「宝塚記念」

2020年06月27日

「宝塚記念」

初夏のこのGIは梅雨の時期と重なるので、予想は天気予報との勝負になることが少なくない。私事ですが年中行事になっている今年の梅干作りの第一段階、梅漬けが無事に終わってほっと一息。これで予想が的中してくれれば言うこと無いのですが・・・。予報では降雨は避けられないようですが、レース当日は早めに上がって晴れ。気温も上がって馬場はかなり回復しそうです。有力馬はほぼこなせるでしょう。
中心はサートゥルナーリアにしました。有馬記念(2着)以来だった3月中京の金鯱賞(GⅡ、2000m)を別定重量の58キロで問題なく勝ち、ここへ向けて万全と思われる調教を積み上げています。右・内回りは望むところで、残るは当日のテンションですが多分大丈夫でしょう。
○に抜擢したグローリーヴェイズはドバイ遠征が空振り(レース中止)になった後で、検疫などもあるし不安を感じていました。ところが先週と今週の追い切りの動きをみると予想以上の動き。12月の香港遠征(GI・香港ヴァーズ、2400m)では2着ラッキーライラックに3馬身半差をつけて勝っていますし、充実一途かもしれません。
▲(単穴)にはワグネリアンを狙ってみました。一頓挫あって4歳の昨年の4戦が③④⑤③着。今季初戦の大阪杯(GI、阪神2000m)もラッキーライラックの5着に終わっていますが、中間、仕上げ方を工夫して臨んでいます。想い起せば一昨年。◎にしたダービーで大外⑰番枠から読み通りの展開(好位先行)に持ち込んで快哉(絶叫?、⑤番人気1着)をプレゼントしてくれた馬。輝きを取り戻してほしい。大きく変われば今回かも・・・
以下、ラッキーライラック、クロノジェネシス、ブラストワンピース、キセキの順にしました。
【宝塚記念】(6月28日、阪神11R)発走=15時40分
◎ 5 サートゥルナーリア
○ 3 グローリーヴェイズ
▲ 7 ワグネリアン
△11 ラッキーライラック
△16 クロノジェネシス
△18 ブラストワンピース
△14 キセキ
馬連 5→3、7、11、16、18、14

» コメントを書く