「キーンランドC&新潟2歳S」

2020年08月29日

「キーンランドC&新潟2歳S」

先週(23日)は重賞2つとも的中していまだに良い気分です。小倉の北九州記念は勝ったのが▲(単穴)にしたレッドアンシェル(1着⑧14.9倍、1分07秒8.・良、⑧⑧⑧34秒2)。2着争いは接戦で、予測通りに逃げた◎モズスーパーフレア(2着①3.9倍、1馬身3/4、①①①35秒7)がなんとか2着に入線しましたが、惜しかったのは3着に突っ込んできた△アウィルアウェイ(⑩15.5倍、アタマ、⑭⑬⑭34秒2)です。払戻金は単勝1490円、馬連2970円、馬単6910円、3連複1万6570円、3連単9万3990円。
次いで、夏競馬のハイライトとして長年札幌で取り組んでいたGⅡ、札幌記念。ここで◎にしなければ悔いが残る・・・とノームコア(1着②3.7倍、1分59秒4・良、⑥⑥⑦⑤34秒5最速)に◎としたのが吉と出ました。鞍上・横山典弘騎手が、私がスタート(ポンと出た)から頭に描いたのとほとんど同じ展開に持ち込んでくれて、4コーナーでインから外に持ち出した時、良し!勝ったと思いました。その後ろから同じようなコースを取って2着まで押し上げた大野騎手騎乗のペルシアンナイト(2着⑥20.6倍、1馬身、⑨⑨⑨⑦34秒5最速タイ)にも感謝です。払戻金=単勝370円、馬連2910円、馬単4700円、3連複1390円、3連単1万0860円(枠連1-2、3270円)ですからね。自慢めいた話になって恐縮ですが、思い入れの深いレースの久しぶりの長打でしたのでお許しを。

今週の重賞(8月30日)は札幌で3歳以上の短距離のGⅢ・キーンドカップ(1200m)、新潟では2歳ステークス(GⅢ、1600m)です。
札幌のキーンランドCはダイアトニックでしょう。雨予報なのが少し心配ですが道悪はこなせるはずだし、能力も一枚上。函館スプリントSに続いての連勝が濃厚です。
休み明けの函館スプリントS(6着)を叩いて前走のUHB賞(OP特別、札幌1200m)を楽勝したライトオンキューがさらに良化気配で、どこまで迫れるか。次いでフィアーノロマーノ。前走(函館SS4着)は出走除外、休養後の1戦でした。巻き返しが望めます。伏兵陣(△)の中で最も気になるのは、ただ1頭挑戦してきた3歳馬、ヤマカツマーメイド。牝馬なので別定で51キロと軽いです。遡れば侮れない実績があり、この馬は走るというイメージがあった馬です。
【キーンランドC】(8月30日、札幌11R)発走=15時35分
◎ 1 ダイトニック
〇12 ライトオンキュー
▲11 フィアーノロマーノ
△ 9 ダイメイフジ
△16 ヤマカツマーメイド
△15 ディメンシオン
△ 2 イベリス
馬連 1→12、11、9、16、15、2

今年の新潟2歳Sは第一回特別登録をしていた馬が全て出走してきて11頭。それでも能力がまだ数字に表れていないので上位数頭に絞るのは難しい。牡馬にしては少し小柄ですが、デビュー勝ちの内容に味があったシュヴァリエローズに期待しました。ロードマックス、フラーズダルム、ハヴァス、ショックアクションと変わり身という点に魅力がある馬が多いです。
【新潟2歳S】(8月30日、新潟11R)発走=15時45分
◎ 1 シュヴァリエローズ
〇 3 ロードマックス
▲ 5 フラーズダルム
△ 7 ハヴァス
△11 ショックアクション
△ 9 ブルーシンフォニー
△10 ブルーバード
馬連 1→3、5、7、11、9、10

» コメントを書く