「セントウルS&京成杯オータムH」

2020年09月12日

「セントウルS&京成杯オータムH」

秋競馬に突入した今週から、馬場状態の「クッション値」が発表されています。某誌の取材記事を読ませてもらったら、クレッグハンマーなる器具を導入。測定した馬場の硬さを数値化したものということなので興味津々。これで少しは的中率が上がるかも・・真剣に考えて予想にかかったのですが・・・。一雨来たら、私の場合は水に流されてしまったような感じです。
それはさておき、13日の日曜日の重賞は中京で1200mのGⅡ、産経賞セントウルステークス(1着馬にGI・スプリンターズS優先出走権)、中山ではGⅢの京成杯オータムハンデ(1600m)。セントウルSは雨が降っても後悔しないように(???)◎にはシヴァージを狙いました。函館スプリント(GⅢ、1200m)で5着でしたが直線での伸び脚は目を引きました。実績では“ここはダノンスマッシュ”なのですが、中京コースで3戦して⑦④⑩と人気負けしているのが気になります。もっとも、最初が休み明けの3歳初戦のファルコンS、後の2戦は高松宮記念(GI)ですけどね。逆転候補。
単穴はミスターメロディ。一昨年の3歳時は好位3~4番手から伸びてファルコンSを勝ち、4歳の昨年は見事、高松宮記念を戴冠しました。そのあとがちょっと・・・ですが、そろそろ立ち直ってよい頃です。
【セントウルS】(9月13日、中京11R)発走=15時35分
◎ 9 シヴァージ
〇16 ダノンスマッシュ
▲ 7 ミスターメロディ
△10 トゥラヴェスーラ
△13 クライムメジャー
△ 6 セイウンコウセイ
△15 クリノガウディー
馬連 9→16、7、10、13、6、15

中山の京成杯オータムHは目移りするメンバーですが、1戦ごとに進境を見せている4歳牝馬アンドラステに期待。8月新潟の関屋記念(サトノアーサー、トロワゼトワルに次ぐ3着)を使われているので直前の追い切りは控え目だが、動き、気配は◎。ハンデが53キロなので、あとは初めての中山への輸送でしょう。
強敵は4戦3勝で1敗がNHKマイルCの5着だった3歳馬(牡)ルフトシュトローム。まだ底を見せていないレース内容です。
先行勢の折れ合いが微妙なので単穴には追い込みタイプのラセットを抜擢しました。
【京成杯オータムH】(9月13日、中山11R)発走=15時45分
◎ 5 アンドラステ
〇 1 ルフトシュトローム
▲11 ラセット
△16 スマイルカナ
△13 ミッキーブリランテ
△ 3 アルーシャ
△10 トロワゼトワル
馬連 5→1、11、16、13、3、10

» コメントを書く