「天皇賞(秋)」

2020年10月31日

「天皇賞(秋)」

月が変わってもう、11月。一日の日曜日は秋の天皇賞(GI,東京2000m)です。こんなこと(新型コロナ禍)がなければ・・・東京競馬場、府中の街が競馬で秋一番の盛り上がりをみせる日です。私も出かけてレースを観戦。そのあと旧友と杯を交わす一日だったろうと思うと好天が恨めしくなります。
今回、堅苦しい予想は止めにして、自分がもし競馬場に行っていたらどの馬を買ったかを空想してみました。たぶん、フィエールマンです。秋は2000mだよ、あんな後ろからじゃ届かないでしょ・・・と軽蔑されるかもしれません。いいんです。
私がこの馬に最初に驚かされたのは新馬戦(東京180m)→500万(中山1800m)を連勝したあと、福島へ向かったラジオNIKKEI賞(GⅢ、1800m)。2着だったのですが、後方から直線へ向き切ってからの短い直線だけで最後方からまとめて差し切るような脚いろ。ちなみに1着馬は西のメイショウテッコンで、1/2馬身差でした(勝ちタイム1分46秒1)。2年前の話ですけどね。東京の2000mが短いですか?
そのあと3000mの菊花賞を勝ち、昨年と今年は春の天皇賞(3200m)を連覇したので、イメージ的な錯覚かもしれません。

人気のアーモンドアイにケチをつける気はありません。先週と今週の追い切りの動きは惚れ惚れするほど。この馬としては強行軍だった前走の安田記念(2着)は気にする必要ありません。芝GIレース最多勝記録の8勝目のチャンスは十分です。
▲(穴馬)はいろいろ考えた末、キセキにしました。ゲート(スタート)に難が出たのは・・・これは止めましょう。今回、ポンと出て馬が行く気になれば先行させるかもしれません。以下、△勢も展開しだいで上位争いになるでしょう。抜け目を食らうと悔しいので押さえておきます。

【天皇賞(秋)】(11月1日、東京11R)発走=15時40分
◎ 6 フィエールマン
〇 9 アーモンドアイ
▲ 8 キセキ
△11 ダノンプレミアム
△ 7 クロノジェネシス
△10 スカーレットカラー
△ 4 ダノンキングリー
馬連 6→9、8、11、7、10、4

» コメントを書く

2020年10月30日

「スワンS&アルテミスS」

激戦が予想されるGI,天皇賞(秋)の前日、31日の土曜日は京都で1着馬にマイルチャンピオンシップ(GI)の優先出走権が付いたスワンステークス(GⅡ、1400m)、そして東京では先行きが楽しみな2歳馬の中央場所での初重賞、アルテミスステークス(GⅢ、牝馬、1600m)が行われます。ともに頭数がそろって波乱含み。穴党ファンの出番もありそうです。

スワンSは休み明けでもアドマイヤマーズに◎。6着に終わった6月東京の安田記念以来ですが、秋に備えて追い切りを積んできて先週、今週の動きはパワフルで惚れ惚れします。休み明けでも凡退はないはずです。
手ごわい相手は春季に重賞3連勝と快進撃してGI・ヴィクトリアマイルでアーモンドアイの2着に健闘したサウンドキアラと、復調気配のステルヴィオ。ただ、距離の1400mが微妙なので、先行しそうなプロディガルサン、ベステンダンクに△。逆に追い込み勢の台頭ならシヴァージ、カテドラルあたりか。
【スワンS】(10月31日、京都11R)発走=15時35分
◎ 2 アドマイヤマーズ
〇 1 サウンドキアラ
▲16 ステルヴィオ
△12 プロディガルサン
△ 7 ベステンダンク
△ 6 シヴァージ
△ 9 カテドラル
馬連 2→1、16、12、7、6、9

東京のアルテミスSはほとんどがキャリア1,2戦の“女の子”のレース。どれが強いか断言はできません。でも、7月12日の函館1800mで新馬勝ちして9月5日の札幌2歳S(GⅢ、1800m)を制したソダシは映像で見ていて強いと思いました。ここにも出走している2着のユーバーレーベンにクビ差に詰め寄られ、上り3ハロンが36秒7かかっています。でも、これは「勝ち」にこだわって早めに捲って出たから。私は強いレースだったと思います。
単穴に狙ったクールキャットは6月20日、東京1400mで勝ったスクリーンヒーロー産駒。タイムは1分23秒4(稍重)でしたが直線抜け出してゴールまで失速しないで走り切りました。買ってみるなら今回?
【アルテミスS】(10月31日、東京11R)発走=15時45分
◎14 ソダシ
〇 5 ユーバーレーベン
▲ 4 クールキャット
△ 6 ククナ
△13 テンハッピーローズ
△ 7 ウインアグライア
△16 ヴァーチャリティ
馬連 14→5、4、6、13、7、16

» コメントを書く

2020年10月24日

「菊花賞」

さあ、菊花賞です。毎年行われる3歳クラシックの3冠目ですが、令和2年、西暦2020年の今年は特別。2歳の昨年9月15日、阪神で新馬戦(1800m=以下、すべて芝)を勝ったコントレイル(牡、飛行機雲の意味)が続く東スポ杯2歳ステークス(GⅢ、東京1800m)→ホープフルS(GI,中山2000m)と勝ち進み、明けて20年、3歳初戦で迎えたクラシック第一関門、皐月賞を勝って第一関通過。迎えた5月31日のダービー(東京優駿、東京2400m)も2着(サリオス)に3馬身差の圧勝。夏を越して秋、前哨戦に選んだ神戸新聞杯(GⅡ、中京2000m)も2着(ヴェルトライゼンデ)に2馬身の楽勝。デビューから負け知らずで3冠最終戦を迎えました。
戦後初の三冠馬、シンザンのダービーを東京競馬場で観戦。強かったものの、中山で負けたレース(2着)も見ています。病こうじて?競馬の仕事に入ったのですが、コントレイルは馬場が渋った1冠目の皐月賞が途中まで“負けるかな?”と思った以外は、同期では勝負にならない強さ。ここは印は◎以外ないでしょう。
もちろん、「競馬は何が起こるか分からない」という前提は肝に銘じていますが、実力では負け知らずで3冠制覇は確実です。詮索して負けがあるとすれば・・・極端な道悪か3000mの距離の2つでしたが、その①の道悪は消えた。残る②の距離は鞍上の福永騎手がカバーするでしょう。
次位(〇)は東のトライアル、セントライト記念(GⅡ、中山2200m)=2着=のレース内容を買ってサトノフラッグを抜擢。人気が」高まっているのヴェルトライゼンデは今回、確かに走りごろです。ダービー(3着)のあと順調ではなく、骨折治療に加えて調教過程で熱発があったようです。それで前走の神戸新聞杯で印を下げたのですが、それでも2着に健闘。距離は心配なさそうだし、好材料が多いです。
次いで△(伏兵)は案外人気が低いガロアクリーク、毎日王冠は出遅れて大敗だったもののダービー4着のサトノインプレッサ。あと、逃げ脚強靭なバビットと距離に適性がありそうなロバートソンキー。

【菊花賞】(10月25日、京都11R)発走=15時40分
◎ 3 コントレイル
○10 サトノフラッグ
▲ 6 ヴェルトライゼンデ
△ 2 ガロアクリーク
△ 5 サトノインプレッサ
△11 バビット
△13 ロバートソンキー
馬連 3→10、6、2、5、11、13

» コメントを書く

2020年10月23日

「富士S」

雨、雨、雨だったお天気がようやく回復して今週は土、日ともお陽様が見られそうな予報になっています。25日の京都、無敗の三冠馬誕生が成るか注目される大一番、菊花賞の舞台が良馬場になりそうで何よりです。
前日(24日、土曜日の重賞は、東京競馬場の富士ステークス(GⅡ、東京1600m)。こちらは前日の雨が乾くまで行くか馬場状態が気になります。出走は12頭なのですが、オミット(無印)する馬に迷う好メンバー。そのうち5頭が3歳馬で、斤量差があるので要注意。波乱含みです。
ヴァンドギャルド(4歳牡馬)を狙ってみました。私には印象の薄い馬だったのですが、追い切りの動きを見ていて“あれっ?何、この馬”と思ったほどの走りぶり。改めて調べると思い出しました。インディチャンプが勝った4月京都のGⅡ、マイラーズCで3着に追い上げてきた馬でした。そのあとのGI・安田記念ではグランアレグリアの10着に終わっています。それ以来の出走ですが、調教量は十分。秋を迎えて実が入ってきたような気がします。
○は格上馬がいた札幌記念(GⅡ、2000m)で2着まで末脚を伸ばしてきたペルシアンナイトとしましたが、もう1頭、狙ってみたい穴馬がいます。▲にした3歳のタイセイビジョンです。ここにはNHKマイルカップ(3歳GI、東京1600m)を勝ったラウダシオンも出走していますが、そのNHKマイルCで◎にしました。結果は4着でしたが、この秋、巻き返してもおかしくない素質があると思っています。
△のシーズンズギフト、ラウダシオン、サトノアーサー、ワーケアは明らかな優劣ではなく、印の関係でそうなってしまったというところ。無印になったケイアイノーテック、スマイルカナにもごめんなさいです。
【富士S】(10月24日、東京11R)発走=15時45分
◎ 5 ヴァンドギャルド
〇10 ペルシアンナイト
▲ 2 タイセイビジョン
△ 8 シーズンズギフト
△11 ラウダシオン
△ 4 サトノアーサー
△12 ワーケア
馬連 5→10、2、8、11、4、12

» コメントを書く

2020年10月17日

「秋華賞」

「秋華賞」
今週は無敗のまま桜花賞とオークスを勝ったデアリングタクトが臨む秋季の3歳牝馬のGI、秋華賞です。ちょっと横道へ。このレース、厳密に言うと「クラシックレース」ではありません。牝馬の「クラシック」は英1000ギニーとオークスをモデルにした桜花賞とオークス(正式競走名=優駿牝馬ですが、このレースは後に創られたGIで、出走するために必要なクラシック登録(救済措置あり)は必要としません。20数年経った今もです。
別に他意はないのですが、「牝馬の3冠馬」とか言うのを聞いたり読んだりするどうしても気になります。まして「三冠馬」となると・・・これは同モデルが2000ギニー(皐月賞)とダービーS(ダービー=東京優駿)、セントレジャーS(菊花賞)。来週、コントレイルが勝てば堂々、日本のクラシック三冠馬です。
横道へ入ってウロウロしていたら道に迷いました。秋華賞、もちろん◎はデアリングタクトです。2週続けての追い切り映像で観察したら、馬体、動きとも問題ないどころか春季より成長しています。しかも落ち着きがあって、鞍上との呼吸もぴったり。精神面の成長も感じさせます。ケイバは何があるか分かりませんが、余程のアクシデントがないかぎり大丈夫でしょう。
馬場状態が気になりますが、相手の一番手は前哨戦のローズSを楽勝したリアアメリア。そして怖いぐらいに良くなっているように見えるウインマイティーに(単穴)。オークスの時はウインの2頭のうちマリリンの方を上位(△の1)にしましたが、今回はこちらを重視。前走の紫苑Sの6着も大外からの伸び脚は差し切れるかというぐらいでした。
あと、紫苑Sで2着のパラスアテナが道悪巧者かもしれないので上位にランク。
最後(印は最多で7頭)の△は抽選で勝って出走にこぎ着けたソフトフルート。旧知の調教師・松田国英の管理馬で、火曜日に追い切ったあたりに”らしさ”があります。スタートに少し難があってレースも粗削りですがポテンシャルは高いです。大駆けがあるかもしれません。

【秋華賞】
◎13 デアリングタクト
〇 2 リアアメリア
▲ 5 ウインマイティー
△16 パラスアテナ
△17 ウインマリリン
△ 1 ミヤマザクラ
△ 8 ソフトフルート
馬連 13→2、5、16、17、1、8

» コメントを書く

2020年10月16日

「府中牝馬S」

17日の土曜日の重賞はアイルランドトロフィーが副賞の府中牝馬ステークス(GⅡ、東京1800m)。1着馬にGI・エリザベス女王杯の優先出走権も付いています。出走が8頭になったのが少し惜しいですが、予想は少しも楽になったわけでありません。逆に取捨選択に迷いが出るくらいです。
そんなことはどうでもよいですよね。最初は2週続けてビシっと追われている意欲を買ってダノンファンタジーを狙ってみようかと思ったのですが・・・いや、それはないだろう!と自分を戒めて、◎はラヴズオンリーユー。
昨年のオークスで「◎は3戦3勝のラヴズオンリーユー」としていて、勝ってくれた恩を仇で返すわけにはいきません。2歳時の秋に京都で新馬戦、次いで同1600mの白菊賞(500万下)を連勝したあと休んでいて、桜花賞へ続く戦線ではまったく話題外でした。一躍注目されるようになったのは桜花賞当日に行われる「忘れな草賞」を勝ってからです。そして・・・オークスは強かった。中位から追い上げて粘るカレンブーケドールを捉え、勝ちタイムが2分22秒8。内容的に大健闘だったダノンファンタジーが5着でしたね。で、次位〇はダノンファンタジー。
そのあと、気性難に目をつぶって穴(▲)にシゲルピンクダイヤ。今夏、札幌のクイーンS(GⅢ、1800m)で小差4着だったシャドウディーヴァにも要注意です。
【府中牝馬S】
◎ 5 ラヴズオンリーユー
〇 2 ダノンファンタジー
▲ 1 シゲルピンクダイヤ
△ 6 シャドウディーヴァ
△ 7 トロワゼトワル
△ 3 フェアリーポルカ
馬連 5→2、1、6、7、3

» コメントを書く

2020年10月10日

「毎日王冠&京都大賞典」

11日の日曜日は東西でGⅡ重賞が行われます。東京競馬場では恒例の3歳以上オープン、毎日王冠(1800m)。1着馬に秋の天皇賞の優先出走権があるレースで、ここに春季のクラシックで実績を残した3歳馬2頭が出走して来ました。サリオス(皐月賞2着、ダービー2着)とサトノインプレッサ(ダービー4着)です。
古馬と初対戦になりますが、ここはサリオスでしょう。別定重量で古馬より2キロ軽い54キロですし、ここに向けて乗り込まれてきて先週、今週の追い切りの動きも良好。秋初戦でも体勢に不安は感じられません。
次いでこれも3歳馬、サトノインプレッサ。ダービーではレース前、僚馬コントレイルの陰に隠れているような存在でしたが、4着。中団の後ろから直線で追い上げた脚は目を引きました。デビュー戦から毎日杯(GⅢ、阪神1800m)まで3連勝。4走目のNHKマイルC(GI、東京1600m)は13着に終わっていますが、不利が重なってのもの。改めて素質に注目したい1頭です。
▲(単穴)は道悪に不安なく、東京コースは走るダイワギャグニーにしました。△サンレイポケット以下にも注意が必要です。
【毎日王冠】(10月11日、東京11R)発走=15時45分
◎ 9 サリオス
〇 8 サトノインプレッサ
▲ 5 ダイワギャグニー
△ 7 サンレイポケット
△10 カデナ
△ 4 ザダル
△ 3 アイスストーム
馬連 9→8、5、7、10、4、3

京都の3歳以上オープン、京都大賞典(GⅡ、2400m)も1着馬に天皇賞(秋)の優先出走権がある重賞。ただし、こちらのメンバーには長距離重賞のステイヤーズSへ向かう馬が混在していて出走は17頭。メンバーと出走条件を見ると“この馬でイケる”と言い切れる中心馬がいないので波乱含みだと思います。
◎は過去の実績からキセキにしました。ただ、気性難が発生してからどういうレースをする? かつては迷わず先行していましたが、気性をカバーするため前半抑えて後半勝負に出る可能性があります。ハマればいいのですが・・・
逆転候補はグローリーヴェイズ。前走の宝塚記念(GI,阪神2200m)での大敗(17着)が気になりますが、中止で引き上げた3月のドバイへの遠征の影響でしょう。その前(昨年12月)の香港遠征では香港ヴァーズ(GI,シャティン2400m)を快勝してきました。
単穴は5月東京の目黒記念を快勝したキングオブコージ。追い切りの動きも良いです。あと、個人的な趣味もありますが前走、骨折長休から1年1カ月ぶりに復帰していきなりGⅢ鳴尾記念を勝った8歳馬パフォーマプロミスの健闘も期待します。

【京都大賞典】(10月11日、京都11日)発走=15時35分
◎ 2 キセキ
〇13 グローリーヴェイズ
▲17 キングオブコージ
△15 パフォーマプロミス
△ 8 カセドラルベル
△ 1 ダンビュライト
△ 3 シルヴァンシャー
馬連 2→13、17、15、8、1、3

» コメントを書く

2020年10月09日

「サウジアラビアロイヤルC」

ようやく秋の大舞台、東京競馬場へ戻ったというのに雨、雨、雨・・・。まさに先人の言う「秋の長雨」で、いつになったら良馬場でレースを迎えられるのか飽きてきましたね。それでなくても新型コロナウィルス騒ぎが収まらなくてイライラが続いているのに秋雨前線に台風14号、「もう勘弁してよ」とぼやきたくなるのは私だけじゃないでしょう。
東京開催・秋の幕開けの重賞は、今年デビューした2歳馬の中央場所での最初の重賞「サウジアラビアロイヤルカップ」(GⅢ、1600m)。来年のクラシックへ各陣営、手ごたえをつかみたいところです。
8月9日、新潟1600m戦で期待通りに勝ち上がったモーリス産駒のインフィナイト(牝)に◎です。重馬場だったことあってタイムは1分37秒5ですが、先行して危なげない勝ち方です。
逆転候補はジャンカズマ。7月阪神のデビュー戦(1400m)は2着でしたが、そのあと札幌へ向かって1500m戦を1分29秒6で1着。これはなかなかのタイムです。次いで出走した同距離のクローバー賞は3着でしたが、間違いなく走る馬と思っています。
次いで、ステラヴェローチェ、キングストンボーイ、ダディーズビビット・・・と印が多くなりましたが、まだ分らないからというのが本音です。

【サウジアラビアロイヤルC】(10月10日、東京11R)発走=15時45分
◎ 5 インフィナイト
〇 2 ジャンカズマ
▲ 9 ステラヴェローチェ
△ 8 キングストンボーイ
△ 7 ダディーズビビット
△ 4 スペシャルトーク
△ 1 ピンクカメハメハ
馬連 5→2、9、8、7、4、1

» コメントを書く

2020年10月03日

「スプリンターズS」

秋シーズン最初のGI、スプリンターズステークス(4日、中山1200m)を迎えました。小回りコースのスピード比べに違いはないのですが、この距離のスタートは外回りコースの引き込み線。千六と違って1Cまでの距離は長く、カーブの入りも比較的緩やか。能力がある馬なら外枠でもこなせます。
ということで◎はグランアレグリア。後手に回った前記のGI、高松宮記念(3月29日、中京1200m)はゴール前で急襲もわずかに及ばず2着でしたが、続くGI・安田記念(6月7日、東京1600m)で鮮やかなレース運びでアーモンドアイに2馬身半差の完勝。本格化しましたね。ただ、ここはのぶっつけ本番なので、重め残りが少し心配。体調が良いのと重め残りは別問題ですから。
〇(逆転候補)はダノンスマッシュ。5月東京の京王杯(1400m)、前走のセントウルS(中京1200m)のGⅡ連勝を含めて重賞6勝。こちらは休み明けの心配もないので“ひょっとして・・・”の望みはあると思います。
穴馬(▲)はダイアトニックにしました。もたれるクセが災いして4走前の阪急杯(GⅢ、阪神1400m)で2位入線から3着に降着。次ぎの高松宮記念(GI,中京1200m)では逆にクリノガウディの内斜行で、勝つかと思う内容でモズスーパーフレア、グランアレグリアハナ、アタマ差の3着。その鬱憤は函館スプリント(GⅢ、1200m)の快勝で少し晴らしたのですが、札幌のキーンランドカップ(GⅢ、1200m)では1番人気で15着の大敗でした。ただ、これは58キロを背負って重馬場以上の馬場悪化だったのが原因?汚名返上があるかもしれません。
以下△は状態の良さを重視。前走(北九州記念2着)が余裕残しだった昨年の2着馬モズスーパーフレアは今回、本番へ向けて意気込みあふれる仕上げ。少し評価を下げたのは他の逃げ・先行型にかなりからまれるとみたからです。
【スプリンターズS】(10月04日、中山11R)発走=15時40分
◎10 グランアレグリア
〇 3 ダノンスマッシュ
▲ 9 ダイアトニック
△13 レッドアンシェル
△ 6 ライトオンキュー
△ 7 ミスターメロディ
△ 2 モズスーパーフレア
馬連 10→3、9、13、6、7、2

» コメントを書く

2020年10月02日

「シリウスS」

阪神競馬場の改修工事で代替開催が続いていた中京も今週でひとまず終了。次週から西は京都へ移って秋華賞、菊花賞と佳境を迎えます。3日の土曜日、代替開催最後の重賞はダートのGⅢ、シリウスS(3歳以上オープン、1900m)。頭数がそろい、3歳の有力馬が出走、しかもハンデ戦とあって穴党の出番の可能性はある面白いレースになりました。
中心には迷わずカフェファラオを採りました。前走の大井のG1、ジャパンダートダービー(2000m)で7着に沈んだが、いろんな条件が重なっての大敗。距離とか重馬場とか一言、二言では言えませんが、実力でないことは断言できます。中央の3歳馬の唯一のダート重賞、ユニコーンS(GⅢ、東京1600m)を3連勝で制した逸材。しかも2着に5馬身差の圧勝!その馬が何もなくてあんな負け方をするはずがない。中京も初めてですが、この距離なら流れに乗って巻き返すと思います。
2番手にも3歳のダイメイコリーダ。前記したジャパンダートDで逃げて2着としぶとい粘り腰を見せました。この54キロの3歳2頭を破るとすればキャリアのある年長馬。中から単穴には自在性が身についてきたアルドーレを抜擢しました。
【シリウスS】(10月3日、中京11R)発走=15時35分
◎15 カフェファラオ
〇10 ダイメイコリーダ
▲ 4 アルドーレ
△ 9 ダノンスプレンダー
△11 グレートタイム
△ 6 メイショウワザシ
△ 7 エムオーグリッタ
馬連 15→10、4、9、11、6、7

» コメントを書く