「東スポ杯2歳S」

2020年11月22日

「東スポ杯2歳S」

3連休最後の23日(月・勤労感謝の日)、東京競馬場で行われる2歳重賞の「東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ、東京1800m)は、距離は違っても途中からはダービーと同じコース。栗東トレセン所属馬にとっては大きな経験になるので例年、注目馬が挑戦して来ます。今年は出走10頭のうち3頭が西から参戦馬。明年のクラシック戦線につながる可能性があるので見逃せません。
中で最も能力の高さを感じるのがダノンザキッドです。6月28日に阪神1800mでデビュー勝ちしただけの戦績ですが、そのレースを映像で見てこれはすごいな!と思いました。14頭立ての12番枠だったのでスタートは悪くなかったものの、内から行く馬がいたので譲って6~7番手からのケイバ。3コーナーから促すと難なく先行勢に接近。直線へ向いてちょっと内へ寄る若さを見せたものの、鞍上(北村友)が体勢を立て直すと後は一直線。難なく先頭に立って馬なりのままゴールイン。それでいて稍重馬場でのタイムが1分48秒3。2着以下がちぎれたのも当然でしょう。夏を越して間が開きましたが、追い切りを積んで来て直前は坂路で半マイル51秒6‐37秒5‐12秒1の猛タイム。輸送を無事にクリアすれば脅威の走りを見せそうな予感がします。
次いで〇も西からの1頭、ジュンブルースカイ。こちらは2戦1勝、2着1。9月中京の2000戦を勝ち、準重賞(L)の萩ステークスで勝ち馬に1/2馬身差の2着でした。スタートに少し難があるように見えますが、そこから馬群を捌いて勝負になるレースに持ち込んでいます。能力がなければできない内容です。
迎え撃つ関東勢。新潟で長く脚を使って勝った▲のドゥラヴェルデ、10月中山の1800m新馬戦を逃げ切ったタイトルホルダーらがどう立ち向かうか。
【東スポ杯2歳S】(11月23日、東京11R)発走=15時30分
◎ 3 ダノンザキッド
〇10 ジュンブルースカイ
▲ 1 ドゥラヴェルデ
△ 2 タイトルホルダー
△ 7 ヴェローチェオロ
△ 9 モリノカンナチャン
△ 4 レインフロムヘヴン
馬連 3→10、1、2、7、9、4

» コメントを書く