「サウジアラビアロイヤルC」

2020年10月09日

「サウジアラビアロイヤルC」

ようやく秋の大舞台、東京競馬場へ戻ったというのに雨、雨、雨・・・。まさに先人の言う「秋の長雨」で、いつになったら良馬場でレースを迎えられるのか飽きてきましたね。それでなくても新型コロナウィルス騒ぎが収まらなくてイライラが続いているのに秋雨前線に台風14号、「もう勘弁してよ」とぼやきたくなるのは私だけじゃないでしょう。
東京開催・秋の幕開けの重賞は、今年デビューした2歳馬の中央場所での最初の重賞「サウジアラビアロイヤルカップ」(GⅢ、1600m)。来年のクラシックへ各陣営、手ごたえをつかみたいところです。
8月9日、新潟1600m戦で期待通りに勝ち上がったモーリス産駒のインフィナイト(牝)に◎です。重馬場だったことあってタイムは1分37秒5ですが、先行して危なげない勝ち方です。
逆転候補はジャンカズマ。7月阪神のデビュー戦(1400m)は2着でしたが、そのあと札幌へ向かって1500m戦を1分29秒6で1着。これはなかなかのタイムです。次いで出走した同距離のクローバー賞は3着でしたが、間違いなく走る馬と思っています。
次いで、ステラヴェローチェ、キングストンボーイ、ダディーズビビット・・・と印が多くなりましたが、まだ分らないからというのが本音です。

【サウジアラビアロイヤルC】(10月10日、東京11R)発走=15時45分
◎ 5 インフィナイト
〇 2 ジャンカズマ
▲ 9 ステラヴェローチェ
△ 8 キングストンボーイ
△ 7 ダディーズビビット
△ 4 スペシャルトーク
△ 1 ピンクカメハメハ
馬連 5→2、9、8、7、4、1

» コメントを書く