「有馬記念」

2020年12月26日

「有馬記念」

初めから脱線しますが、私が今いる事務所(東京中央区日本橋浜町)から歩いて10分ぐらいのところに水天宮(地下鉄駅同名)があって、周辺をうろつくと小学校など有馬(家)の名があちこちに散見されます。隅田川を渡る新大橋の手前の左には有馬記念の名称になった民営化後のJRAの第2代理事長、有馬頼寧伯爵の碑が建立されています。歴男歴女の方、お近くを散策されるかた、立ち寄ってみてください。

本題です。有馬記念(予想)は、その新設の趣旨に従って、小欄がこれまで予想でお世話になった馬たちに印を付けました。
◎はフィエールマン。前走の天皇賞(秋)は、2000mじゃ距離が短いという見方が圧倒的(5番人気)でしたが、“いや、府中のコースなら2000mでも走れる”と反発しての◎でした。結果はアーモンドアイには及ばず2着でしたが、ゴール前で半馬身差まで詰め寄ったのですから満足です。レース後、手綱をとった福永祐一騎手が「もう一列前でレースをしたかった」とスタート後、バックストレッチに向かうところで両脇から挟まれたのを残念がっていましたが、それがケイバですから仕方ありません。
〇のクロノジェネシスは、これまで◎をつけた記憶がありません。今回も道悪なら「話は別」ですが、今回◎にするのはなんとなく人気の尻馬に乗るようで良しとしません。
▲にはラヴズオンリーユーを抜擢。昨年の桜花賞の日に忘れな草賞(L、阪神2000m)を勝った時点で狙いを定めていましたが、◎にしたオークスで見事に追い込み勝ちしました。そのあと調子を崩して秋~今年春季は今イチ一のレース内容。ただ、夏を越して2戦しましたが(⑤③着)、今度はこの秋一番のデキになるはずです。
次いでキセキ。追い切りの動きは」2週続けて良く、単穴はこれにしようかと思ったほどです。前2戦で買ったあなた、逃げ馬は諦めて買わなくなった時ほど走るんです。他の騎手のマークも緩くなりますからね。前走は暴走でしたが、まともに先行したら・・・
△の2のワールドプレミアは昨年の菊花賞印馬。◎ヴェロックス(3着)、○サトノルークス(2着)とツルんで上位3頭で的中させてくれました。
問題は最後の1頭です。印をつけるのは最大で7頭と決めています。初めはその中にラッキーライラックがいたのですが、どうしてもこの馬(オーソリティ)を入れたくてライラックをの方を外してしまいました。それくらい魅力があります。
 
【有馬記念】(12月27日、中山11R)発走=15時25分
◎13 フィールマン
〇 9 クロノジェネシス
▲ 4 ラヴズオンリーユー
△ 6 キセキ
△ 5 ワールドプレミア
△10 カレンブーケドール
△12 オーソリティ
馬連 13→9、4、6、5、10、12

» コメントを書く