「エルムS&レパードS」

2020年08月08日

「エルムS&レパードS」

JRAが第3回新潟競馬8月15日(土曜)~9月6日(日曜)の新潟競馬場の一部観客の入場再開を発表したのですが、全国規模での新型コロナウイルスの感染拡大傾向が顕著となっていることからその入場を取りやめ、無観客競馬を続けることを決定しました。お盆の帰省もままならない状態なので仕方がないでしょうね。
今週は開催中の札幌と新潟で9日の日曜日、ダートの2つの重賞が行われます。札幌のエルムS(GⅢ、1700m)は見ごたえのある攻防になりそうです。
中心はエアスピネルにしました。1年ぶりの出走で、しかも初めてのダートだった前走のプロキオンS(GⅢ、1400m)で最後、サンライズノヴァには屈しましたが⑧番人気で2着と健闘。私は単複を買って応援していました。書くことが前回と同じになるので当時の予想のコメントを下記します。
「伏兵陣の中でとくに気になるのはエアスピネルです。復帰を期した昨年の函館記念で13着の大敗。それ以来1年ぶりの出走で、その前年も不振。しかもダート戦は今回が初めてです。4年前の3歳時はクラシック3冠で皐月賞④、ダービー④、菊花賞③着・・・なんとか立ち直りのきっかけを掴んでほしいものです。」
〇は、これも追いかけてきた1頭、タイムフライヤー。これも前走、函館のマリーンS(ダ1700m)を快勝しました。やれやれ・・・で、こういうあとはちょっと気が抜けますが・・・。
【エルムS】
◎ 2 エアスピネル
〇13 タイムフライヤー
▲ 8 ウェスタ―ルンド
△ 4 ワンダーリーデル
△ 3 サトノティターン
△10 アナザートゥルース
△12 ハイランドピーク
馬連 2→13、8、4、3、10、12

新潟のレパードS(GⅢ、1800m)は3歳馬の重賞。実績からいくと5月東京の青竜ステークス(OP特別、ダ1600m)を勝ち、次いでユニコーンS(GⅢ、東京ダ1600m)でもカフェファラオの2着に追い上げたデュードヴァンでしょうが、敢えて狙ったのがラインベック。ディープインパクト×アパパネという名血ですが、芝で期待ほどの走りでないためか、8走目の前回はダート戦に出走。3勝目を挙げています。まだ子供っぽいですが潜在能力は感じられます。
〇デュードヴァン、単穴も人気の一角ミヤジコクオウにしましたが、ここにはまだこれからら・・・という馬が散在するので△勢にも注意が必要です。
【レパードS】
◎ 6 ラインベック
〇 4 デュードヴァン
▲ 7 ミヤジコクオウ
△ 2 ブランクチェック
△ 3 タイガーインディ
△ 1 ケンシンコウ
△10 ライトウォーリア
馬連 6→4、7、2、3、1、10

» コメントを書く