「エリザベス女王杯&福島記念」

2020年11月14日

「エリザベス女王杯&福島記念」

GI,再開です。今週(15日、日曜)は牝馬ナンバーワン決定戦と言ってよいレースですが、天皇賞(秋)でアーモンドアイがGI・8勝の記録を樹立したあとだけにそぐわない言い回しですね。ま、アーモンドは別格ということで・・・
中心はラヴズオンリーユーにしました。昨年のオークス◎の期待に応えてくれた恩義もありますが、”ここで狙わないでどうする“と思わせる調教を積んでいます。1週前に栗東CWコースで実戦を想定したような追い切りで速いタイムをマーク。今週はちょっと控えましたが、それでも坂路での追い切りの動きは終いの伸びが圧巻。不安は感じられません。昨秋は蹄の炎症で秋華賞をパス。今年の春はドバイワールドカップに遠征したのに開催中止で帰国と不運が続きました。ようやくの復活気配です。
強敵は実績から昨年の覇者ラッキーライラックですが、これを札幌記念で差し切ったノームコアを強調して〇に。穴馬を探すと、中間の追い切りでぐんぐん良くなっている感じの3歳馬ソフトフルート。前走の秋華賞でも密かに狙ってみましたが(△印、単・複を少々)3着と好走。能力があるのははっきりしてきました。
ということで、すみません。ラッキーライラックが4番手になってしまいました。ついでながらウインマイティー、前回不発のリアアメリア、良化気配のサトノガーネットにも注意しましょう。
【エリザベス女王杯】(11月15日、阪神11R)発走=15時40分
◎11 ラヴズオンリーユー
〇 6 ノームコア
▲ 4 ソフトフルート
△18 ラッキーライラック
△ 9 ウインマイティー
△ 5 リアアメリア
△14 サトノガーネット
馬連 11→6、4、18、9、5、14

福島最終日の重賞、福島記念(GⅢ、2000m)は波乱含みですが4歳牝馬のレッドアネモスを狙ってみました。8月札幌の牝馬重賞、クイーンS(GⅢ、1800m)の勝ち方が鮮やかだったからで、追い切りを積まれて動きも上々です。ハンデが前走と同斤の55キロ。1ハロン長くなる距離はこなせるとみて、残る課題は長距離移動?
この馬が不発なら替わって浮上しそうなのが福島コース得意のヴァンケドミンゴ。そして単穴(▲)はアドマイヤジャスタ。気性難が出世を阻んでいましたが、2歳GIのホープフルSでサートゥルナーリアの2着、昨年2月の準重賞・すみれSもサトノルークスの2着で皐月賞、ダービーに歩を進めています。極度の不振にはまり込んでいましたが、突如目覚めたのが今年7月の函館記念(1着)。潜在能力はあるので注意が必要です。
【福島記念】(11月15日、福島11R)発走=15時20分
◎ 4 レッドアネモス
〇 9 ヴァンケドミンゴ
▲ 6 アドマイヤジャスタ
△ 3 バイオスパーク
△ 7 テリトーリアル
△13 デンコウアンジュ
△ 5 ワセダインブルー
馬連 4→9、6、3、7、13、5

» コメントを書く