「アイビスサマーダッシュ」

2020年07月25日

「アイビスサマーダッシュ」

中京競馬の代替え開催(阪神)と福島、夏の北海道シリーズ前半の函館も先週で終わりました。今週から中央競馬(JRA)は新潟と札幌に移ります。それにしても長い梅雨(つゆ)ですね。暦ではもう夏(6~8月)も大半、終わっていますよ。新型コロナに加えて雨、雨・・・恒例の梅干しづくり、作った漬け梅、まだ干せないでいます。
それでも週末はケイバ。このところ予想は毎週、開催競馬場の天気との格闘。なんとかしようと思っても、先週なんか(結果)“どうしたらこうなるの?”と匙を投げる始末です。今週の重賞、アイビスサマーダッシュ(GⅢ、新潟直線1000m)も、人気馬で順当に収まるかどうか。過信は禁物です。一応、天気予報と追い切りの動きを映像で確かめたつもりですが、自信は持てません。
ジョーカナチャンを狙ってみます。前走(5月新潟)の韋駄天S(新潟1000m)でライオンボスの2着でしたが、先行してアタマ差の健闘でした。1月京都の淀短距離S(L,1200m)の2着もメンバーが揃ったレースだったので高く評価できます。当時は人気うす(⑬人気)でしたが、追い切りの動きの良さからもここに来て良化しているのは確実です。
強敵は人気を集めているライオンボス。新潟1000m(直線)は、昨年のこの重賞を含めて5戦4勝、2着1回。馬体が540キロ前後に増えた昨春からの同コースでの快進撃にはびっくりです。
穴馬(▲)にはイベリスを抜擢。休み明けですが、速い馬というイメージが強く印象にあります。昨年春季には3歳GⅢのアーリントンC(阪神1600m)を逃げ切り、秋にはGⅡのセントゥルS(阪神1200m)で古馬相手に大健闘。タワーオブロンドンの3着でした。
伏兵陣(△)にピックアップしたビリーバー以下も、ここまでのレース内容も当然ありますが、追い切りの動きの良さを重視して選びました。
【アイビスサマーダッシュ】(7月26日、新潟11R)発走=15時45分
◎ 9 ジョーカナチャン
○13 ライオンボス
▲10 イベリス
△12 ビリーバー
△15 モンペルデュ
△ 5 ナランフレグ
△ 4 カッパツハッチ
馬連 9→13、10、12、15、5、4

» コメントを書く