「有馬記念」

2020年12月26日

「有馬記念」

初めから脱線しますが、私が今いる事務所(東京中央区日本橋浜町)から歩いて10分ぐらいのところに水天宮(地下鉄駅同名)があって、周辺をうろつくと小学校など有馬(家)の名があちこちに散見されます。隅田川を渡る新大橋の手前の左には有馬記念の名称になった民営化後のJRAの第2代理事長、有馬頼寧伯爵の碑が建立されています。歴男歴女の方、お近くを散策されるかた、立ち寄ってみてください。

本題です。有馬記念(予想)は、その新設の趣旨に従って、小欄がこれまで予想でお世話になった馬たちに印を付けました。
◎はフィエールマン。前走の天皇賞(秋)は、2000mじゃ距離が短いという見方が圧倒的(5番人気)でしたが、“いや、府中のコースなら2000mでも走れる”と反発しての◎でした。結果はアーモンドアイには及ばず2着でしたが、ゴール前で半馬身差まで詰め寄ったのですから満足です。レース後、手綱をとった福永祐一騎手が「もう一列前でレースをしたかった」とスタート後、バックストレッチに向かうところで両脇から挟まれたのを残念がっていましたが、それがケイバですから仕方ありません。
〇のクロノジェネシスは、これまで◎をつけた記憶がありません。今回も道悪なら「話は別」ですが、今回◎にするのはなんとなく人気の尻馬に乗るようで良しとしません。
▲にはラヴズオンリーユーを抜擢。昨年の桜花賞の日に忘れな草賞(L、阪神2000m)を勝った時点で狙いを定めていましたが、◎にしたオークスで見事に追い込み勝ちしました。そのあと調子を崩して秋~今年春季は今イチ一のレース内容。ただ、夏を越して2戦しましたが(⑤③着)、今度はこの秋一番のデキになるはずです。
次いでキセキ。追い切りの動きは」2週続けて良く、単穴はこれにしようかと思ったほどです。前2戦で買ったあなた、逃げ馬は諦めて買わなくなった時ほど走るんです。他の騎手のマークも緩くなりますからね。前走は暴走でしたが、まともに先行したら・・・
△の2のワールドプレミアは昨年の菊花賞印馬。◎ヴェロックス(3着)、○サトノルークス(2着)とツルんで上位3頭で的中させてくれました。
問題は最後の1頭です。印をつけるのは最大で7頭と決めています。初めはその中にラッキーライラックがいたのですが、どうしてもこの馬(オーソリティ)を入れたくてライラックをの方を外してしまいました。それくらい魅力があります。
 
【有馬記念】(12月27日、中山11R)発走=15時25分
◎13 フィールマン
〇 9 クロノジェネシス
▲ 4 ラヴズオンリーユー
△ 6 キセキ
△ 5 ワールドプレミア
△10 カレンブーケドール
△12 オーソリティ
馬連 13→9、4、6、5、10、12

» コメントを書く

2020年12月25日

「ホープフルS&阪神C」

有馬記念(27日、中山2500ⅿ)は競馬ファンなら良く知っている馬ばかり。ひとまず置いておいて26日土曜日に中山で行なわれる2歳馬のGI・ホープフルステークス(2000ⅿ)と、阪神の阪神カップ(GⅡ、1400ⅿ)。とくにホープフルSは明年のクラシックレースに直結するので例年、目を凝らしてみるレースです。ことしは有望馬がそろった感じがします。
中心(◎)は大物感があるダノンザキッド。6月阪神の1800ⅿ戦でいったん7~8番手に下げ、3半から進出。危なげなく勝った(2着に3馬身差)内容が良かったのに加え、東上した次の東スポ杯2歳S(GⅢ、東京1800ⅿ)の勝ちぶりが圧巻でした。今度は中山コースですが大丈夫と思います。ただし、相手もそろいました。〇ヨーホーレイク、単穴にアドマイヤザーゲを抜擢。△の1、ランドオブリバティも魅力いっぱいです。
【ホープフルS】(12月26日、中山11R)発走=15時25分
◎10 ダノンザキッド
〇 2 ヨーホーレイク
▲12 アドマイヤザーゲ
△ 3 ランドオブリバティ
△11 タイトルホルダー
△13 シュバリエローズ
△ 1 オーソクレース
馬連 10 →2、12、3、11、13、1

西の阪神カップは素直にインディチャンプが中心。GⅡでも負担重量が増量のある「別定」ではなく、「定量」なので57キロでの出走。追い切りの動きに不安もありません。逆転候補〇も順当にステルヴィオ。
穴狙いなら長休明けを叩かれたダノンファンタジー。狙ってみたくなるような追い切りを積んでいます。あと阪神コース巧者のフィアーノロマーノ以下の△勢の食い込みに注意。
【阪神C】(12月26日、阪神11R)発走=15時45分
◎12 インディチャンプ
〇 7 ステルヴィオ
▲ 6 ダノンファンタジー
△ 8 フィアーノロマーノ
△16 マルターズディオサ
△ 9 サウンドキアラ
△11 ジャンダルム
馬連 12→7、6、8、16、9、11

» コメントを書く

2020年12月19日

「朝日杯フューチュリティS」

ステラヴェローチェを狙ってみます。出馬登録した6月阪神の新馬戦を取り消して(枠番発表前)デビューが1カ月遅れましたが7月阪神の1600m戦を逃げ切り勝ちしました。稍重だったこともあるのかタイムが1分36秒4。2着との差もクビで、この時点では私の注目度はほとんど無かったのですが3カ月後、秋初戦のサウジアラビアロイヤルカップ(GⅢ、東京1600m)=1着=のレースぶりを見てびっくり。不良馬場の中、最後方から直線並ぶところ無しのゴボー抜き。まだタイムの裏付けが無いので他の有力馬との比較は難しいですが、馬体が良く見えるし追い切りの動きにも好感が持てます。
レッドベルオーブは初戦2着の後、中京の未勝利戦を1分33秒1のレコードタイム勝ち。続いて11月阪神のデイリー杯2歳S(GⅡ、1600m)ではにしたホウオウアマゾンとの競り合いをアタマ差制して1分32秒4。これも2歳レコードでした。少し掛かるのが気になりますが、順当ならこれが◎。
あと新潟2歳Sを快勝したショックアクション、11月東京の京王杯2歳S(GⅡ、1400m)を勝ったモントライゼがいるし、さらに7月に福島で新馬勝ちして前走の中山のアスター賞の捲り追い込みが見事だったドゥラモンド(中間の動きが◎)と、2歳チャンプの座がかかるGIなので当然ですが役者がそろった感じです。
伏兵陣で最後の△にしたバスラットレオンですが、ジャパンカップを前にしたコントレイルの追い切りで併せ馬を務め、先着していたシーンが脳裏に浮かびます。それで京都2歳S(GⅢ、阪神2000m)で◎にしたのですが、直線6着に後退。でも、当時は札幌2歳S(ソダシの3着)からの帰厩初戦で馬体重が20キロ増えていました。一叩きされたので変わるかもしれません。密かな期待です。
【阪神フューチュリティS】(12月20日、阪神11R)発走=15時40分
◎ 7 ステラヴェローチェ
〇 8 レッドベルオーブ
▲13 ホウオウアマゾン
△ 4 ショックアクション
△ 5 ドゥラモンド
△14 モントライゼ
△11 バスラットレオン
馬連 7→8、13、4、5、14、11

» コメントを書く

2020年12月18日

「ターコイズS」

世の中、コロナ、コロナ・・・で明け暮れた感じの2020年ですが、JRA(中央競馬)の今年の競馬もいよいよ大詰め。先週の牝馬の阪神ジュベナイルフィリーズに続いて22日の日曜日には牡・牝混合の2歳GI、朝日杯フューチュリティステークス(阪神1600m)が行われます。新型コロナを一瞬でも吹き飛ばしてくれるような21年のクラシック候補馬の出現を期待しましょう。
その前に土曜日(21日)中山競馬場で行われる重賞、ターコイズステークス(GIII、1600ⅿ)。予想は下記のようにしました。特徴のある中山のこの距離(コース)でフルゲートの16頭。しかもハンデ戦。それでなくても荒れる師走ケイバですから簡単には収まらないでしょうね。特効薬は「何が起きても驚かない」ことです。
不利な外枠になりましたが、逆手に取って敢えて4歳牝馬のランブリングアレーを狙いました。まだ底をみせていません。〇スマイルカナの動きも良いです。
▲(単穴)は追い切りでひと際、目を引く動きのアンドラステ。混戦になる可能性十分のレースなので元気な3歳勢のビッククインバイオ、サンクテュエー
ル、クリスティを含めた△にも要注意です。
【ターコイズS】(12月19日、中山11R)発走=15時25分
◎14 ランブリングアレー
〇 8 スマイルカナ
▲ 5 アンドラステ
△ 4 ビッククインバイオ
△ 7 ドナウデルタ
△11 サンクテュエール
△12 クリスティ
馬連 14→8、5、4、7、11、12

» コメントを書く

2020年12月12日

「阪神ジュベナイルフィリーズ&カペラS」

今週のGIは2歳牝馬の頂上決戦、阪神ジュベナイルフィリーズ(GI、阪神外回り1600m)です。話題の白毛馬、ソダシに◎です。ここまで3戦、函館1800mでデビュー勝ち。そのあと札幌に移って2歳S(GⅢ、1800m)、そして10月東京の牝馬GⅢ・アルテミスS(1600m)と勝ち進んできました。感心するのは、レースをするごとに私の評価をプラスに書き換えていること。まだ、速いタイムで走るタイプと対戦した時にどうか?と思いますが、鞍上の吉田隼人騎手との信頼感も構築されているように見えます。
ちょっと寄り道。この馬を取り上げる時は強い、弱いだけでなく、馬名の由来(サンスクリット古代語)から始まって、血統・・・と勉強させられます。強敵が揃いましましたが手間がかかったので(?)頑張ってください。
「強敵」は、かなり乗り方に注文がありそうですが新馬→小倉2歳S→ファンタジーS(GⅢ、阪神1400m)と勝ち進んできたメイケイエール、前走でそのメイケイに3/4馬身差まで迫る2着だったオパールムーン、次いでサトノレイナス以下の△勢。ほかに印が割愛になった馬も2頭ほどいます。
【阪神ジュベナイルフィリーズ】(12月13日、阪神11R)発走=15時40分
◎ 6 ソダシ
〇18 メイケイエール
▲12 オパールムーン
△ 7 サトノレイナス
△16 インフィナイト
△11 ユーバーレーベン
△10 シゲルピンクルビー
馬連 6→18、12、7、16、11、10

これに先立って中山で行われるダート1200mのGⅢ、カペラステークスは4歳のジャスティンに期待。大井でGⅡの東京盃(1200m)を勝ったので2キロ増の58キロになるのがネックですが、2週続けて栗東坂路の追い切りで素晴らしい動きを見せています。◎に踏み切りました。
逆転候補は同じ4歳のレッドルゼル。これも近況が良く、負担重量がまだ56キロ。前記のジャスティンと2キロ差があるので逆転十分です。▲(単穴)は先手を打ちそうな4歳の上がり馬、ダンシングプリンス。
【カペラS】(12月13日、中山11R)発走=15時20分
◎13 ジャスティン
〇12 レッドルゼル
▲ 9 ダンシングプリンス
△11 テーオージーニアス
△14 フォーテ
△ 7 ダイメイフジ
△ 5 ロンドンテソーロ
馬連 13→12、9、11、14、7、5

» コメントを書く

2020年12月11日

「中日新聞杯」

天皇賞(秋)そしてジャパンカップと秋のS級GIが終わって、精神的な下降線は自分で思っていた以上に大きい。できるなら今年の競馬の終わりにしたいぐらいです。このあと好きな2歳馬のGIが続くのが救いです。
12日(土)の重賞は3歳以上オープンの中日新聞杯(GⅢ、中京2000m)。よりによって私の苦手な中京コースでのハンデキャップ重賞(3歳馬の出走はなし)。でも、4歳のヴェロックスが出走してきたのが救い(?)です。
昨年のクラシック三冠レースで皐月賞がサートゥルナーリアのアタマ差2着、ダービーはロジャーズバローズ大逃げの前に3着、菊花賞はワールドプレミアの急襲に遭って3着。それが遠征した春季の初戦、2月の小倉大賞典(GⅢ、1800m)で9着というのは・・・。何があったんでしょう。それだけに今回、追い切り過程を調べて、ここ2週の動きも映像で確認。臨戦態勢は万全に見えるので迷わず◎です。
サトノガーネットは昨年のこのレースの勝ち馬。調子もよさそうだし、この距離ならなら大崩れはないでしょう。怖いのは前走1番人気で8着に終わっているトリコロールブルー。汚名返上とばかりに追い切りを積んでいます。▲に狙ってみました。
【中日新聞杯】(12月12日、中京11R)発走=15時35分
◎ 9 ヴェロックス
〇 1 サトノガーネット
▲ 6 トリコロールブルー
△11 グロンディオーズ
△18 サトノソルタス
△ 3 テリトーリアル
△ 5 ギベオン
馬連 9→1、6、11、18、3、5

» コメントを書く

2020年12月05日

「チャンピオンズカップ」

「チャンピオンズC」(GⅠ、ダ1800m)は中央、地方競馬で活躍してきた有力馬が中京に集結して覇を競うダートのチャンピオン決定戦。今年も名だたるメンバーが揃いました。
3歳のカフェファラオを狙ってみます。国内では負け知らずのクリソベリルという絶対的(に見える?)王者がいるので人気は大きく譲っていますが、この馬のポテンシャルもかなり高いです。2歳の昨年12月、中山1,800mのデビュー戦で2着に10馬身差の逃げ切り勝ち。年を越して2月東京のヒヤシンスS(準重賞、1600m)では大外⑭番枠で出遅れスタート。それでも鞍上のMデムーロ騎手が慌てず直線の追い上げに切り替えると、期待通りの伸び脚で差し切った。そして私が最も重視している3歳ダートの春季唯一の重賞、ユニコーンS(GⅢ、東京1600m)では大外⑯番枠から好スタートして好位につけ、直線危なげなく伸びて1分34秒9(稍重)。2着デュードヴァンに5馬身、差がありました。
ところが、思わぬこと(心配はしていた)が起きたのがG1に挑戦した大井のジャパン・ダート・ダービー(2000m)。重馬場の中、戸惑いが重なったようでケイバにならず7着・・・。
それでも、すぐ立ち直って中京で行われた前走のシリウスS(GⅢ、1900m)で古馬陣相手に快勝。これが本番コースですから格好の足慣らしです。
前記したクリソベリルは国内無敗の8勝。負けたのは今年2月の海外遠征(サウジアラビア)のサウジカップC(7着)で、不利が重なっての1回だけ。強いです。余計なことを記すことはないでしょう。
単穴(▲)はゴールドドリームにしました。前走の南部杯(JI、盛岡1600m)は6着でしたが秋季初戦。このレースに向け先週、そして今週と追われて目を引く動きを見せています。3年前の勝ち馬で、昨年もクリソベリルにクビ差2着。7歳でも侮れません。
好調目立つサンライズノヴァ以下、△勢にも要注意です。
【チャンピオンズC】(12月6日、中京11R)発走=15時30分
◎ 7 カフェファラオ
〇15 クリソベリル
▲ 2 ゴールドドリーム
△ 8 サンライズノヴァ
△11 チュウワウィザード
△ 1 タイムフライヤー
△ 5 クリンチャー
馬連 7→15、2、8、11、1、5

» コメントを書く

2020年12月04日

「ステイヤーズS&チャレンジC」

ジャパンカップが終わって気が抜けたような状態ですが、競馬に休みはないですね。アーモンドアイが天皇賞(秋)に続いて完璧なレースを展開。2頭の無敗の3歳馬には土が付きましたが、3冠馬コントレイルがきついローテーションの中、2着を確保。牝馬のデアリングタクトも最後、死力を尽くすように内から伸びて3着に入線・・・それぞれが健闘したいいレースでした。
12月になって最初の週は、GIは中京で行われるダート1800mのチャンピオンズカップ。その前日の5日(土)には中山競馬場で、これも恒例のマラソン大会?GⅡ・3600mのステイヤーズステークス、阪神競馬場ではGⅢのチャレンジカップ(2000m)が行われます。
ステイヤーズSは夏の札幌で健闘したポンデザールに◎。中央場所でも中・長距離なら狙えそうな内容のレースでした。怖いのはGIIの京都大賞典(2400m)で4歳時3着、5歳の今年(前走)もグローリーヴェイズに2馬身差の4着だったシルヴァンシャーです。▲(単穴)は良化しているボスジラ。逆転があればこの2頭だと思います。
【ステイヤーズS】(12月5日、中山11R)発走=15時25分
◎ 3 ポンデザール
〇 2 シルヴァンシャー
▲ 4 ボスジラ
△ 5 アルバート
△11 オセアグレイト
△13 タガノディアマンテ
△ 7 メイショウテンゲン
馬連 3→2、4、5、11、13、7

阪神のチャレンジCは調子が上がってきたブラヴァスに期待。3歳牝馬で53キロのレイパパレも引き続き素軽い動きですが、このクラス(古馬オープンの重賞)になるとすんなり先行させてもらえるか。少し不安です。浅屈腱炎で長休、一叩きされたジェネラーレウーノがどんな変わり身を見せるか特注。
【チャレンジC】(12月5日、阪神11R)発走=15時45分
◎11 ブラヴァス
〇 7 レイパパレ
▲ 6 ジェネラーレウーノ
△ 1 ヒンドゥタイムズ
△ 8 ナイママ
△ 5 ロードクエスト
△ 9 サトノクロニクル
馬連 11→7、6、1、8、5、9

» コメントを書く