「マイルチャンピオンシップ」

2020年11月21日

「マイルチャンピオンシップ」

11月の3連休(21~23日)の最後の23日(月)は勤労感謝の日。私はかなり高齢になってきたので、この日ぐらいは休ませてよ!と愚痴を言うのが恒例になってきました。まあ、競馬なら仕方がないかと悟りを開いている感じです。
22日はGI・マイルチャンピオンシップ。◎は「女傑」への道を歩んでいるグランアレグリアにしました。今年は例年の京都から阪神に開催変更、これを負かすとすれば・・・と替わっての候補を考えたのですが、追い切りの動きは文句なしで負担重量は牡馬の57キロより2キロ軽い55キロ。あとは輸送のみのリーチです。
気がかりなことがあれば代わりに(◎)・・・と思ったのは昨年の覇者インディチャンプ。春季のマイルのGI・安田記念(1着グランアレグリア、2着アーモンドアイ)の3着だった時は落鉄があったそうです。秋初戦のここに向かうまで不安が発生しましたが、福永騎手が直前の前の2週、連続騎乗で追い切られていい感じに仕上がったと感じました。
▲にはレース運びに迷いがないはずのレシステンシア。牝馬で2キロ、さらに3歳で1キロ、4歳以上牡馬より3キロ軽いのは大きいので面白いと思います。そして3歳牡馬の東の大器、サリオス(56キロ)は当然の上位争い候補。
あと△(伏兵陣)としましたが、その中でとくに個人的に応援しているのはヴァンドギャルドです。前走の富士S(GⅡ、東京1600m)=5番人気、1着=で◎に抜擢して追い込みを決めてくれた恩義があります。当時のコメントは「ヴァンドギャルド(4歳牡馬)を狙ってみました。私には印象の薄い馬だったのですが、追い切りの動きを見ていて“あれっ?何、この馬”と思ったほどの走りぶり。改めて調べると思い出しました。インディチャンプが勝った4月京都のGⅡ、マイラーズCで3着に追い上げてきた馬でした」。ということで再度、夢馬券を少々。
【マイルチャンピオンシップ】(11月22日、阪神11R)発走=15時40分
◎ 4 グランアレグリア
〇 8 インディチャンプ
▲ 2 レシステンシア
△17 サリオス
△16 ヴァンドギャルド
△ 6 ラウダシオン
△ 7 アドマイヤマーズ
馬連 4→8、2、17、16、6、7

» コメントを書く