賞です。当初は無観客の中でのレースなんて“まさか”でしたが、新型ウイルスの感染力は脅威。今ではレースが行われること自体に感謝と拍手を送りたいと思います。
あいにく前日は春嵐のような強風と豪雨でしたが、当日(19日)は思いっきりの晴天になってくれいかなあ~。そうじゃと気分が晴れません。
馬場コンデション(重?)の影響は避けられないと思いますが、それでも中心はコントレイルにします。9月阪神デのデビュー戦(1800m)を楽勝したあと、東京へ遠征してきて臨んだ東スポ杯2歳S(1800m)で2着に5馬身差。1分44秒5で駆け抜けた時、今年はこれを上回る馬はたぶん現れないだろうと思いました。そのあと何頭か有望馬が出ていますが、最強はやはりこの馬でしょう。
〇にしたサトノフラッグは、デビュー戦(東京2000m、重)は6着でしたが、そのあと3連勝。前走の弥生賞(GⅡ、中山2000m、重)は前半後方待機。3コーナーから一気に捲って押し切ったレースは父ディープインパクトのレース運びを彷彿させました。嵌れば逆転もあるかもしれません。
もう1頭、単穴(◮)はマイラプソディ。2月東京の共同通信杯で4着に終わって一気に株を下げましたが、7月中京の2000m新馬戦から1月の京都2歳S(GⅢ,2000m)まで3連勝。不発に終わったのは1回だけなので巻き返しがあってもおかしくありません。
以下、展開と馬場次第で上位入線候補にサリオス、ダーリントンホール、ヴェルトライゼンデ、ガロアクリーク。
【皐月賞】(4月19日、中山11R)発走=15時40分
◎ 1 コントレイル
〇 5 サトノフラッグ
▲12 マイラプソディ
△ 7 サリオス
△13 ダーリントンホール
△17 ヴェルトライゼンデ
△16 ガロアクリーク
馬連 1→5、12、7、13、17、16

阪神で行われるダートの重賞、アンタレスS(GⅢ、1800m)はダートに転身して2、2着と順当に滑り出したクリンチャーのチャンス。強敵はロードゴラッソ、ベストタッチダウン。とくに▲にした4歳のベストタッチダウンは2歳時に2走目に芝で勝ちながら3歳前半で見切りをつけてダートに転身。好走を続けているので要注意です。
【アンタレスS】(4月19日、阪神11R)発走=15時30分
◎ 4 クリンチャー
〇 3 ロードゴラッソ
▲ 7 ベストタッチダウン
△ 8 ウェスタールンド
△ 2 ワイルドカード
△11 アナザートゥルース
△16 メイショウワザシ
馬連 4→3、7、8、2、11、16

» コメントを書く

2020年04月17日

「アーリントンC」

新型コロナに感染しないように極力気をつけて、社員同士で接触しないように交互に休みにし、出社も大幅な時差出勤を試みている毎日です。ただ、仕事をしないと出社扱いにならないに方は気の毒です。政府、とくに何かと手続きをして出費を抑えようする日本の財務省に属する方々、何をやっているんですかね。自分のお金を出すわけじゃないでしょ。必要ならお金を刷ればいいだけじゃないですか。この国家の非常事態に何をもたもたしているんでしょう。私はあきれている側の一人です。アベノマスクの間に該当者本人しか受け取れない線引き小切手を挟んでいたら首相の人気は万全だったでしょうに。

ケイバです。19は皐月賞ですが、前日の18日土曜日には阪神でアーリントンカップ(GⅢ、1600m)が行われます。ただのGⅢではなく、3着までにGI・NHKマイルCの優先出走権があるトライアル戦。あれこれ考えて取捨しましたが、このところ前予想で印をつけていながら他の馬と入れ替えると割愛した馬が好走するというレースが多いです。出走は12頭ですが、ここもそんなメンバーです。
◎は暮れの2歳GI、朝日杯フューチュリティSでサリオスの2着したタイセイビジョンにしました。追い切りの動きは今イチに見えますが、ケイコ駆けしないタイプだからでしょう。次いでグランレイ。着差はありましたが人気薄だった朝日杯FSで3着に好走した馬です。
気になるのはデュードヴァン。ダートで2戦(新馬、カトレア賞)して連勝。初めての芝コースでどうか?ですが、かなり能力が高くないと勝てない内容のレースでした。追い切りの動きも文句なしなので▲(単穴)に狙いました。
ギルデッドミラー以下の△陣、プリンスリターン、牝馬なので2キロ軽いボンオムトゥックも侮れません。

【アーリントンC】(4月18日、阪神11R)発走=15時30分
◎ 6 タイセイビジョン
〇12 グランレイ
▲ 2 デュードヴァン
△10 ギルデッドミラー
△ 9 プリンスリターン
△ 7 ボンオムトゥック
△ 4 トリプルエース
馬連 6→12、2、10、9、7、4

» コメントを書く

2020年04月11日

「桜花賞」

今週から明け3歳馬のクラシックレースが開始されます。3冠レースは来週の皐月賞からですが、12日(日曜日)は先陣を切って牝馬の1冠目、桜花賞(GI,阪神1600m)。ここまでのレースを振り返り、追い切りの動きと重ね合わせると今年はかなり高いレベルにあると思われます。ここにきてグンと層が厚くなった感じです。
それでも◎は2歳牝馬チャンプのレシステンシアにしました。長所はスピードといえばその一言ですが、スタートの出と加速は文句なし。さらに他の馬との兼ね合いで先を譲って好位に折れ合える長所。これは若馬には簡単ではないのですが、それを難なくこなしています。12月の2歳GI、阪神ジュベナイルフィリーズ(1600m)はそんな内容で1分32秒7のレコードタイム勝ち。前走のチューリップ賞で3着に終わりましたが、差し込まれた2頭(マルターズディオサ、クラヴァシュドール)はその阪神ジュベナイルFで5馬身後ろで2着争いをしていた両馬です。トライアルを走ってここが本番。負けられません。枠番がちょっと外すぎた嫌いはありますが・・・
当面の相手(〇)はチューリップ賞を勝ったマルターズディオサ。関東所属馬ですが前走の後は栗東トレセンに入って調整されています。輸送が短いのはプラス材料です。
そして最も不気味なのは単穴▲(人気になりそう)にしたデアリングタクト。昨年の11月京都で新馬勝ちした時はタイムが1分37秒7(良)。蚊帳の外でしたが、今年2月のエルフィンS(L、京都1600m)では4秒以上も詰めて(1分33秒7)楽勝。すごい脚を使って差し切っています。
次いで阪神ジュベナイルFで単勝1.8倍の1番人気で6着に終わったリアアメリア。以下△の順(クラヴァシュドール、ミヤマザクラ、サンクテュエール)としました。

【桜花賞】(4月12日、阪神11R)発走=15時40分
◎17 レシステンシア 
〇 5 マルターズディオサ
▲ 9 デアリングタクト
△ 8 リアアメリア
△11 クラヴァシュドール
△14 ミヤマザクラ
△ 4 サンクテュエール
馬連 17→5、9、8、11、14、4

» コメントを書く

2020年04月10日

「ニュージーランドT&阪神牝馬S」

4月7日、新しい法律「特措法」に基づいた緊急事態宣言が発令されました。ウイルス戦争です。ひょっとして競馬も中止になるかも・・・と危惧していました。今週日曜日は桜花賞、次週は皐月賞です。無観客の競馬場での開催でも、関係者は施行できること自体に感謝しなければいけない事態です。
あす11日(土)に行われる重賞。中山競馬場の3歳馬のGⅡ、ニュージーランドトロフィー(1600m)の予想は下記のようにしました。今日は余計なことは書かないようにしますが、◎に狙ったオーロラフラッシュは、経験を積んでようやく能力を発揮できる状態になったと思います。
阪神のサンスポ杯阪神牝馬ステークス(4歳以上、GⅡ、1600m)は今季初戦で6カ月ぶりの出走になりますが、能力上位のダノンファンタジーが中心。馬体重は増えていても乗り込まれて速いタイムも出ています。

【ニュージーランドT】(4月11日、中山11R)発走=15時45
◎ 9 オーロラフラッシュ
〇11 ルフトシュトローム
▲10 ハーモニーマゼラン
△14 シーズンズギフト
△ 5 ペールエール 
△ 7 ソウルトレイン
△ 1 カフェサンドリヨン
馬連 9→11、10、14、5、7、1

ダノンファンタジー
【阪神牝馬S】(4月11日、阪神11R)発走=15時35分
◎13 ダノンファンタジー
〇11 シゲルピンフダイヤ
▲ 9 シャドウディーヴァ
△ 2 サウンドキアラ4
△ 4 ビーチサンバ
△15 スカーレットカラー
△ 8 ブランノワール
馬連 13→11、9、2、4、15、8

» コメントを書く

2020年04月04日

「大阪杯」

ほんの少しだけコロナ(新型コロナウイルス)の話。発生元とされる中国・武漢市の封鎖などで中国はいちはやく押さえこみに成功したようなプロパガンダを流しているが、そんなに簡単にはいかない。私がいる会社では営業部門でアマゾン、楽天、ヤフーのネットショップ(OG-LAND)も展開していますが、近辺都市の工場で作っている商品は日本側メーカーが発注していた商品の納入がかなり滞っています。春節の休み明けの人民が居住地に帰国したイタリアは大変なことになってしまった。
漏れ聞く話では現在も中国に発症者はいるようです。首脳陣の失脚に繋がるので当然、事実や数字は発表されないでしょうが、中国に第2波の感染爆発が起きることも否定できないと思います。もちろん、日本もどうするのか(非常事態宣言)心配ですが・・・

5日の日曜日、阪神競馬場でGI・大阪杯(4歳以上、阪神2000m)が行われます。出走は12頭ですが、牡馬・牝馬の現在のトップクラスが揃いました。上位3~4頭のどれを狙う?ですが、◎はダノンキングリーにしました。ステップに選んだ中山記念(GⅡ、1800m)ではかなり自信を持って◎にしましたが、今回はさらに良化。再度GIホースが相手で、初めての阪神、1ハロン延びる2000m、そして長距離輸送と課題はあります。でも、これで負けたらしょうがないと言うような状態に見えます。
強敵は、まず同じ4歳のクロノジェネシス。こちらも今季初戦の京都記念(GⅡ、2200m)を快勝しての挑戦です。牝馬なので55キロでの出走ですし、阪神コースも実績があります。
▲(単穴)はラッキーライラック。中山記念はダノンキングリーに1馬身3/4差後れの2着でしたが、香港への遠征帰り初戦でした。完敗の中、最後に延びて2着キープした内容はさすがでした。引き続き55キロですし、阪神は無敗のまま牝馬2歳チャンプになったコース。一度使われてグンと良くなっている感じがするので大逆転を狙えます。
以下、ワグネリアンは今季初戦なので△にしましたが乗り込みは十分。1週前には速いタイムをマークしています。これにアメリカJC杯を勝ったブラストワンピース、そして古豪マカヒキ。最後のジナンボーは追い切りの動きが非常に目立つので追加しました。

【大阪杯】(4月5日、阪神11R)発走=15時40分
◎ 8 ダノンキングリー
〇12 クロノジェネシス
▲ 5 ラッキーライラック
△ 4 ワグネリアン
△ 3 ブラストワンピース
△ 9 マカヒキ
△10 ジナンボー
馬連 8→12、5、4、3、9、10

» コメントを書く

2020年04月03日

「ダービー卿CT」

無観客で勝ち馬投票は電話・インターネットだけというのに、JRAの馬券は売れるんですね~。先週のGI、高松宮記念なんか通常開催の前年度を上回っていて、びっくりしました。
今日はコロナに脱線しないで、4日土曜日に中山競馬場で行われるダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ、1600m)。ハンデ戦で穴っぽい馬もそろっているので波乱含みです。
穴馬は後述しますが、◎はプリモシーンにしました。ハンデは56キロ。牝馬のこの斤量は牡馬なら58キロに相当します。切れる末脚が武器なので不安もありますが、今は好調なのと、中山のこの距離は外回り。3コーナーのカーブが比較的ゆるやかなので、なんとかこなすとい方に賭けました。
マイスタイルは大外になってしまいました。鞍上・横山典がどう細工をするか見ものです。単穴には3番の好枠になったジャンダルムを狙いました。1番人気で10着に終わった前走は中山コースを考えて早めに脚を使うレースでした。58キロの斤量もきつかったはずで、重賞のここはハンデが56キロ。気性に難がありますが、ここは走りごろです。
もう1頭、大駆けがありそうなのはクルーガー。前走の東京新聞杯で思ってもいなかった積極的なレース(先行)で5着。快勝したプリモシーンとは1馬身差で、見どころ十分の内容でした。
【ダービー卿CT】(4月4日、中山11R)発走=15時45分
◎ 7 プリモシーン
〇16 マイスタイル
▲ 3 ジャンダルム
△ 4 クルーガー
△ 6 レイエンダ
△ 8 トーラスジェミニ
△11 ケイアイノーテック
馬連 7→16、3、4、6、8、11

» コメントを書く