「日本ダービー&目黒記念」

2020年05月30日

「日本ダービー&目黒記念」

新型コロナ禍の中、ついに無観客レースで日本ダービー(正式競走名=東京優駿)を迎えました。何度も言いますが、残念な反面、開催できたことに感謝して喜び半分ということにしましょう。良馬場が望めますし、出走メンバー(フルゲート18頭)を見るとここ10年間でも屈指の好レースとなりそうな気がします。

中心はコントレイルです。昨年の9月阪神で新馬(1800m)勝ちしたあと、2カ月後に東上して東スポ杯2歳S(GⅢ、東京1800m)へ出走。2着(アルジャンナ)に5馬身差、1分44秒5で勝った時、このあとこれを超える馬が現れるか自問。“たぶん、出ないだろう”と思いました。だだ、難関はクラシック1冠目の皐月賞。中山の内回り2000mは3コーナーからほとんどの馬が仕掛ける(追い上げる)ので4コーナーは密集状態になります。逃げ・先行馬以外、ここで進路を見つけるのは至難。それを後方から大外を回って追い込み勝ちしました。万事休す・・・と思われる展開をはねのけたのです。ここへの調整も万全に見えますし、何時どこからでも行けるタイプなので信頼できます。
強敵はその皐月賞で1/2馬身差の2着だったサリオス。コントレイルは追い切り後、コース経験があるとはいえ東京への長距離輸送があります。対してこちらは美浦トレセンからですから地の利があります。東京1600mで新馬、GⅢ・サウジアラビアロウヤルC(1分32秒7=2歳コースレコード)を連勝。さらに阪神へ遠征して朝日杯フューチュリティS(GI、阪神)1600m)も楽勝でした。負けたのは前走だけで、逆転候補。
問題は第3の馬の選定。穴馬の一番目(▲)にはマイラプソディを狙ってみました。デビュー選んで戦から京都2歳S(GⅢ、2000m)まで人気を背負って3連勝。ところが一本人気の3歳初戦、共同通信杯(GⅢ、東京1800m)で4着に終わり、さらに武豊騎手が選んで騎乗した皐月賞で13着・・・。でも、何か原因があるはずで、追い切りの動きはスピード感があって悪くありません。
次いでサトノフラグ、ワーケア。傑出した2頭がいるので注目度が落ちますが、例年なら圏内に数えられる有力馬のはずです。あと、春季の驚異の上がり馬ガロアクリーク、広い右回りが良いはずのダーリントンホールにも好走の余地があるでしょう。

【日本ダービー】(5月31日、東京11R)発走=15時40分
◎ 5 コントレイル
〇12 サリオス
▲14 マイラプソディ
△15 サトノフラッグ
△ 3 ワーケア
△11 ガロアクリーク
△ 9 ダーリントンホール
馬連 5→12、14、15、3、11、9

ダービーのあとに行われる恒例の古馬の目黒記念(GⅡ、2500m)は、確たる中心馬が探し出せません。目無しの混戦という感じです。思い切って1勝クラスから3連勝でオープン入りしたキングオブコージを狙いました。追い切りの動きは目立って良いです。
【目黒記念】(5月31日、東京12R)発走=17時00分
◎ 5 キングオブコージ
〇16 オセアグレイト
▲18 ニシノデイジー
△11 ステイフーリッシュ
△ 1 タイセイトレイル
△ 9 サトノクロニクル
△10 ミライヘノツバサ
馬連 5→16、18、11、1、9、10

» コメントを書く

2020年05月23日

「優駿牝馬(オークス)」

猛威を振るっていた新型コロナウイルスの勢いが下火になってきました。専門の研究者ではないものの多少の知識はあるので当欄で折に触れて記してきたように、気温が上がって免疫力が上がり、自然環境が整えばこうなるだろうと予測して期待もしていました。ただ、第2波、3波に巻き込まれないように引き続きマスクや手洗い、身を置く環境、体調の管理に注意したいところです。
オークス(正式競走名=優駿牝馬)です。何が起こるか分からないのが競馬なので、予想でいつも予断はしないことにしています。ただ、今年は“これで外れたらしょうがない”という感じです。それほど強さを感じる馬が2頭、います。
一応、◎は桜花賞馬のデアリングタクトにしました。これまでの3戦(3勝)を改めて見ても、強いです。ただし、今回は課題が残っています。ここまでは順調そのものですが輸送(栗東トレセン→東京競馬場)があります。メンタル面に影響があると、大丈夫と思う距離2400mが心配になります。パドックの雰囲気に要注意です。
2戦2勝のデゼルも強いです。デアリングタクトと似たようなレースをしますが、デビュー戦(阪神1800m、稍重)はちょっと強いぐらいでは勝てないレースでした。スタートで後れて後方から。直線で馬群を割って抜け出しましたが、2着馬と1/2馬身差でしたが負けようがない態勢でした。そして東京へ遠征してきた2走目のスイートピーステークス(L=準重賞、1800m)。これも後方グループからのケイバでしたが、折れ合いもついて満を持している感じ。直線鮮やかな伸び(上がり3F推定32秒5)で差し切りました。逆転候補です。
この2頭に人気が集中しそうです。第3の馬がからめば高配当? ▲(単穴)はミヤマザクラにしました。昨年夏の札幌。新馬戦(1800m)4着のあと、2走目の2000m戦で楽勝。勝ちタイムは2歳レコードでした。オークスに出走できたら狙ってみようと思っていた馬です。
次いでウインマリリン。①⑤着のあと2000mのミモザ賞、オークストライアルのフロラステークスを連勝した上がり馬で、ぐんぐん良くなってきている感じです。
あと、前記したフローラSの2着馬ホウオウピースフル、桜花賞路線でコンスタントに上位争いをしたクラヴァシュドール、忘れな草賞を勝ったウインマイティーをピックアップしました。

【優駿牝馬】(5月24日、東京11R)発走=15時40分
◎ 4 デアリングタクト
〇 1 デゼル
▲10 ミヤマザクラ
△16 ウインマリリン
△ 5 ホウオウピースフル
△ 2 クラヴァシュドール
△ 7 ウインマイティー
馬連 4→1、10、16、5、2、7

» コメントを書く

2020年05月22日

「平安S」

オークス(優駿牝馬)の大一番を翌日に控えた23日の土曜日、京都競馬場で古馬のダートのGⅢ重賞・平安ステークス(1900m)が行われます。地味~なんて言わないでください。メンバーが面白いんです。GIでもトップクラスの評価の2頭、オメガパフュームとゴールドドリームが出走しましたが、いったん挫折して巻き返した新参がいてここへ参戦。斤量差があるので”ひょっとして・・・“という興味を掻き立てます。なかなかのメンバーの対戦で、距離も微妙な1900mです。
スワーヴアラミスを中心にしました。ちょっととぼけたようなレースをする印象ですが、出遅れさえしなければ好位で先行してしぶといです。負担重量は背負いなれた馬齢の57キロ。距離も心配ありません。
相手には7歳になりましたが追い切りの動きが良くて衰えを感じさせないゴールドドリーム。今回58キロですが、57キロで中央の春秋のGIを勝っているのですから難なくこなすかもしれません。
そして警戒したいのが56キロのロードレガリスとマグナレガーロ。前者は中央の芝コースで6戦して勝てず地方競馬(南関・大井)へ転出。4戦3勝で晴れて中央へ戻り、しかも京都で4戦全勝の快進撃です。飛びつきたくなりますよね。一方のマグナレガーロは一昨年、中央ダートで3戦2勝のあと骨折で1年以上戦列を離れていました。でも見事に立ち直って2連勝。この先が楽しみです。
【平安S】(5月23日、京都11R)発走=15時35分
◎10 スワーヴアラミス
〇 7 ゴールドドリーム
▲ 2 ロードレガリス
△12 マグナレガーロ
△11 ヴェンジェンス
△ 5 オメガパフューム
△ 8 スマハマ
馬連 10→7、2、12、11、5、8

» コメントを書く

2020年05月16日

「ヴィクトリアマイル」

正直言うと無観客レースが物足りなくなっています。でも、東京はまだ非常事態宣言のさ中。致し方ありません。17日(日曜日)は4歳以上牝馬のヴィクトリアマイル(GI、東京1600m)です。
勘ぐれば不安材料も出てきますが、◎はアーモンドアイ。昨年の有馬記念で1番人気で9着。3コーナー手前から一気に進出して直線失速しての大敗でした。関東所属(美浦トレセン)なのに中山コースは初めてで、距離(2500m)も初めてだったので少し不安は感じていたのですが・・・。今回は結果的に中止になりましたが、ドバイターフの連覇を目指してアラブ首長国連邦へ向かい、帰ってきています。でも、追い切りを見るかぎり不安は感じられません。最も実績のある東京コースで距離も1600mですから大丈夫でしょう。
〇のラヴズオンリーユーはオークス(優勝)で◎にした馬。これもドバイ遠征から戻ったレースですが、かなり能力に惚れ込んでいます。急ピッチで乗り込まれていて流れに乗れるタイプ。好走を期待しました。
単穴(▲)はスカーレットカラー。見どころあるレースに早くから注目していた1頭ですが、ようやくここに来て本格化したようです。あと、今度は走れる体勢と思う昨年の覇者ノームコア、重賞3連勝と充実目覚ましいサウンドキアラなど△勢も侮れません。それと、馬場がどこまで回復するかが影響しそう。気になります。

【ヴィクトリアマイル】(5月17日、東京11R)発走=15時40分
◎12 アーモンドアイ
〇 1 ラヴズオンリーユー
▲14 スカーレットカラー
△16 ノームコア
△18 サウンドキアラ
△ 7 ダノンファンタジー
△ 5 プリモシーン
馬連 12→1、14、16、18、7、5

» コメントを書く

2020年05月15日

「京王杯スプリングC」

予測していたように気温が上がって日差しも強くなって、新型コロナウイルスの猛威もかなり下火になってきたようです。ただし、油断せずにマスクをきちんとつけ、周囲(含む、電車やバス)などで気になる人(ノーマスク、あるいは咳をする)がいたら、そっとその場を離れましょう。立ち席もやむをえません。もしもウイルスをもらって発病したら、それまでの苦労が台無し。水の泡はウイルスだけ(手洗い)にしましょう。
今週の東京競馬のGIは4歳以上牝馬のヴィクトリアマイル(17日、1600m)ですが、16日の土曜日には同コースで1400mのGⅡ、京王杯スプリングカップが行われます。予想は下記のようにしました。狙ったのはケイアイノーテックです。
というのは、高松宮記念で◎にした贔屓馬の1頭、タワーオブロンドン(1番人気、12着)の負け方があまりに気に入らないからです。初コースで重馬場とかいろいろ理由は考えられるのですが・・・。ケイアイはNHKマイルC(GI、東京1600m)で後方からゴボー抜きして勝った馬。東京コースに合わせたように調子が上がってきました。追い切りの動きが良く、今回使用するというチークピーシズの効果も出そうです。
〇はタワーオブロンドンですが単穴にしたステルヴィオ以下の上位食い込みもありそうです。抜け目を食わないよう手を広げました。

【京王杯スプリングC】(5月16日、東京11R)発走=15時45分
◎ 3 ケイアイノーテック
〇10 タワーオブロンドン
▲12 ステルヴィオ
△ 2 グルーヴィット
△13 ダノンスマッシュ
△ 9 セイウンコウセイ
△ 5 レッドアンシェル
馬連 3→10、12、2、13、9、5

» コメントを書く

2020年05月09日

「NHKマイルC&新潟大賞典」

東京開催の春季3歳GIがスタートします。初っ端はNHKマイルカップ(GI,1600m)。フルゲート18頭の中に牝馬が3頭います。牡馬が57キロなのに対して2キロ軽い55キロでの出走なので注意が必要です。
中心には牡馬の中からタイセイビジョンを採りました。昨年6月に阪神で新馬戦(1400m)を勝ったあと函館2歳S(1200m)に向かってビアンフェの2着でしたが、小回り馬場でスタートで後手に回りながらよく追い上げてきたとういう内容。11月東京の京王杯2歳S(GⅡ、1400m)に東上した時は、この馬は走るよ!と友人に弁を振るったのを思い出します。直線、伸び脚鋭くビアンフェ(2着)に雪辱しました。朝日杯FS(GI,阪神1600m)での2着も勝ったのが皐月賞でコントレイルに半馬身差2着だったサリオスです。前走のアーリントンC(GⅢ、阪神1600m)で追い込み勝ちを決めたあとも順調のようです。東京コースは望むところでしょう。
〇はマイル戦で新馬、1勝クラス、そしてニュージーランドトロフィー(GⅡ)と3連勝したルフトシュトロームにしましたが、少しテンションが上がっているような気もします。パドックの様子に注意したいところです。
単穴はサクセッション。1600m戦で新馬→アスター賞(1勝クラス)を連勝したあと、西へ遠征したデイリー杯2歳S(GⅡ、京都1600m)で6着。でも、1月中山のジュニアC(L,1600m)を1分33秒4で楽勝。前走のスプリングS(GⅡ、1800m)は3着でしたが、馬体や追い切りの動きの良さは目立ちます。マイル戦に戻れば真価発揮?
そして西からはデビューから3戦3勝のサトノインプレッサと、桜花賞2着のレシステンシア。能力では十分通用しそうですが、今回は遠征で長距離輸送があります。できれば馬体重と雰囲気に要注意です。
【NHKマイルC】(5月10日、東京11R)発走=15時40分
◎ 2 タイセイビジョン
〇14 ルフトシュトローム
▲ 8 サクセッション
△17 サトノインプレッサ
△ 3 レシステンシア
△ 5 シャインガーネット
△18 ウイングレイテスト
馬連 2→14、8、17、3、5、18

今週から始まった春の新潟では古馬のハンデキャップ重賞、新潟大賞典(GⅢ、2000m)が行われます。ギベオンを狙いました。もう少し走れるハズと期待し続け、そろそろ諦めようか・・・という気になっているのですが、ここで止めると走るような気がして吹っ切れません。
【新潟大賞典】(5月10日、新潟11R)発走=15時20分
◎ 3 ギベオン
〇 7 ブラヴァス
▲ 6 レッドガラン 
△ 8 ダイワキャグニー
△ 4 インビジブルレイズ
△ 2 エアウィンザー
△12 アトミックフォース
馬連 3→7、6、8、4、2、12

» コメントを書く

2020年05月08日

「京都新聞杯」

例年なら5月の東京開催は最も盛り上がる檜舞台。オークス、そしてダービーと迎えて競馬の頂点になるのだが・・・。新型コロナウイルスの猛威の前に緊急事態宣言が発令されていて、世の中、ずっしりと重い空気に包まれている。このまま厳しい締め付けが続くと、日本の各地が本当のゴーストタウンになってしまいそうで心配です。
ひと時の娯楽、競馬で少しリフレッシュしましょう。9日の土曜日、京都競馬場で3歳馬の重賞、京都新聞杯(GⅡ、2200m)が行われます。
最も注目したいのは2戦2勝のアドマイヤビルゴです。1月京都のデビュー戦(1800m)で3番手から伸びて勝ったあと、準重賞(L)の若葉ステークス(阪神2000m)も2着に2馬身差で楽勝。とくに注目されたのはその鋭い伸び脚だ。勝ちタイムも1分58秒6速いが、あっという間の着差で、上り3ハロンは33秒6をマーク。遅れてきたダービーという感じがします。
続いて〇にマンオブスピリット。▲にディープボンドを抜擢して△ファルコニア、シルヴェリオ、プレシオーソ、キングオブドラゴンとしましたが、距離的にスローな流れになりそうなので絞り切れません。
【京都新聞杯】(5月9日、京都11R)発走=15時35分
◎ 8 アドマイヤビルゴ
〇11 マンオブスピリット
▲ 6 ディープボンド
△10 ファルコニア
△ 3 シルヴェリオ
△13 プレシオーソ
△ 7 キングオブドラゴン
馬連 8→11、6、10、3、13、7

» コメントを書く

2020年05月02日

「天皇賞(春)」

天皇賞(春)です。追い切りの過程を踏んでみた結果、実力上位の面々を重視するかたちになりました。58キロを背負って3200mの長丁場を走り切る苛酷な勝負。ちょっと調子が上がっている?ぐらいで格下の馬が首位争いできるとは思えません。過去、波乱の結末もありますが、よほど距離・負担重量に適性があった場合で、しかも、それがまだ成績に表れていないので人気薄だったケースです。
中心は昨年の覇者、フィエールマン。昨年は前記したような1頭、グローリーヴェイズ(6番人気、2着)の好走にクビ差の勝利でしたが、3着以下は6馬身以上ちぎれていました。凱旋門賞帰りだった有馬記念はリスグラシューにちぎられた4着でしたが、そのあと再調整されたすっかり立ち直ったと思われる動きです。
相手は同じ5歳馬で充実が目に付くユーキャンスマイル。ただ、東京コースで持ち味が出た印象が強いです。前走の阪神大賞典(GⅡ、3000m)は快勝でしたが、同じ右回りでも今度は京都。過信は避けたいと思います。
単穴はキセキ。ダントツの一番人気だった阪神大賞典で出遅れたうえ、大暴走して7着。でも、“掛かるな~”と心配した前走時の追い切りに比べて、今回は予想以上に良い感じの走りぶりです。ゲートさえまともに出れば復活走が望めます。
あと伏兵陣(△)の雑感。エタリオウは今季初戦の日経賞(GⅡ、中山2500m)で6着でしたが、早めに捲って内容的に見せ場はありました。最後のミライヘノツバサですが、前走のダイヤモンドS(GⅢ、東京3400m)で△を付けました。屈腱炎で長期休養後、控えめな調教で慎重に出走を続けていましたが、休養前、ポテンシャルの高さに注目していた馬です。珍しく強めに追って出走したので付けたのですが、見事、ハナ差勝ち。それが出走16頭中、16番人気でした。単勝3万2000円超。人気サイドとの組み合わせなのに3連単は、なんと355万円!(ちなみに、私は3連単馬券はほとんど買いません)ただ、ちゃんと理由がある△だったことを言わせていただきました。
【天皇賞・春】
◎14 フィエールマン
〇 7 ユーキャンスマイル
▲ 8 キセキ
△ 2 エタリオウ
△ 1 モズベッロ
△ 5 ミッキースワロー
△ 9 ミライヘノツバサ
馬連 14→7、8、2、1、5、9

» コメントを書く

2020年05月01日

「テレビ東京杯青葉賞」

5月になりました。2日(土)に東京競馬場で行われる青葉賞(3歳GⅡ、2400m)はダービートライアル(2着まで優先出走権)。どの馬が出走権を手にするか関係者はハラハラ、ドキドキの重賞です。このレースの副題は「テレビ東京杯」。かつて18年間も解説者の一員として土曜競馬中継に出演させていただいた私にとっても、思い出は尽きることがないと言ってよいほど詰まっています。
今年は早々と幹事役の丸(マル)さんから「中止」の連絡がありました。例年、東京競馬場にかつての仲間が集合。レースを観戦し、そのあとは府中市内で懇親会・・・というのが年中行事でした。コロナ憎し!です。
でも、間もなく下火になるはずです。夏に風邪をひいたら仲間内で「バカじゃないの」と言っていませんでした? 体温が1度下がると免疫力が30%落ちるという論文があるぐらいで、風邪を引くのは冬だと思っていました。今回の新型ウイルスはかなり手ごわいですが、気温が上がって太陽光が燦燦と降り注ぐ中で生きていられるウイルスなんていないはずなんです。
競馬です。青葉賞は下記のようにしました。好枠を引いたサトノクラウン(宝塚記念、香港ヴァーズ)の弟フィリオアレグロに期待。外枠になりましたが距離が延びて良さそうなフライライクバード、オーソリティを上位にしました。
【青葉賞】(5月2日、東京11R)発走=15時45分
◎ 1 フィリオアレグロ
〇15 フライライクバード
▲ 3 オーソリティ
△ 7 ヴァルコス
△17 ディアスティマ
△ 4 ブルーミングスカイ
△10 ダノンセレスタ
馬連 1→15、3、7、17、4、10

» コメントを書く